映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』ありえへんことをド派手かつ豪快に描いたありがたい作品

SPONSORED LINK

上映時間136分
製作国アメリカ合衆国
監督F・ゲイリー・グレイ
音楽ブライアン・タイラー
配給ユニバーサル・ピクチャーズ(アメリカ合衆国)
東宝東和(日本)
公開日2017年
主な出演者ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)
ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)
タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)
クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(テズ・パーカー)
ナタリー・エマニュエル(ラムジー)
ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)
ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)
スコット・イーストウッド(リトル・ノーバディ)
カート・ラッセル(ミスター・ノーバディ)
エルサ・パタキー(エレナ・ネベス)
シャーリーズ・セロン(サイファー)
総合評価
『ワイルド・スピード ICE BREAK』:

 

もはや、ありえる展開なんて誰も望んじゃない。

ストリートレース?、一体それは、いつの話?

ありえない展開を描いてこそ、それが映画であり、ワイルドスピードになる。見事、みなの期待のプレッシャーを跳ね除け、期待のはるか上空をいく完成度に毎度頭があがんねー。最高ですわ、これ。

あらすじ

固い絆で結ばれた「ファミリー」。しかし、ドミニクの裏切りで仲間の1人が投獄される。その陰には、謎のサイバーテロリストの存在があった。ファミリーはドミニクの暴走を止めるため奮闘するが状況の打破には至らず、ある人物に助力を仰ぐ。

引用元:Google

感想

出典:© Universal Pictures

ドミニクがまさかのまさかファミリーを裏切るという、当時観たときは「おい!おい!そんなの冗談だろ」と思っていたけど、ちゃんと裏切ってた。レティいわく、昔のドムの顔つきになっているという。うん、わかんねー。筋肉ハゲマッチョの男が、ただならぬ状況に立たされているのはなんとなくわかる。

なぜファミリーを1番愛する男が、今回1番やっちゃいけない裏切り行為に手を染めてしまったのか。その理由は開始48分ごろに判明する。つまり、その間は一切謎に包まれているので、ダークサイドに落ちてしまったドミニクを観ることになる。とはいっても、面白いことにドミニクが悪役として活躍するシーンは2回程度で。ま、十分見ごたえはありましたけど。

レティへの当てつけのようにサイファーがドミニクの唇を奪うシーンは、その彼女こそ今回最大の敵であり、ラムジーいわく天才ハッカー集団アノニマスですら恐れてしまうというモンスター級の悪役になる。このとき、ワイスピ史上もっとも冷徹かつ最強の悪役が誕生した。そう、オーウェン・ショウでもなく、デッカード・ショウでもない、まさに最強の女戦士フュリオサ大隊長のような強い女性がワイスピファミリーの前に立ちはだかる。

その最強ぶりをお披露目していたのが圧巻のゾンビカーショー。このとき、鑑賞者のほとんどがサイファーのセンスのいいエンタメ性の高さに驚かされてしまう。ニューヨークを舞台に大都市のそこら中の車をハッキングして、核ミサイルの発射コードを保有しているロシア国防大臣の車を目掛けてありとあらゆる車を襲わせるシーンは、横からも上からも迫ってくるのである意味ゾンビよりも怖い。

ゾンビのほうがまだマシだと思えてしまうくらい、確実に狙ってくる&ドミニクにまで追われてしまうという、なんとも同情したくなるようなシーンに仕上がっている。これ発案したの、誰だよ。天才なんですけどー。

サイファーの武勇伝はこれだけに留まらず、むしろ序の口で。本作いちの見どころになっている潜水艦シーンは何回でも見れてしまう。これぞ、エンタメのなかのエンタメ。スリルと、ワクワクと、これでもかというくらい詰め込まれているので、一切見飽きることがない。

そして、ボケ担当のローマンが今回も盛大に笑かしてくれる。けして笑いの腕はあがってはいないのだけれども、彼の目の前で起こる出来事が面白くて、しょーもないジョークよりも出来事で飯が食っていける。段々ローマンのファンになってしまいそう。このキャラ、ほんまにクセになる。

話は変わって、本作のアクションの見ごたえがかなりあがってて、やはりジェイソン・ステイサムの貢献度は高い。彼の加入によって満足度はぐーーーーーんとあがった。赤ちゃん片手に機内で繰り広げるアクションも、潜水艦のシーンと同じくらいお気に入りで。

