『ストレンジャー・シングス 未知の世界 〈シーズン4〉』喜び爆発、鳥肌ざわざわ、期待高鳴る、今のところ最高傑作の作品

SPONSORED LINK

ジャンルSF
超自然
ドラマ
ホラー
ミステリー
スリラー
原作ザ・ダファー・ブラザーズ
公開日2022年
話数全9話(※8・9話は7月配信予定)
配給Netflix
主な出演者ミリー・ボビー・ブラウン(イレブン:エル)
フィン・ヴォルフハルト(マイク・ウィーラー)
ゲイテン・マタラッツォ(ダスティン・ヘンダーソン)
ケイレブ・マクラフリン(ルーカス・シンクレア)
ノア・シュナップ(ウィル・バイヤーズ)
セイディー・シンク(マックス・メイフィールド)
ナタリア・ダイアー(ナンシー・ウィーラー)
チャーリー・ヒートン(ジョナサン・バイヤーズ)
ジョー・キーリー(スティーブ・ハリントン)
マヤ・ホーク(ロビン・バックリー)
ウィノナ・ライダー(ジョイス・バイヤーズ)
デヴィッド・ハーバー(ジム・ホッパー)
ブレット・ゲルマン(マレー・バウマン)
ジョセフ・クイン(エディ・マンソン)
メイソン・ダイ(ジェイソン・カーバー)
ジェイミー・キャンベル・バウアー(ヘンリー・クリー)
総合評価
『ストレンジャー・シングス 未知の世界〈シーズン4〉』:

 

シーズン3から3年。これは待った甲斐があったと言える内容だった。新キャラも登場して、面白味も増してた。

どこぞの薄っぺらい上に6話で完結してしまうような代物とは大違い。とりあえず7話で一旦休憩をはさむものの、今回もむさぼり食うように夢中に観てしまった。

まぢで最高。残りの2話が配信される7月が超絶待ち遠しい。

あらすじ

ホーキンスに恐怖と破壊をもたらしたスターコート・バトルから6ヵ月。高校生活をうまく立ち回るなんてただでさえ難しいのに、闘いが残した爪あとが癒えないまま、初めて離れ離れになってしまった仲間たち。これまでにない不安をそれぞれが抱える中、新たに恐ろしい超常現象が姿を現します。身の毛もよだつ謎。でも、もしその謎を解くことができれば、ついに裏側の世界の恐怖に終止符を打てるかもしれません……。

引用元:Filmarks

感想

出典:https://www.gq-magazine.co.uk/culture/article/stranger-things-spinoff-ideas

物語は、シーズン3で繰り広げられた悲しきスターコート・バトルから半年後の世界を描いている。

スターコート・バトルのことを簡単に説明すると、ジョイスが思いを寄せるホッパーとマックスの義理の兄ビリーの2人が、身を犠牲にしたことで世界が救われたといったもの。エルの最大出力の超パワーのおかげというのもあるが、同時に能力が使えなくなってしまう。

そんな悲しい出来事から半年が経過したぐらいで心なんて癒やしない。特にマックスは、心にぽっかりと穴が開いてしまったかのような人間になっている。ウザくて、憎ったらしいビリーだったけど、死に際で感動を誘うまねなんかして、置いてかれた人間の立場を考えたらずるい。

そんな彼女を心配するルーカスは……ごめん、一瞬誰だかわからなかった。それほど見た目の変化に驚いた。ゴン(HUNTER×HUNTERの主人公)が黒人になったとしか見えなかった。

仕切り直して、そんな彼女を心配するルーカスは、6ヶ月も経てばまるで人が変わったかのようにバスケ部に入部する。いや、むしろ、してた。

いじめられっ子を卒業したい、女子に笑われて惨めな思いをするのをやめたい、といった薄っぺらな理由で。彼からすると、けして薄っぺらくはない理由とは思いますが。

どうやらオタクと変人の仲間から卒業したいらしい。そんな思春期まっしぐらで、バスケ部の仲間をとるか、旧友をとるかで決断を強いられてしまう。現実は思ったよりも残酷で、ルーカスは悩む。どちらを選べばいいのか脳みそに汗をかきながら悩む。

