『スタートアップ: 夢の扉』2020年おすすめの韓国ドラマNo.1作品

SPONSORED LINK

ジャンルロマンスドラマ
監督オ・チョンファン
公開日2020年
製作国韓国
話数全16話
配給Netflix
主な出演者ペ・スジ(ソ・ダルミ)
ナム・ジュヒョク(ナム・ドサン)
キム・ソンホ(ハン・ジピョン)
カン・ハンナ(ウォン・インジェ)
キム・ヘスク(チェ・ウォンドク)
ユ・スビン(イ・チョルサン)
キム・ドワン(キム・ヨンサン)
ステパニー・リー(チョン・サハ)
ソ・イスク(ユン・ソンハク)
キム・ヒジョン(パク・クムジョン)
総合評価
『スタートアップ: 夢の扉』:

 

完全、ハン・ジピョン推し。

泣いた、泣きまくった。普段、ドラマや映画を観て泣かない人間の類と思っていたはずなのに、我慢できずにぼろぼろ泣いてしまった。これは歳のせいで涙腺が緩くなったという理由ではない。(と思う)

不甲斐ない。でも、すっきりした。自分もスタートアップの気持ちで現実世界で働いていられる。いや、そう自分に言い聞かせて、「ドラマの主人公のような人生を歩みたい」という気持ちだけが溢れかえっている。

つまり、ハン・ジピョンのように、かっこよくなりたい。

あらすじ

競争の激しい韓国のハイテク業界で、夢をかなえるべくビジネスを立ち上げた若き起業家たち。成功もロマンスも、すべてを手に入れるには前進あるのみ。

引用:Filmarks

 

感想

アカン。あれはアカンやろ。ハン・ジピョン、かっこよすぎた。

なぜ、教える。

なぜ、さりげない。

なぜ、苦言を呈する。

なぜ、尽くす。

このように、なぜがいっぱいのお人好し男子の象徴として君臨していた。僕のなかの主人公は間違いなくハン・ジピョンだった。

ドラマのなかで何度も思いましたけど、どんだけ優しい男なんでしょうか。お人好しにもほどがあります。普通、ライバルに対して面と向かって「鈍感だから言うけど…お前のことが好きなんだよ」的なアドバイス送ります?普通なら放置プレイだと思いますけど。

苦言を呈するどころかアドバイスを送る男の心境って、一体どういったものなんでしょうか。わからない、わからない。でも、それがハン・ジピョンという男なんだなってことは理解できた。すべてを出し切ったあとに、ひとりベンツのなかで黄昏れるシーンは心にグッとくるものがあった。

「果たしてこれでよかったのだろうか?」

そう思わせるようなシーンで、観てるこちら側の心境としても同じく感情が激しく揺さぶられた。さすがSHベンチャーキャピタルのチームリーダー。高級な車に乗って、高級な服装を着て、高級な住宅に住んで、すべてが理想形で羨ましすぎた。

 

だけど、確かに誰もが羨むような生活を送っていましたけど、本当に大切なものは手に入れることができていない。

臆病で、ろくでなしで、イモひきの三拍子が見事に揃っていたのが大きな原因。お金持ちだけれども、そういう一面があった。平気な顔で酷いことを言っていますけど、見て理解を深めていただきたい。

大切なものというのは、ヒロインのソ・ダルミ。ちなみに、めっちゃ可愛い。彼女を巡って、サムサンテックの創業者で天才的なソフトウェアエンジニアのナム・ドサンと本気の殴り合いを繰り広げる状況にまで発展する。

あれはやりすぎな演出だった。チーム長の立場関係なくドサンは殴りにかかってくるわけですから、野暮なもんです。

苦言が言いがかりといわれる時代。仕事上、恨みを買うことがあって理解されない立場にいるので、いちゃもんは付き放題。心を病んでしまってもおかしくない事件まで起きてしまって「ありえへんやろー」と、さすがに同情をしてしまった。

 

ダルミとは子どもの頃にお互い顔の見えない文通から関係がはじまって、結局はその時に二人が出会うことはありませんでした。このとき、本当に陰ながら支えている感があった。

美男美女の大人に成長して再び二人は出会うことになるわけですが、このとき安易に影武者を準備したことが原因でのちに気持ちが噴火する状況にまで発展。これが切ない、そして思いっきり泣いてしまった。まー、結局は自分で撒いた種で自業自得と言われればそうなりますけど。

