映画『ひとよ』訳あり家族の在り方について問答無用に心がえぐられてしまう作品

SPONSORED LINK

上映時間123分
製作国日本
監督白石和彌
音楽大間々昴
配給日活
公開日2019年
主な出演者佐藤健(稲村雄二)
鈴木亮平(稲村大樹)
松岡茉優(稲村園子)
音尾琢真(丸井進)
筒井真理子(柴田弓)
浅利陽介(歌川要一)
韓英恵(牛久真貴)
MEGUMI(稲村二三子)
佐々木蔵之介(堂下道生)
総合評価
『ひとよ』:

 

心がえぐられる、そんな体験をした。

犬猿』が兄弟・姉妹をテーマにした作品なのに対して、本作は家族がテーマになっている作品。妻が夫を殺害した事件から15年後の家族の姿を描く。

この時点で、もやは重い。ずっしりと脳天にのしかかるものがあった。けして万人受けしない色濃きヒューマンドラマ。

生きていくなかでうまれる疑問、あのときどうすればよかったのか。答えのない世界に突然放り込まれた三兄妹の行く末に一体どんな結末が待っているのか、気になった時点でぜひ鑑賞をおすすめしたい。

あらすじ

どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った??

時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。

15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先は?

引用:Amazon.co.jp

 

感想

全部観終えたあと、すごく悲しい気持ちになりました。

家族でありながらわかりあえない悔しさ、もどかしさ、苛立ち、息苦しさ……。

いろいろな迷いや、やり場のない感情が錯乱し、なにをどうすればあのときよかったのか。

稲村家の家族たちは夫殺害事件をきっかけに歯車が完全に狂いはじめてしまいます。

 

長男の大樹に至っては事件が影響で吃りを発症してしまい、大人になってからは家庭と子どもに恵まれるも離婚の状況。

吃りのことをよく勉強しているのがわかってしまうほど、演技に不自然さは全く感じられず何気にすごいと感じました。

 

大樹の妻・二三子を演じるのはMEGUMIさんで、緊迫した状況を見事に作り出していました。この人こんなに演技すごかったけー、と純粋に感動しました。

 

大樹は二三子に事件のことは話しておらず、それどころか母の存在ですら亡き者としていました。

なにもかもひとりで抱えてしまう大樹に妻の二三子は愛想がつき離婚を決意している状況。渦中のなか事件や母のことがバレてしまい、事態は悪化の一途をたどります。

妻に相談したくても言えない苦しさ、苛立ち、わかり得ない問題。一向に良くならない日常に打ちのめされ、心身ともにズタボロになっていました。普段優しい大樹も遂には母に苛立ちを隠せず怒りの矛先を向けてしまいました。

解決の糸口が見えないなか、園子やタクシー会社で働く人たちの支えもあり、二三子との関係性が徐々によくなっていく過程というのはグッとくるものがありました。

夫婦間の在り方というか、話し合うことの重要性や相手のこと信頼する大切さ。そんなものを学べたような気がします。

 

次男の雄二は三兄妹なかでも一番の曲者というか厄介者の立場で、父を殺害した母を憎んでいました。

職業は風俗雑誌のライターで、仕事の質も人柄もどこか冴えない印象。雑誌の出来上がりに対して上司にボロカス言われた挙げ句、15年間の服役を終えたのち母が実家に帰ってくるとなった途端、東京から実家へ帰ってきました。

完全にキレッキレの状態で、どこかツンツンしているような雰囲気を醸し出し、触れてしまうと棘が刺さってしまいそうなオーラ全開でした。

そんな雄二は、母の殺人事件を家族に内緒で記事のネタにしていました。そのことが園子や大樹にバレてしまい、家族の溝はますます深まるばかり。スナック話し合うシーンでこのときキレる園子やママさん、すこぶるやばかったです。

最後の最後まで事件のことを根にもっている雄二の見せ場は、ラストシーン。感動のラストを飾る立役者でもある雄二からは、人はひとりで生きてはいられないこと、人が人らしく生きていくために信頼できる相手を探しておくことの大切さを学べました。

 

長女の園子はスナックで働く一見すると頭の悪そうな人物かと思いきや、母や家族のことを誰よりも思っているしっかり者でした。危うくちゃらんぽらんな見た目に騙されるところでした。

やるじゃん、まとめるじゃん、頼りになるじゃん。……かわいいじゃん。

最後の言葉は余計なひと言かもしれませんが、稲村家に欠かせない存在でした。つっても、三兄妹誰も欠かせない存在ではありますけど。

万引き家族』に続いて本作に松岡茉優さんが選ばれていたのは、家族縁の強い女優というのがもはや定番になったような気がしてなりません。

一方的に母といがみ合っている雄二とは真逆で、最後の最後まで母のことを信じ、心の支えとなろうとしている園子の姿からは、究極の家族愛たるものを見せてもらいました。

けして正しい行いではないけれども、罪を犯してまでも守ってくれた母への労おうとする気持ちが伝わってきて共感するシーンがたくさんありました。

 

