『今際の国のアリス』ゲーム展開はともかく、基本的に生温い作品

SPONSORED LINK

ジャンルサイエンスフィクション
サスペンススリラー
ドラマ
監督佐藤信介
公開日2020年
製作国日本
話数全8話(シーズン1)
配給Netflix
主な出演者山﨑賢人(有栖良平/アリス)
土屋太鳳(宇佐木柚葉/ウサギ)
森永悠希(チョータ)
町田啓太(カルベ)
水崎綾女(シブキ)
村上虹郎(チシヤ)
朝比奈彩(クイナ)
金子ノブアキ(ボーシヤ)
青柳翔(アグニ)
総合評価
『今際の国のアリス』:

 

『不思議な国のアリス』のようなファンタジーさはなく、かと言って『アリス・イン・ワンダーランド』のようなファンタジーさもない。どちらかと言えば、東京の街全体をゲーム舞台としたライアーゲームみたいなドラマだった。

適度にスリルがあって、まーまー、楽しめた。そんな感じ。

あらすじ

優秀な弟と比較され続け、人生に意味を見出せず

鬱々とした日々を送るアリス。

親友のチョータとカルベと飲みに行こうと渋谷に繰り出すと突然、街は無人と化す。

誰もいない街を不安と解放感が入り混じった不思議な気持ちで歩く3人。

ある雑居ビルに入ったことで、強制的に謎の“げぇむ”

「生きるか死ぬか」に参加させられた3人だったが、

アリスの機転でなんとか密室からの脱出に成功する。

共に生き残った参加者のひとり、OLのシブキからこの“今際の国”では、

様々な“げぇむ”をクリアし、“ビザ”を取得しなければ

生き残ることができないというルールを聞かされる。

生き延びるために参加した2つ目の“げぇむ”

「おにごっこ」に参加したアリスはそこで、

クライマーのウサギと出会う。

彼女はある理由から、仲間を作らず、

たった一人で“げぇむ”に挑み続けていた。

やがて二人は、この世界の謎を解く鍵となる“ビーチ”を目指すが、

そこで待っていたものは更なる衝撃の事実だった…!

命を懸けるというかつてない体験を通し彼らは、

「生きること」に正面から向き合うこととなる。

引用:Netflix

 

感想

ぬるい……。いや、わかってる。そもそもジャンルも国籍も違うってことぐらい誰にでもわかってる。

確かに僕は洗脳されてしまっているかもしれない。その件に関しては一切の否定はない。だって現にいくつもの韓国ドラマを連続して観ているのは事実。

人間レッスン』にはじまり、『梨泰院クラス』『サイコだけど大丈夫』『キングダム』『スタートアップ:夢の扉』、そして今は『Sweet Home~俺と世界の絶望~』にハマり中。なんなら韓国映画も観た。(ちなみに『悪女/AKUJO』と『ザ・コール』)

このことから完全に感受性が麻痺をしているのは確か。もちろん、本作はスリリングな展開があって楽しめた。1回1回ゲームの難易度や種目が違ってて、トランプのマークに見立てゲームの目的が異なるので、だらだら感はなくけして飽きることはなかった。むしろハラハラ、ドキドキの連続。

 

ゲームの特性上、残酷シーンは多く含まれていた。特にハートのマークは、人の心をもて遊ぶ裏切りのゲームなので仲間意識から遠のいてしまい究極の錯乱状態を作り出していた。

アリスたちは狼と羊のゲームに参加し、そこで命が懸かった究極の選択を強いられるわけですが。負けた人は容赦なく頭を吹っ飛ばされるゲームで、例え今まで友達だったとしても人間性が全面的に出てくる……はずだと思ったのですが、このドラマに限ってはどちらかと言えばきれいな一面のほうが多く描かれていた。

余計なことを……と、思いつつ、不満を言うと『ウォーキング・デッド』のような人間の醜さの一面が極端に少なかったのにはがっかりした。

友情ドラマのような展開なんて誰も望んでなんかいない。友達のために命を懸けられる奴なんて、そんな都合よく1グループに2人もいるかいなと、現実味に欠けていた。あまりにも出来すぎている。

命が懸かっているなら、もっと必死になってもいい。いや、必死になるべき。狂ってしまうほど、もっと、もっと、もっと……。求めすぎているかもしれませんが、人間の本性はもっと違うところにあるような気がする。

 

僕らが求めているのは、瞬殺シーンじゃなく暴力シーンなんじゃないかと思う。いや、むしろ、そう思った。

だってね、瞬殺シーンになると、デッドラインを越えてしまった人間は天空人から撃ち抜かれてしまいジ・エンドを迎えてしまうので、やられてしまっても感情移入をする暇もない。裏事情を漏らしてしまう奴も一緒で、瞬殺されてしまうので感情もびたりとも動かない。

ほんの一瞬、ほんの一瞬で頭のてっぺんを貫かれてしまう。これが何回か続くと、芸がないというか、なんとも面白味に欠けてしまうものはあった。

「またやられてしまったな!」と、命に対する重みがまったく感じられなくなってくるので、その分緊張感もなくなってくる。そうなると刺激不足に悩み。結果、不満しか抱かなくなってしまう。

じわじわと痛めつけて、争って、殴り合って、そんな描写のほうがいろんな意味で感情も揺さぶられるのではないでしょうか。はい、以上。

 

最も○ ○で賞

出演者のなかから、個人的に目に留まった人物を勝手にピックアップしてかっこいいで賞&美しいで賞という名目で表彰しています。表彰の基準は様々で、見た目だけでなく役柄も重要視した上での判断となります。

 

最もかっこいいで賞

カルベ役の町田啓太さんを選びました。理由は、狼と羊のゲームのとき男だったなー、と。

ゲーム開始時のときは無様でしたけど、本来の人間の姿としてはあってたような気がします。もっと狂いながら迫る感じが欲しかったですけど。

最後は盛大に吹っ飛ばされながら有終の美を飾ってました。その光景はけして美しいものではありませんでしたが、笑う場面なんて一切ないのになぜか笑えてしまった。

さすがにアリスが悲しみに悶え苦しむ姿には、いたたまれない気持ちにはなりましたが。カルベの役目としては美しいものがあった。こんな友達、現世を探してもなかなかいないぜ。

名前:町田啓太

生年月日:1990年7月4日(30歳

出身地:日本

身長:181 cm

血液型:O型

Instagram:@keitamachidaofficial

主な出演作
映画日本赤十字社 献血推進広報映画「ダブルスカイ!」(2012年)
たとえば檸檬(2012年)
ダイヤモンド(2013年)
スキマスキ(2015年)
劇場霊(2015年)
ROAD TO HiGH&LOW(2016年)
HiGH&LOW THE MOVIE(2016年)
HiGH&LOW THE RED RAIN(2016年)
HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY(2017年)
HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION(2017年)
こいのわ 婚活クルージング(2017年)
OVER DRIVE(2018年)
jam(2018年)
二階堂家物語(2019年)
L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。(2019年)
PRINCE OF LEGEND(2019年)
貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-(2020年)
前田建設ファンタジー営業部(2020年)
きみの瞳が問いかけている(2020年)
ドラマシュガーレス(2012年)
ムッシュ!(2013年)
仮面ティーチャー(2013年)
連続テレビ小説 花子とアン(2014年)
ペテロの葬列(2014年)
ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル「闇への視覚」(2014年)
流星ワゴン(2015年)
連続ドラマW 天使のナイフ(2015年)
美女と男子(2015年)
HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜(2015年)
HiGH&LOW Season2(2016年)
ガッタン ガッタン それでもゴー(2015年)
スミカスミレ 45歳若返った女(2016年)
人は見た目が100パーセント(2017年)
定年女子(2017年)
Love or Not(2017年-2018年)
女子的生活(2018年)
大河ドラマ 西郷どん(2018年)
ラストチャンス 再生請負人(2018年)
PRINCE OF LEGEND(2018年)
中学聖日記(2018年)
盗まれた顔 〜ミアタリ捜査班〜(2019年)
プリンセス美智子さま物語 知られざる愛と苦悩の軌跡(2019年)
螢草 菜々の剣(2019年)
パラレル東京(2019年)
女子高生の無駄づかい(2020年)
ギルティ~この恋は罪ですか?~(2020年)
Akiko’s Piano 被爆したピアノが奏でる和音(2020年)
30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(2020年)
今際の国のアリス(2020年)

 

最も美しいで賞

クイナ役の朝比奈彩さんを選びました。理由は、ビキニ姿がやばかったから。誰この人、めちゃめちゃかわいいんですけどー、てな感じで。三吉彩花さんほどのセクシーさはありませんが、可愛さであれば負けていませんでした。

役柄はラスボスを倒す重役を担っています。ラスボスと言っても、この場合キャラクター名のことですが。

意外な過去があったのには驚きました。だけど、それでよかった。体格差とかを考えるなら普通に負けてるはずですけど、まるで猗窩座と煉獄の戦いみたいで。刀と拳で戦うのって今流行っているんでしょうかね。

名前:朝比奈彩

生年月日:1993年10月6日(27歳)

出身地:日本

身長:171cm

血液型:O型

Twitter:@Asahina18A

Instagram:@asahinaaya

主な出演作
映画ぐらんぶる(2020年)
ドラマ東京アリス(2017年)
やれたかも委員会(2018年)
大阪環状線 Part3 ひと駅ごとのスマイル(2018年)
チア☆ダン(2018年)
ランウェイ24(2019年)
今際の国のアリス(2020年)

 

さいごに

韓国ドラマ漬けの生活を送っていた為か、どうも日本勢は韓国勢に負けているような気がします。コンテンツのクオリティーの話です。

恋愛要素なしにしても、グッと引きつけるものが韓国にはあって日本にはない。つまり、物足りない。それを文化の違いという言葉ひとつで終わらせてしまうのはあまりにも簡単で、そんな単純なことではないと思う。

役柄ひとつにしても、アグニの肉体とか、もっと鍛えろよーと思いますし、ハリウッドじゃ絶対ありえない。そういう細かなところが作り込まれていないのは、いろんな意味で差を感じてしまった。