ダルミやウォンドクのことを気遣っていく内に、いろいろと我慢や後悔ばかりをしてしまう人生をいつしか歩んでしまい。大の大人が溢れんばかりに泣きじゃくる姿を見て、もらい泣きしないわけがありません。

ましてやいつもクールを装っているので、思いっきり感情移入をしてしまった。こんな人間、どこにもおらんと思う。

 

最も○ ○で賞

出演者のなかから、個人的に目に留まった人物を勝手にピックアップしてかっこいいで賞&美しいで賞という名目で表彰しています。表彰の基準は様々で、見た目だけでなく役柄も重要視した上での判断となります。

 

最もかっこいいで賞

ハン・ジピョン役のキム・ソンホを選びました。まさか、推しで選ばないわけがありません。

むしろ感想に至ってはキム・ソンホのことにしか触れていませんから、ここでナム・ジュヒョクを選ぶような愚行はしない。いや、確かに後半は自信に満ち溢れた姿はかっこよさが際立っていました。目力ハンパねぇかったです。

髪型や服装も劇的に変わって、まるで別人のようでした。だからと言って揺らぐことはけしてありません。ハン・ジピョンは僕のなかでは事実上の主人公でしたので。

なによりも一番惹かれた部分は、ドサン率いるサムサンテックのメンバーと真剣に向き合っていたとこ。富も名声もある人が、今にも会社が潰れてしまいそうな彼らに対して見放したり見下すようなことはせず、むしろしっかりと現実を受け入れるように苦言を呈していました。

立場的にとは言うものの、仕事でもプライベートでも必要だと思ったことは包み隠さずに全部伝えてしまうストレートな男でした。そういうところに魅力が感じられます。

名前:キム・ソンホ(김선호)

生年月日:1986年5月8日(34歳)

出身地:韓国

身長:183 cm

Instagram:@ seonhokim

主な出演作
ドラマキム秘書とソ理事(2017年)
最強配達人(2017年)
トゥー・カップス(2017年)
狂いそう、君のせいで(2018年)
100日の郎君様(2018年)
死んでもいい(2018年)
君のハートを捕まえろ!(2019年)
スタートアップ:夢の扉(2020年)

 

 

最も美しいで賞

ソ・ダルミ役のペ・スジを選びました。理由は、アイドルグループmiss Aのメンバーでルックス担当をしていただけあって、超美人です。やゔぁいです。惚れる。つか、一発で惚れた。

正直、役柄はどうでもいいとさえ思ってしまう。可愛いは正義。可愛いければ何でも許されてしまう時代だと思う。

ちなみにウォン・インジェ役のカン・ハンナも超美人。どちらを選ぶか迷ってしまった。子どもの頃はあれですけど、大人になってからは姉妹揃って異様に美人に成長していたので、ある種の韓国ドラマの規則性みたいなものを知り得た。

今まで観た韓国ドラマでも、子役のルックスは微妙でしたが大人になると途端に男性はかっこよくなり、女性は美人になるという摩訶不思議なことが起きていた。その格差は天と地。いじめに近いくらいの格差だと思う。

名前:ペ・スジ(배수지)

生年月日:1994年10月10日(26歳)

出身地:韓国

身長:168cm

Instagram:@ skuukzky

主な出演作
映画안녕(2011年)
建築学概論(2012年)
花、香る歌(2015年)
백두산/白頭山(2019年)
ドラマドリームハイ(2011年)
ビッグ〜愛は奇跡<ミラクル>〜(2012年)
ドリームハイ2(2012年)
九家の書〜千年に一度の恋〜(2013年)
むやみに切なく(2016年)
あなたが眠っている間に(2017年)
Vagabond(2019年)
スタートアップ: 夢の扉(2020年)

 

さいごに

2020年に観たNetflixのドラマのなかでも、1位2位を争うほどおすすめしたいドラマひとつ。観れば仕事に対するモチベーションは上がりますし、夢だって追いかけたくなります。そういう気持ちにさせます。

登場人物は魅力的な方々ばかなので、見方によっては全員主人公みたいなものです。いろいろな視点で観られると、ひと味もふた味も違うドラマの楽しみ方ができます。

僕は……絶賛おかわり中です。