ジョーダナ・ブリュースターが出演している映画おすすめ10選

SPONSORED LINK

ミア・トレットで親しまれるジョーダナ・ブリュースターですが、実はワイルド・スピード以外にも活躍している作品は数多く存在している。もはやジョーダナ・ブリュースターと言えばミアのイメージしかありませんが。

見た目の美しさやか弱いイメージとは裏腹に、ドライビングテクニックであったり、フライパンを武器に戦える姿を見せたりと、意外性を秘めているキャラクターでもある。

そんなキャラクターを演じる彼女が、ほかにどのような作品に出演しているのか、今からおすすめの10本を選んで紹介をしていく。

ジョーダナ・ブリュースターのおすすめ映画10選

10. 『ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪』

出典:https://wall.alphacoders.com/by_sub_category.php?id=232049&name=Home+Sweet+Hell+Wallpapers&lang=German

公開日:2015年

監 督:アンソニー・バーンズ

ジャンル:ドラマ、コメディ

出演者:キャサリン・ハイグル、ジョーダナ・ブリュースター、パトリック・ウィルソン、ケヴィン・マクキッド、ジェームズ・ベルーシ、A・J・バックリー、ブライス・ジョンソン

妻以外の女性と関係を持ってしまった男と、サイコパスな妻とのブラックコメディたっぷりの物語を描いた作品。ジョーダナ・ブリュースターは不倫相手役を演じている。

こんなにもお美しい女性からアプローチかけられたら誰でも手を出してしまうのは当たり前。それにしても妻のサイコパスぶりがやばすぎて、怖い。

予告編

9. 『クライム・スピード』

出典:U-NEXT

公開日:2014年

監 督:サリク・アンドレアシアン

ジャンル:アクション、クライム

出演者:ヘイデン・クリステンセン、エイドリアン・ブロディ、ジョーダナ・ブリュースター、トリー・キトルズ

ワイルドじゃないほうのスピード作品。とは言っても、物語は刑務所あがりの兄によって再び犯罪の道へと引きずり込まれた弟の苦悩を描いている。ジョーダナ・ブリュースターは、その弟の彼女役を演じている。

個人的にアメリカのR&Bシンガーソングライター・エイコンが出演しているというだけで価値を見出せる作品でもある。

予告編

8. 『姉のいた夏、いない夏。』

公開日:2001年

監 督:アダム・ブルックス

ジャンル:ドラマ

出演者:ジョーダナ・ブリュースター、クリストファー・エクルストン、キャメロン・ディアス、ブライス・ダナー、パトリック・バーギン、カミーラ・ベル、イザベル・パスコー

旅に出たきり帰らぬ人となってしまった姉の死の真相を知るためヨーロッパを旅する一人の女性の心の成長を描いた作品。

このときのジョーダナ・ブリュースターはまだあどけなさが残ってて、うぶな姿がなんとも可愛らしい。旅を通して成長していく彼女が、段々艶っぽさを増してきて美しなっていく姿も見どころではある。

予告編

7. 『アナポリス 青春の誓い』

公開日:2006年

監 督:ジャスティン・リン

ジャンル:ドラマ、ロマンス

出演者:ジェームズ・フランコ、タイリース・ギブソン、ジョーダナ・ブリュースター、ドニー・ウォールバーグ、シャイ・マクブライド、チャールズ・ネイピア、ヴィセラス・レオン・シャノン、ウィルマー・カルデロン、ジム・パラック、ブライアン・グッドマン

海軍士官学校に入学した青年が、仲間と共に競い合い成長していく姿を描いた青春ドラマ。

本作は面白いことに、ワイスピシリーズでおなじみの監督ジャスティン・リンと、お調子者キャラのローマンでおなじみのタイリース・ギブソンが出演している。そしてさらに、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』で登場したショーンの父親がここにきても主人公の父親として登場する。

それだけでも十分テンションのあがる作品となっている。

予告編

6. 『テキサス・チェーンソー ビギニング』

出典:U-NEXT

公開日:2006年

監督: ジョナサン・リーベスマン

ジャンル:ホラー、スラッシャー

出演者:ジョーダナ・ブリュースター、マット・ボマー、テイラー・ハンドリー、ディオラ・ベアード、アンドリュー・ブリニアースキー、R・リー・アーメイ、リー・ターゲセン、シーアー・バッテン、マリエッタ・マリク、テレンス・エヴァンス

いかにもグロさ満載のスプラッターホラー作品。絶叫ホラーとは別に、殺人鬼であるレザーフェイスの誕生秘話を描いている。

男女4人がいかれた家族から酷い目に合う展開がとにかくグロい。痛々しい映像のオンパレードなので、そういうのが苦手な方はもちろん観ないほうが懸命。

予告編

5. 『パラサイト』

出典:U-NEXT

公開日:1998年

監 督:ロバート・ロドリゲス

ジャンル:ホラー、SF

出演者:イライジャ・ウッド、ジョシュ・ハートネット、ジョーダナ・ブリュースター、ショーン・ハトシー、クレア・デュヴァル、ローラ・ハリス、アッシャー・レイモンド、ロバート・パトリック、ファムケ・ヤンセン、パイパー・ローリー