プライドをとるか、友情をとるか。

選ばれたのは、なんのひねりもなく旧友が選択される。このとき事態はコード・レッド。本能がそうさせたのだと思う。

薄っぺらいといえば、どうしちゃったんだよ、ウィルは。普段からあまり口数が多いほうではないものの、今回極端にセリフが少なかった。出番が少なすぎたせいで、いつになく影が薄いキャラクターへと成り下がってしまった。

これは、あれ、あれかな。シーズン1から2にかけての反動というべきか、どうやら活躍の場はマックスへと移ってしまった。つっても、ウィルはこのままでは終わらないような胸騒ぎがしてしまうのは僕だけではないはず。残りの数話で化けるのを見守りたい。

じゃー、それを言うなら、マイクはどうなんだという話すですが、彼は彼なりにちゃんと存在感を出していた。

エルと離ればなれで暮らすようになり、この時代の文明では、遠く離れた人に情報を届けるのに手紙が最大にして最高の伝達手段となっており、その手紙には一切相手を思いやるような言葉は書かれておらず、それに対してマイクに不満をもらすエルの主張は間違っていなかった。

言葉にすることがどれほど大切か。しかも半年も離ればなれで。神々より与えられしもっとも優れた言葉を使いこなさないものだからエルを完全に不安にさせてしまう。その結果、超能力を取り戻すためにモジモジくんとなってこもる。

「彼女ひとり満足に守れない奴がほかの人のことなんて守れるはずもない」

そんな言葉がどこからか聞こえてきそうですが、その言葉の通りマイク、ウィル、ジョナサンは流星の如く用なしに近い状態へとなってしまう。

今回目まぐるしい活躍を見せたのは、ダスティンことダスティン。生意気なうえに実はスティーブのことをリスペクトしているのを聞かされたときには、これまたいい意味で憎くなった。まったく、愛さずにはいられないぜ、このキャラは。

あいかわらずネーミングセンスも直球ストレートでわかりやすく、ひらめきもずば抜けて冴えていた。彼のやることなすことのすべてが科学者だった。このシリーズでは、一貫してキャラクターの魅力が活かされている登場人物になる。

さてさて子どもたちの主力メンバーのご紹介を終えたところで、大人たちはどうなんだって話ですが……。

ジョイスとホッパーの再会には、やっとこのときが来たかと涙が出そうになってしまった。安堵も安堵。どれほどこのときを待ち望んでいたことか。ホッパーが実は生きていることがわかったときは、喜びのバロメーターを振り切ってしまうほど、最高のシナリオに感謝しかない。マレーの活躍も見事だった。

  • マイク、ウィル、ジョナサンチーム
  • ナンシー、スティーブ、ロビン、エディ、ダスティン、ルーカス、マックスチーム
  • ジョイス、ホッパー、マレーチーム
  • 単独でエル

これらの物語が同時進行していく展開のなかで唯一感動的だった。

もはやこれで心は大満足、十分かと思ったものの数秒後に、シーズン4(前編)史上最大の見せ場となる展開がお披露目されたときには、興奮も興奮。伏線のすべてを回収するという、偉業というべき展開には鳥肌はもちろんざわざわ、これは後編の残りの2話が激アツであることを確信させる胸騒ぎがしてしまった。

どおりでヴェクナに対してどこか人間味が感じられたのはそういうことだったのかと腑に落ちた。

最高潮の盛り上がりをみせたところでシーズン4は一旦終了してしまいますが、観終わったあとの満足感は十分満たされるものだった。

むしろ、このあといろいろな妄想を膨らませながら楽しめるといった、楽しみの2段構造になっているんじゃなかろうかと思う。

ヴェクナとの対決の行方はもちろんのこと、ワンの超能力の語源の謎であったり、裏の世界の真の支配者が別にいる説であったり、ワンよりもイレブンのほうが強い理由であったり、平和なところでナンシーとスティーブの復縁の行方が気になったり、と。まー、いろいろと妄想を膨らませるところはたくさんある。

そんな妄想を膨らませながら、7月に残りの2話が配信されるとのことで首を長くして待ちたい。
 

最も○ ○で賞

出演者のなかから、個人的に目に留まった人物を勝手にピックアップしてかっこいいで賞&美しいで賞という名目で表彰しています。表彰の基準は様々で、見た目だけでなく役柄も重要視した上での判断となります。
 

最もかっこいいで賞

出典:https://www.promiflash.de/news/2022/03/19/tom-wlaschiha-spricht-ueber-seine-rolle-in-stranger-things.html

エンゾ役のトム・ヴラシアを選んだ。選んだ理由は、すっごく男前でかっこよかったから。目が特に印象的で、ずっと見つめられてしまったら、たぶん女性はやられてしまうと思う。ぜひ美しい瞳を覗き込んでいただけたらと思う。

そんな彼が演じるエンゾは、シーズン4に初登場する新キャラクターになる。役柄は、刑務所に投獄されてしまったホッパーの脱獄を手引きするといったもの。手助けする動機は多額のマネーでつながっている。しかし、彼自身も意外な展開を迎えてしまうので、そこんとこに注目。

名前:トム・ヴラシア(Tom Wlaschiha)

生年月日:1973年6月20日 (年齢 48歳)

出生地:ドイツ

身長: 184cm

Instagram:@tomwlaschiha

おすすめ作品3選

宮崎駿監督が敬愛したと言われる作品。物語は、主人公と11人の少年が謎の水車小屋で魔法を学び、やがて凶悪な親方に立ち向かうといった話が描かれている。

中国、日本、ドイツの共同作品。各国の俳優が出演している。中国はコン・リー、日本はオダギリジョー、台湾はマーク・チャオ、ドイツはトム・ヴラシアとなっている。上海を舞台に、「蘭心劇場」で巻き起こる愛と謀略の物語を描いている。

エンジニアのジョルジョローザとローズ島共和国の実話に基づいて制作された作品。トム・ヴラシアはウルフギャング・ルディ・ノイマン役で出演している。

 

最も美しいで賞

出典:https://trendingpal.com/elodie-grace-orkin-age-parents-biography-net-worth

アンジェラ役のエロディ・グレース・オーキンを選んだ。選んだ理由は、役柄でこそエルをいじめるクソ野郎でしたけど、見た目は間違いなく可愛かった。そしてどこか色っぽい雰囲気があった。

彼女が着こなす80年代ファッションがとにかく可愛く、ヘアスタイルもよかった。これを機に80年代ファッションを真似する人が日本でも増えそうな予感がする。

名前:エロディ・グレース・オーキン(Elodie Grace Orkin)

生年月日:2004年6月10日(18歳)

出生地:アメリカ合衆国

身長:165cm

Instagram:@elodiegraceorkin

おすすめ作品3選
  • Saving Paradise(2020年)

鉛筆工場の事業復活を描いた作品。エロディ・グレース・オーキンは主人公の若い頃の役柄として出演している。

殺人事件の真相を追う刑事2人と、クラブでトラブルに巻き込まれてしまった白人女性と黒人男性2人を描いた作品。エロディ・グレース・オーキンはペニー役で出演している。

  • Stage Fright (2020年)

学園もののコメディ・ドラマ作品。エロディ・グレース・オーキンはカイル役で出演している。

 

さいごに

いやー、熱かった。熱いも熱い。

今回のシリーズも胸熱シーンあり、もどかしいシーンあり、80年代ファッションセンスに憧れを抱き、トレーラーハウスはまぢで住みたいって思うのと、音楽もストーリーを盛り上げるのに最高のリリックで、さらに、もっとさらに『ストレンジャー・シングス』のことが好きになってしまった。ヘルファイア・クラブのTシャツが地味に欲しくなった。

まだ観られていないという方は鑑賞することを全身全霊でおすすめしたい。

 

カテゴリー一覧
CATEGORY