当時はハンの死が報われない皮肉めいたシーン全開で描いていると思ってましたが、次作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』により杞憂なものとなってしまったのは嬉しい誤算。ジェイソン・ステイサムのファミリーの仲間入りを心の底から嬉しく思えた作品でもある。余談ではありますが、できることならシリーズの返り咲きを望みたい。

と、まー、タイトルの如くアイスブレイクしてしまいそうなくらい火にあぶられるシーンが多用に使われてて、一歩間違えれば丸焼き必須なところも、どんな巨大な壁が立ちはだかろうともピンチを切り抜ける強さ、そしてファミリーの深い絆も全部堪能できる内容となっている。つか、いまだ限界値の底が見えねーわ、このシリーズ。
 

最も○ ○で賞

出演者のなかから、個人的に目に留まった人物を勝手にピックアップしてかっこいいで賞&美しいで賞という名目で表彰しています。表彰の基準は様々で、見た目だけでなく役柄も重要視した上での判断となります。
 

最もかっこいいで賞

リトル・ノーバディ役のスコット・イーストウッドを選んだ。選んだ理由は、そろそろミスター・ノーバディのカート・ラッセルを選びたかったのですが、クリント・イーストウッドの息子が立ちはだかった。まぢでかっこいい。

一時期はルーク・ホブスにコテンパンにやられ、ローマン・ピアースとは醜い言い合いを繰り広げるという、若干痛いキャラに成り下がっていましたけど。ある日を境に吹っ切れて、そこから魅力が増した。

上司を裏切ることなく、責務を全うしている姿に好感がもてるキャラクターになる。

名前:スコット・イーストウッド(Scott Eastwood)

生年月日:1986年3月21日(36歳)

出生地:アメリカ合衆国

身長: 180cm

Twitter:@ScottEastwood

Instagram:@scotteastwood

Facebook:@Scott Eastwood

おすすめ作品3選

クリント・イーストウッドの名高い傑作映画。スコット・イーストウッドは親子で共演している。とはいっても、まだちょい役。物語自体は、胸が締め付けられてしまうほど切ない内容が描かれている。

愛について描かれた作品。全く違う世界で生きてきた男女が、お互いに惹かれあい、そこで愛に生きるか、夢を追うかの究極の選択を迫られた運命を描いている。

『96時間』と『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣が携わった作品。クラシックカー好きにはたまらない内容になる。

 

最も美しいで賞

サイファー役のシャーリーズ・セロンを選んだ。選んだ理由は、やはり美しい。作中では洗脳めいたセリフを吐くので、心理戦にもちこんだらかなり厄介なのがわかる。やばい、独特の声のトーンと、まるで耳元で囁くように話すので、強制力が働いて嫌でも心に響いてしまう。

本質を突くのがうまい。さすがワイスピ史上最強の悪役というだけはある。この脅威感を見事に演じたシャーリーズ・セロンが、むしろすごいと思う。フュリオサ大隊長よりも好きになりそうやわー。

名前:シャーリーズ・セロン(Charlize Theron)

生年月日:1975年8月7日 (年齢 46歳)

出生地:南アフリカ

身長: 177cm

Twitter:@CharlizeAfrica

Instagram:@charlizeafrica

Facebook:@Charlize Theron

おすすめ作品3選

シャーリーズ・セロンをシャーリーズ・セロンとはじめて認識した作品。両足をパカっと開いて構えるシーンはあまりにも有名。色気全開の女戦士の活躍ぶりは見ごたえしかない。

エイリアンが誕生する前の話が描かれている。エイリアン、好き、嫌いとか関係なく、観るべき作品。いろんな意味で、クオリティーたけーです。

これは間違いなく、おすすめする作品。まだ観られていない方は、好き嫌いとか関係なく否応なしに今すぐ観るべき。観賞後、観てよかったと100%そう思えるはず。

 

さいごに

スケールアップもいいとこ。楽しませようとする気概が感じられて、むしろ、ありえへんことをド派手に描いてくれて感謝したいくらい。いつまでも現状維持の現実味の高いものを描いたところで、「このシリーズのなにが面白いの?」といった話にもなるので。

いつまでも期待の上の上を走る演出が毎回楽しみでしかたない。次作は一体どんな規模になるのか楽しみにしてましたけど、またさらに上をいってたところがまぢで最高。クセになって、まぢでやめられへんわー。

 

カテゴリー一覧
CATEGORY