作中、稲村こはるが稲村タクシーの事務員の柴田弓に対して言う「自分のしたことを疑ったら子供たちが迷子になっちゃう」というセリフは印象的でした。

前振りとして柴田弓が稲村こはるに対して、夫を殺害するなんて勇気があるとか言ってしまい、そんなんじゃないと感情的になって言ったのが上記のセリフになるんですが。予告編でも大々的に取り上げられていたので、この言葉というのは結構な勢いでその人の立場になってみたいとわからない奥深さが感じられました。

認めてしまうと全部ダメになってしまうのは目に見えていましたから、どんなに心が折れそうな出来事があったとしてもなにがあろうとも貫いたその心に、生きるための強さというものを感じました。

15年という歳月をじっと耐え、家族の時間を取り戻そうとするその心に感服です。すごい、としか言いようがありません。

 

最も○ ○で賞

出演者のなかから、個人的に目に留まった人物を勝手にピックアップしてかっこいいで賞&美しいで賞という名目で表彰しています。表彰の基準は様々で、見た目だけでなく役柄も重要視した上での判断となります。

 

最もかっこいいで賞

結局のところなにをしてもかっこいいって結論に至ってしまうわけですが、つってもかっこいいよ、佐藤 健さんは。

誰がなにを言おうとかっこいい。男の僕から見ても惚れる。やばい。

見つめられると照れる。いや、さすがに照れない。

相変わらずの演技力のうまさ。今回もやってくれました。

不快感を誘うわ、涙を誘うわ。ずいぶんと感情を揺さぶられてしまいました。天才だなって思いました。最高かよ、この俳優。

彼以外ほか誰がいます?と言いたくなるくらい、この賞選びは愚問だったかもしれません。

名前:佐藤 健(さとう たける)

生年月日:1989年3月21日 (年齢 31歳)

出身地:日本

身長:170cm

血液型:A型

公式YouTubeチャンネル:「佐藤健 / Satoh Takeru」

SUGAR:https://itunes.apple.com/jp/app/sugar

LINE:佐藤健オフィシャルLINE

主な出演作
映画劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!(2007年)
ROOKIES -卒業-(2009年)
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル(2010年)
BECK(2010年)
るろうに剣心シリーズ

るろうに剣心(2012年)

るろうに剣心 京都大火編(2014年)

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年)

るろうに剣心 最終章(2021年公開予定)

カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013年)
バクマン。(2015年)
世界から猫が消えたなら(2016年)
何者(2016年)
亜人(2017年)
8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年)
億男(2018年)
ひとよ(2019年)
ドラマ仮面ライダー電王(2007年‐2008年)
メイちゃんの執事(2009年)
ROOKIES(2008年)
龍馬伝(2010年)
Q10(キュート)(2010年)
冬のサクラ(2011年)
とんび(2013年)
ビター・ブラッド(2014年)
天皇の料理番(2015年)
半分、青い。(2018年)
義母と娘のブルース(2018年)
恋はつづくよどこまでも(2020年)

 

最も美しいで賞

この人が醸し出す空気感とか、雰囲気が単純に好きです。

落ち着いて見てられるというか、いや、その言葉のまんまですけど。美しいな、て思います。

顔、かわいいですし。笑顔、素敵だし。これ以上言うことありません。

今回の役柄は『万引き家族』とどこか被っている部分がありましたが、演技が自然体でスーっと世界観に入っていけました。当分はイメージに染み付いていると思います。

時に荒々しくなる演技とかも没入感半端ありませんでしたし、最高でした。安定の家族女優です。

名前:松岡 茉優(まつおか まゆ)

生年月日:1995年2月16日(25歳)

出身地:日本

身長:158cm

血液型:B型

Instagram:@mayumatsuokakoushiki

Twitter:@hiratahirata14

主な出演作
映画桐島、部活やめるってよ(2012年)
ちはやふるシリーズ

ちはやふる -下の句-(2016年)

ちはやふる -結び-(2018年)

勝手にふるえてろ(2017年)
万引き家族(2018年)
蜜蜂と遠雷(2019年)
ひとよ(2019年)
騙し絵の牙(2021年公開予定)
ドラマあまちゃん(2013年)
コウノドリシリーズ

コウノドリ 第1シリーズ(2015年)

コウノドリ 第2シリーズ(2017年)

真田丸(2016年)

 

さいごに

タイトルの『ひとよ』は漢字で表すと「一夜」と書き、登場人物の人生が一夜にして一変してしまう様子が描かれていました。それは稲村家に限らず、佐々木蔵之介さん演じる堂下道生や筒井真理子さん演じる柴田弓の登場人物の人生も一夜にして一変してしまう出来事が起こってしまい、現実と向きうことへの残酷さ、過酷さを味わせてくれました。

日本でも社会問題となっている親の介護問題や反社会的勢力の問題などいろいろな問題が取り扱われていてすごく考えさせられました。もしかしてもしかして、生きるって大変なことなのかもしれません。この映画観てそう思いました。