アン・ハサウェイが出演している映画おすすめ10選

SPONSORED LINK

僕がもっとも大好きであるハリウッド女優のアン・ハサウェイ。大好きすぎて、いちをすべての作品には目を通している。いや、そのつもりでいる。(実際のところは全部は観れていない)

それらの作品に共通して言えることがある。それは、どの役柄であったとしてもアン・ハサウェイは超絶可愛いってこと。惚れる。老若男女構わず、惚れる……そのはず。

改めて言葉にしなくても、もうわかっていることなのかもしれませんが、言葉にすることで彼女の魅力を知らない人たちのもとへ届いてほしい、そんな気持ちしかない。

そんなわけで、今からはアン・ハサウェイ好きが選んだおすすめの映画を10本紹介していく。

アン・ハサウェイのおすすめ映画10選

10.『パッセンジャーズ』

出典:U-NEXT

公開日:2008年

監 督:ロドリゴ・ガルシア

ジャンル:スリラー、ドラマ

出演者:アン・ハサウェイ、パトリック・ウィルソン、デヴィッド・モース、アンドレ・ブラウアー

衝撃のクライマックスにはやられた。「なるほど、そうきたか!」と、予想外の角度から事実が突きつけられるので観るほうも唖然としてしまう。

事実を知って観るのと、そうじゃないとではまた作品に対する感じ方も異なってくるので、2度観ることをおすすめする。

予告編

9.『シンクロナイズドモンスター』

出典:https://www.imdb.com/title/tt4680182/?ref=nvsrsrsg0

公開日:2017年

監 督:ナチョ・ビガロンド

ジャンル:SF、ファンタジー

出演者:アン・ハサウェイ、ジェイソン・サダイキス、ダン・スティーヴンス、オースティン・ストウェル

アカデミー賞受賞経歴のある女優のアン・ハサウェイがこんなおふざけムービーに出演という……、しかも主演というから逆に観てしまった作品。可愛さは健在。

中身はというと、まったく観れないわけではない。むしろ、こんなダメな役柄もいけるんだなというのがわかって新しい発見につながる。そっち目的で気軽に観られる数少ない映画。

予告編

8.『ラブ & ドラッグ』

出典:U-NEXT

公開日:2010年

監 督:エドワード・ズウィック

ジャンル:ロマンス、コメディ

出演者:ジェイク・ギレンホール、アン・ハサウェイ、オリヴァー・プラット、ハンク・アザリア

エロいイメージが強烈に押し寄せてくる作品。だけど、重篤な病気だとわかったときのジェイク・ギレンホールとアン・ハサウェイの関係性の切なさにやられてしまう。

ジェイク・ギレンホール目線で見るアン・ハサウェイの可愛さがまぢで天に召されてしまう。

予告編

7.『インターステラー』

出典:AV Watch

公開日:2014年

監 督:クリストファー・ノーラン

ジャンル:SF、アドベンチャー

出演者:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ケイン

話が壮大すぎて……。いや、これは話だけではなくて、スケールもばかでかい。宇宙の話だから、理解しようとするほうが無謀。

どちらかといえば、家族愛を中心に観るとぐぐっときてしまう。あと純粋に映像が素晴らしい。観終わったあとには、とんでもない映画を観てしまったとうなってしまうはず。

予告編

6.『ブロークバック・マウンテン』

出典:U-NEXT

公開日:2006年

監 督:アン・リー

ジャンル:ロマンス、ドラマ

出演者:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、アン・ハサウェイ

同性愛を題材にした作品。アン・ハサウェイうんぬんよりも作品自体の美しさがやばい。

美しい大自然の情景と、農牧場で働く労働者2人の友情を超えた関係性には、大切な人とずっと一緒にいたいだけなのに、それすらも叶わない理不尽さには、ただただ胸が苦しくなる。多くの映画ファンに観てほしい。

予告編

5.『プリティ・プリンセス』

出典:U-NEXT

公開日:2002年

監 督:ゲイリー・マーシャル

ジャンル:コメディ、ロマンス

出演者:ジュリー・アンドリュース、アン・ハサウェイ、ヘクター・エリゾンド、ヘザー・マタラッツォ

アン・ハサウェイのスクリーンデビュー作。この美しさで19歳というのは驚きしかない。オードリー・ヘップバーンを完全に超えていた。

将来期待しかないと思ってたら、やっぱそうだった。こんな美女、誰もほっとかない。

ウェディングドレスを着る作品のなかでも1番素敵。女の子なら誰しもが憧れるはず。

予告編

4.『レ・ミゼラブル』

出典:U-NEXT

公開日:2012年

監 督:トム・フーパー

ジャンル:ミュージカル、ドラマ

出演者:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド

予告編を見るだけでも泣けてくる名作中の名作。

まず、歌声がなによりも素晴らしい。その歌声の情景にあるのは、娘のためにとった行動で、報われない人生だったことにぽっかり心に穴が開いてしまったかのような虚しい気持ちになる。

表現力が高すぎて、アン・ハサウェイが出演する映画のなかで一番泣かされた。尋常じゃないくらい、別格。アン・ハサウェイは本作でアカデミー賞とゴールデングローブ賞でどちらも助演女優賞を受賞している。

予告編

3.『ワン・デイ 23年のラブストーリー』

出典:U-NEXT

公開日:2012年

監 督:ロネ・シェルフィグ

ジャンル:ロマンス、ドラマ

出演者:アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス、パトリシア・クラークソン、ケン・ストット

7月15日だけにスポットを当てて、23年間の恋愛模様を描いた作品。男女の友情から素敵な恋愛へ発展していく物語が描かれていますが、クライマックスシーンは本当に切ない。

予告編で使われている曲のワンパブリックの「Good Life」を聴くと、まぢで泣けてくる。アン・ハサウェイの珍しいメガネ姿も見どころのひとつ。

予告編

2.『マイ・インターン』

出典:U-NEXT

公開日:2015年

監 督:ナンシー・マイヤーズ

ジャンル:コメディ、ドラマ

出演者:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ、アンダーズ・ホーム

これ観ると、問答無用に仕事のやる気しか出ない。だから、仕事で行き詰まったときに観るのがおすすめ。僕も大体はそのタイミングで観てる。

アン・ハサウェイ演じるジュールスが仕事に家庭に一生懸命になるも、なかなか思うようにいかなくなったところに、ロバート・デ・ニーロの紳士的な対応がめちゃめちゃ素敵だった。

会社の建物はおしゃれだし、そこで働く人や社内の雰囲気すべてにおいてもおしゃれが降臨してた。こういう人のもとで働けたら、きっと幸せなんだろうなーといつも夢に浸ってる。

予告編

1.『プラダを着た悪魔』

出典:U-NEXT

公開日:2006年

監 督:デヴィッド・フランケル

ジャンル:コメディ、ドラマ

出演者:メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ

アン・ハサウェイの可愛らしさと美しさが世に知れ渡ったといっても過言ではない作品。僕も本作を観て彼女にハマったファンのひとりになる。

アン・ハサウェイの可愛さといったらそれはもう、神レベル。しかも、おしゃれだし。まるで人形さんみたいで、こんな人が世の中にいること自体が嘘みたいに思えてくる。

あどけない姿もおしゃれな姿も、どっちのアン・ハサウェイも素敵だった。僕のなかでは断然1番推したい作品になる。

予告編

 

まとめ

いかがでしたか。気になる作品には出会えたでしょうか。

どれもアン・ハサウェイの魅力がたっぷり詰まった作品ですので、これからという方は上から順番に全部制覇する勢いで鑑賞されてみてください。

彼女の美しさに一度触れてしまうと、もう二度と魅力に取り憑かれてしまい離れてはくれませんのでどうかお気をつけください。

 

カテゴリー一覧
CATEGORY