ジョーダナ・ブリュースターがとにかく若い。物語はアメリカの田舎の高校で人間の体に寄生し侵略しようとするエイリアンに学生達が立ち向かう姿を描いている。

大ブレイクする前の俳優イライジャ・ウッドやジョシュ・ハートネットが出演しているのは今では激アツ。

しかも、しれっとアメリカ歌手のアッシャー・レイモンドが出演しているのも、いろいろな意味で新鮮すぎてやばい。定期的に観たくなる作品のひとつでもある。

予告編

4. 『恋のミニスカウエポン』

出典:https://www.pinterest.jp/pin/564709240747174688/

公開日:2004年

監 督:アンジェラ・ロビンソン

ジャンル:アクション

出演者:サラ・フォスター、ジョーダナ・ブリュースター、ミーガン・グッド、デヴォン青木、ジル・リッチー、ジミ・シンプソン、ホーランド・テイラー、マイケル・クラーク・ダンカン、ジェシカ・コーフィール、クリスティナ・カーク

才能溢れる4人の女子高生で構成された国家防衛エリート集団が、美人凶悪犯の陰謀を阻止しようと奔走する姿を描いた作品。女子高生版の『チャーリーズ・エンジェル』とも言われている。

可愛い女の子ばかりが出演しているので満足しないわけがない。それに『ワイルド・スピードX2』に出演したデヴォン青木との共演も見どころのひとつになる。

予告編

3. 『アズ・ザ・ワールド・ターンズ』(テレビドラマ)

出典:https://reelgood.com/show/as-the-world-turns-1956

公開日:1995年 – 2010年

ジャンル:ソープオペラー

シーズン数:全54話

2010年に惜しくも54年間の歴史に幕を閉じてしまった長寿ドラマ。1995年から放送され、1987年から2003年の間に4回のデイタイム・エミー賞受賞に輝いている。

ジュリアン・ムーアやエミー・ロッサムも出演しており、シンディ・ローパーがゲスト出演したときは話題にもなった。

その後『スパイダーマン3』に登場するハリー・オズボーン(ニュー・ゴブリン)でおなじみのジェームズ・フランコのレギュラー出演が決定するも、視聴率低迷により打ち切りになってしまった。

予告編

『アズ・ザ・ワールド・ターンズ』を今すぐ観る

2. 『DALLAS/スキャンダラス・シティ』(テレビドラマ)

出典:dTV

公開日:2012年 – 2014年

製作総指揮:シンシア・シドル

ジャンル:ドラマ

シーズン数:全40話

出演者:ジョシュ・ヘンダーソン、ジェシー・メトカーフ、ジョーダナ・ブリュースター、ジュリー・ゴンザロ、ブレンダ・ストロング、パトリック・ダフィー、リンダ・グレイ、ラリー・ハグマン

ゴシップガール』以上のスキャンダラスな愛憎劇を描いたドラマ作品。石油ビジネスで財をなしたセレブ一族の駆け引きや騙し合い、新旧の恋人が入り乱れる多角関係、そして裏切りに次ぐ裏切りが見どころ。

このドラマを観た頃には、もうすでに片足ぐらいは泥沼に浸かってしまっている。それくらいドロドロとした人間関係に夢中になってしまうはずだ。

予告編

1. 『リーサル・ウェポン』(テレビドラマ)

出典:U-NEXT

公開日:2016年 – 2018年

製作総指揮:マックG

ジャンル:コメディ、刑事、アクション

シーズン数:全55話

出演者:クレイン・クロフォード、デイモン・ウェイアンズ、ジョーダナ・ブリュースター、キーシャ・シャープ、ケヴィン・ラーム、ジョナサン・フェルナンデス、チャンドラー・キニー、ダンテ・ブラウン、ミシェル・ミッチェナー

映画『リーサル・ウェポン』をテレビドラマ化した作品。ロサンゼルス市警の凸凹コンビの刑事が、ハリウッドで巻き起こる凶悪犯罪と戦うさまを描いている。

登場人物の設定が面白く、一方は自殺願望を抱えていて、もう一方は心臓発作で休職しいた刑事で、命を顧みないこの2人の行動が段々エスカレートしていく無謀ともいえるアクションは見どころ。

喧嘩するほど仲がいいというのは、きっと2人のことを言っているのでしょう。このコンビ、まったくもって悪くない。

予告編

まとめ

いかがでしたか。気になる作品には出会えたでしょうか。

ジョーダナ・ブリュースターの若かりし頃の姿には、もはや美人になる要素しか見出せない。そしてやはりというべきか、美しい美貌を活かしたセクシー路線の役を演じている作品がなかにはあった。

ワイルド・スピードシリーズのミアの役柄とは違って、色気を感じさせる姐さんの姿も見応えがあってかなりいい。そんな気になる一面を観たい方は、ぜひ上記で紹介した作品を参考に鑑賞していただけたらと思う。

 

カテゴリー一覧
CATEGORY