2018.09 / 「 振り返れば 」

SPONSORED LINK

この時期はまだまだ暑さが残る季節で、記憶に残っていることと言えば、やはり人生初のキャンピングカーのイベントへ行ったことかな、と。ボク自身まさかキャンピングカーに興味をもって実際に行動に移すとは思ってもみませんでしたから。少なくとも20代の頃は、まったく考えもしていませんでした。(20代とは言っても、ちょい前ですけど)自分自身で驚いています。

それとほかには、身の回りの変化としては、月日を重ねる度に買い物をする機会が少なくなってきているような気がします。金銭的な事情というのもありますが、一番はやっぱり必要なモノが身の回りに揃ってきているからかなと思います。

ただ9月は新たな試みとして、ワイヤレスな世界に足を踏み入れたことが記憶に新しいかと思います。その辺も記事にしていますので、どうぞ。

9月に書いた記事の本数は9本

今月は8月に比べて1本多い9本の結果となりました。この結果を踏まえ、『2018.07 to 08 / 「 振り返れば 」』の記事でさらっと書いたように小さく前進することができよかったです。(内心、口先だけの人間じゃなくてボク自身がめちゃめちゃホッとしました)

見事に有言実行することができ、自分自身を信じて本当によかったと思います。なんとなく自分自身が救われたような気がします。ワールドカップが開催された6月、7月は散々でしたから。徐々に記事を書くネタにも困らなくなりましたし。むしろ、あれもこれも書きたくて時間が足りてません。猫の手も借りたいぐらいですから。どどっと紹介に移りたいと思います。

 

記事4本の内訳

映画記事が3本

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』サノスから学べることもあるし、新たに移り変わる節目の作品

映画『デッドプール2』デッドプールさんへの思いをブログに綴ってみました。

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』けして正統派ではない遊び心のあるSF作品

どれもいい、どれも好きな作品を9月は観ることができたと思います。自分で言うのもあれですけど、ほんと運がよかったです。

記事の切り口としては斬新と思いますが、デッドプールさんには感想という名の手紙、手紙という名のラブレターを書いています。自分自身の気持をさらけ出しているみたいで少し恥ずかしいですが、興味のある方はどうぞ拙い文章を読んでやってください。

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』は、カーラ・デルヴィーニュをずっと眺められて満足でした。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、今でもダウンロード版が欲しいとモジモジしています。映画だけでみると、かなり充実したムービーライフが送れたと思います。

 

おでかけ記事が2本

Leicaを持って子どもとおでかけ。場所は「原鶴」

Leicaを持って子どもとおでかけ。場所は「北九州市立いのちのたび博物館」

キャンピングカーのイベントは、場所はちょうど福岡県と大分県の県境に位置する福岡県朝倉市で行われました。たくさんのキャンピングカーを一度に見られるということで、気分もウキウキでした。

猛暑にも関わらず多くの方で賑わっていましたが、ひときわ目立っていたのが国産キャンピングカーではなくイタリア産まれの「フィアット・デュカト」。実際見てみて、ひと目惚れするのもわかるような気がします。内装も外装もおしゃれでした。

もうひとつおでかけした場所は、北九州市にある博物館になります。いのちのたびと聞くと原点に帰ったようなイメージをもつと思いますが、それです。大きく言えば恐竜の博物館です。我が家の殿(子ども)と行くとまた面白味も全然違いました。男の子のお子さんがいるご家族におすすめの観光スポットです。

 

映画・ドラマ記事が1本

2018.08 / 観た映画。

デッドプールに関してですけど、観たのが8月で9月に感想を記事にしました。映画の感想とかは観たその日に記事にすればいいでしょうけど、大抵は0時をまわっているので物理的に厳しいと判断して、どうしても翌日以降になってしまいます。

言葉が雪崩のように浮かんできて、キーボードをカタカタと打てたら良いですけど。凡人のボクにはその辺を期待するのは厳しいよう気がします。ただでさえ、タイプミスが多くて中々前に進まないことがあるのに。

すぐに言葉にできるような人は、憧れだなー。裏技みたいな方法があれば速攻で教えてもらいたいぐらいです。

 

振り返り記事が1本

2018.07 to 08 / 「 振り返れば 」

やっと企画記事のタイトルが定まって、モヤモヤとした気持ちが取り除かれたような、そんなターニングポイントとなった記事になります。その分思い出深い記事でもあります。成長を感じられるというか。今でも読み返しては、このときのボクはそうだったなー、こんな気持を抱いていたなー、とか。考えとかもですけど、時々、自分自身の人間性について見つめ直しています。

けっこうこういった行動が次の将来に繋がるために必要なことだったりします。だからこれからもやっていきたいと思います。ナルシストと言われればそれまでですけどね。笑

自分自身気持ちを乗せ方がなんとなくわかってきて、これからの行動を大切にしていこうと思いました。

 

イヤホン記事が1本

AppleじゃなくてPasonomi。ワイヤレスイヤホンの話

人生初のキャンピングカーを体験したかと思えば、こちらはワイヤレスな世界にデビューした記事になります。

世の中なんでもかんでもワイヤレス化が進んでいる傾向があるので試しに買ってみました。人生いろいろあるように、こちらの世界にもいろいろなことがありました。便利さは遂にこのレベルまで到達したかといった類のものです。

 

カメラ記事が1本

「RICOH GRⅢ」に心が動いた。

もともとは「Leica X-E(Typ 102)」があるので、単焦点レンズで同じようなモノは必要ないかなと思っていましたが、Leicaを日常的に持ち運ぶのには傷や汚れ、そしてなによりも故障したらどうしようという気持ちがはたらいて、休日にどこかへおでかけする予定がない限りは持ち運ばないようにしています。

そんな理由で気軽に、手軽に、日常の場面で写真を楽しみたいという思いもあって、前々から気にはなっていた「RICOH GRⅢ」を題材に記事にしてみました。このカメラのコンセプトもずいぶんと素敵です。

 

まとめ

ざっとこんな感じで9月の出来事についてまとめました。こうやってモノやコトについてブログの記事にしておくと、1ヶ月と言えどもほんといろいろなコトがあったなと感じます。思い出を振り返られるのもブログのいいところでもあります。

月の移り変わりのギリギリのタイミングでの投稿となってしまいましたが、なんとか書き終えてよかったです。来月はもう少し早めに振り返られる時間をつくりたいと思います。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK