タイリース・ギブソンが出演している映画おすすめ10選

SPONSORED LINK

ローマン・ピアースで親しまれるタイリース・ギブソンですが、実はワイルド・スピード以外にも活躍している作品は数多く存在している。もはやタイリース・ギブソンと言えばローマンのイメージしかありませんが。

ワイスピシリーズに初登場した『ワイルド・スピードX2』ではお菓子をぼりぼり食べ、その後徐々にお調子者キャラが定着してしまったタイリース・ギブソンですが、ほかには一体どのような作品に出演しているのか、今からはおすすめの10本を紹介する。

タイリース・ギブソンのおすすめ映画10選

10. 『クリスマスの贈り物』

出典:Hulu

公開日:2013年

監 督:ケイシー・レモンズ

ジャンル:ミュージカル、ドラマ

出演者:アンジェラ・バセット、タイリース・ギブソン、ジェイコブ・ラティモア、メアリー・J・ブライジ、ジェニファー・ハドソン、フォレスト・ウィテカー

クリスマスに観たくなるミュージカル&ファミリードラマ作品。

作中でお披露目されるメアリー・J・ブライジやジェニファー・ハドソンの美声には酔いしれてしまう。ほかにも歌の上手い方々が出演しているので、まるで豪華なMV(ミュージックビデオ)を見ているみたいだった。

予告編

9. 『クリスマス・クロニクル part2』

出典:Netflix

公開日:2020年

監 督:クリス・コロンバス

ジャンル:コメディ

出演者:カート・ラッセル、ゴールディ・ホーン、ジュリアン・デニソン、ジャジル・ブルーノ、ダービー・キャンプ、サニー・スリッチ、ジュダ・ルイス、タイリース・ギブソン

こちらもクリスマスに観たくなる作品。part2ってことは、前作は……そう『クリスマス・クロニクル』で。どちらも主演は、ワイルド・スピードシリーズに登場するミスター・ノーバディことカート・ラッセルになる。立派にサンタクロース役を演じている。

肝心のタイリース・ギブソンはというと、ミニオンみたいな名前の役柄で出演している。

予告編

8. 『ブラック アンド ブルー』

出典:U-NEXT

公開日:2019年

監 督:デオン・テイラー

ジャンル:アクション

出演者:フランク・グリロ、ナオミ・ハリス、リード・スコット、マイク・コルター、タイリース・ギブソン、ボー・ナップ、ナフェッサ・ウィリアムズ、マイケル・パパジョン

警官の汚職や黒人差別をテーマの作品。新人の女性警官が汚職を目撃したのをきっかけに、揉み消そうと汚職警官と麻薬組織から追われてしまうスリリングな展開が描かれている。

主演のナオミ・ハリスが、汚職を暴露しようと勇敢に立ち向かう姿がとにかくかっこいい。そしていつになく真剣に、真面目にタイリース・ギブソンが演じているので違和感しかなかった。おちゃらけ、おふざけが一切ない、ワイスピのローマンとはだいぶ違った一面が見られる。

予告編

7. 『サウスセントラルLA』

公開日:2001年

監 督:ジョン・シングルトン

ジャンル:ドラマ、クライム

出演者:タイリース・ギブソン、スヌープ・ドッグ、ヴィング・レイムス、オマー・グッディング、タラジ・P・ヘンソン、モニーク

タイリース・ギブソンの初主演作品。ドン底からはい上がろうとする青年を演じている。

俳優の前は実は歌手として活動しており、本作で人気ラッパーのスヌープ・ドッグとの共演を果たしている。作中にはアフリカ系アメリカ人のリアルな生活描写があり、青年の心の葛藤も含めてすごく考えさせられてしまう。

予告編

6. 『モービウス』

公開日:2022年

監 督: ダニエル・エスピノーサ

ジャンル:アクション、アドベンチャー

出演者:ジャレッド・レト、マット・スミス、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、マイケル・キートン、タイリース・ギブソン、Ria Fend、チャーリー・ショットウェル、コーリイ・ジョンソン、トム・フォーブス

マーベル・コミックの同名のキャラクターをベースにした、「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」の第3作目のダークヒーロー作品。本作はモービウスの誕生が描かれている。

そんな怪物と人間の狭間で苦しむモービウスを『スーサイド・スクワッド』のジョーカーでおなじみのジャレッド・レトが演じている。タイリース・ギブソンは、モービウスを追うFBI捜査官役として出演。

予告編

『モービウス』を今すぐ観る

5. 『I AM ポール・ウォーカー』

出典:https://www.youtube.com/watch?v=0eLcLqaMX0 動画サムネイル

公開日:2018年

監 督:エイドリアン・ビテンヒス

ジャンル:ドキュメンタリー

出演者:ポール・ウォーカー、タイリース・ギブソン、ロブ・コーエン、コーディー・ウォーカー、カレブ・ウォーカー、ウェイン・クラマー、エリック・マッカーサー

生存していたポール・ウォーカーの記録映像を含め、家族や友人たちのインタビューを通して彼の人生を振り返っていくドキュメンタリー作品。

生前、いかにポール・ウォーカーとタイリース・ギブソンと、親交が深かったのかがわかる。2013年11月30日に交通事故で亡くなってしまったことは今でも悔やまれる。ポール・ウォーカーの貴重な映像とともに、愛に溢れた様子が見られるかけがえのない一本になる。

予告編

4. 『L.A.デンジャラス』

出典:ビデオマーケット

公開日:2006年

監 督:ヴォンディ・カーティス=ホール

ジャンル:アクション

出演者:タイリース・ギブソン、ミーガン・グッド、ラレンズ・テイト、ザ・ゲーム

過去にギャングだった父親が、対立してたギャングに息子を誘拐されてしまったのをきっかけに、人生を再構築していく物語を描いた作品。

タイリース・ギブソンの主演作になる。アクションは控えめですが、子どもを守るために奮闘するタイリース・ギブソンのワイスピではあまり見せないシリアスな演技は見どころ。

予告編

3. 『フライト・オブ・フェニックス』

公開日:2004年

監 督: ジョン・ムーア

ジャンル:アクション、アドベンチャー

出演者:デニス・クエイド、ジョヴァンニ・リビシ、タイリース・ギブソン、ミランダ・オットー、トニー・カラン、ヒュー・ローリー、スコット・マイケル・キャンベル、ジェイコブ・バルガス、ジャレッド・パダレッキ、スティッキー・フィンガーズ

1965年に公開された『飛べ!フェニックス』のリメイク作品。飛行機のフライト中に砂嵐によって砂漠のど真ん中に不時着してしまい、脱出を試みるサバイバル・アクション。

次々に起こるトラブル。困難を乗り越えようとする人間ドラマは見どころのひとつ。あっつあつの映像を見せられて思わず喉が渇いてしまう。

予告編

2. 『アナポリス 青春の誓い』

公開日:2006年

監 督:ジャスティン・リン

ジャンル:ドラマ、ロマンス

出演者:ジェームズ・フランコ、タイリース・ギブソン、ジョーダナ・ブリュースター、ドニー・ウォールバーグ、シャイ・マクブライド、チャールズ・ネイピア、ヴィセラス・レオン・シャノン、ウィルマー・カルデロン、ジム・パラック、ブライアン・グッドマン

海軍士官学校に入学した青年が、仲間と共に競い合い成長していく姿を描いた青春ドラマ。アメリカで最も過酷と言われる海軍士官学校を舞台に、熱い情熱をもつ若者たちが成長するさまは見てて心にグッとくるものがある。

監督はワイスピシリーズでおなじみのジャスティン・リン。ドミニクの妹、ミア役のジョーダナ・ブリュースターと『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のショーンの父親も出演している。

予告編

1. 『フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い』

出典:GYAO!

公開日:2005年

監 督:ジョン・シングルトン

ジャンル:アクション、ドラマ

出演者:マーク・ウォールバーグ、タイリース・ギブソン、アンドレ・ベンジャミン、ギャレット・ヘドランド、テレンス・ハワード、ジョシュ・チャールズ、ソフィア・べルガラ、フィオヌラ・フラナガン、キウェテル・イジョフォー、タラジ・P・ヘンソン

1965年に公開された西部劇映画『エルダー兄弟』のリメイク作品。

養子として引き取ってくれた母親が強盗に射殺されてしまったことがきっかけで、肌の色の違う4人の兄弟が怒りに燃え敵を討つと固く誓い、犯人探しに奔走するさまを描いている。むさ苦しい男兄弟の絆には微笑ましいものを感じさせる。

予告編

まとめ

いかがでしたか。気になる作品には出会えたでしょうか。

思いのほかワイスピシリーズのローマンキャラとは違って、どれも真面目かつシリアスな役どころが多く見られた。『ワイルド・スピードX2』の登場シーンで抱いたいかついイメージがあって。やはり、今までは見た目の怖さがそのまま役に活かされていた。

これはつまりワイスピによって彼のチャーミングなところ、お調子者キャラを引き出されたということになる。そんな一面を開花する前のタイリース・ギブソンを堪能してみるのも新鮮なので、ぜひ鑑賞してみてほしい。

 

カテゴリー一覧
CATEGORY