映画『犬猿』ニッチェ江上敬子がとてつもなく面白い作品

SPONSORED LINK

上映時間103分
製作国日本
監督吉田恵輔
音楽めいなCo.
主題歌ACIDMAN 「空白の鳥」
配給東京テアトル
公開日2018年
主な出演者窪田正孝(金山和成)
新井浩文(金山卓司)
江上敬子(幾野由利亜)
筧美和子(幾野真子)
総合評価
『犬猿』:

 

犬猿、それは「犬と猿。仲の悪いもののたとえ」と辞書に書いてある。もしくは、「犬猿の仲」と言ったほうがもっとわかりやすく意味が通じやすいのかも。

本作の内容はひと言でいえばまさにそれで。タイトル通りの展開が繰り広げられています。

兄弟姉妹の面白い喧嘩を永遠とみせられて、特にやばいかったのは幾野家の姉妹。(金山家の兄弟はどちらかといえば笑いではなく共感を取りにきていると思う)

由利亜演じるお笑いコンビのニッチェこと江上敬子は役柄というか、キャラクター性が異常なまでに爆発していました。劇中何度もふいてしまった。

どんでん返しや強烈までに感情へ訴えかけるようなテーマが織り交ぜられているわけではありませんが、ごくごく普通の内容で逆にまったり観られました。

こういった作品、僕は好きです。

あらすじ

弟の金山和成(窪田)は真面目でイケメンの印刷会社の営業マン。ある日、彼のアパートに、強盗罪で服役していた兄の卓司(新井)が刑期を終えて転がり込んでくる。卓司は和成とは対照的に凶暴な性格でトラブルメーカー。キャバクラで暴れたり、弟の留守中に部屋にデリヘルを呼んだりとやりたい放題。和成はそんな卓司に頭を抱えるが、気性の激しい兄には文句のひとつも言えない。一方、親から引き継いで小さな印刷所を切り盛りする姉の幾野由利亜(江上)は、勤勉で頭が良く仕事はできるものの、太っていて見た目がよくない。得意先の和成にほのかに想いを寄せる彼女の天敵は、頭は悪いけどルックスとスタイルの良さから芸能活動もしている妹の真子(筧)だった。

複雑な感情を抱くこの二組の兄弟・姉妹の出会いを境に、それぞれの関係はさらに大きく歪みはじめる……。

引用:Amazon.co.jp

 

感想

バカすぎる、アホすぎる。

本当にアホすぎて笑えてしまう。

いやね、わかるんです。

由利亜の気持ち。僕、男だけど。

好きな相手に振り向いて欲しくて関わりたくて、ちょっとした気心が感じられたときの瞬間というのは、テンションめちゃめちゃ上がるんです。そして、由利亜はめちゃめちゃ陽気にダンスするんです。

どこぞのやっすい手ぬぐいか知りませんけど。このときなにをもらうか、ではなくて誰からもらうかのほうが何百倍も大事なことで。

しかも手ぬぐいにデザインされている赤い菊の花言葉をいちいち調べてみる行為なんてものは、女性だけでなく男性でもその気持ちがわかってしまう部分で。直球ストレート、「あなたを愛します!」となれば、それはもういてもたってもいられません。

恋は盲目といった言葉があるように、由利亜はそのあとめちゃめちゃ周りが見えなくなってしまいます。

 

具体的にどうなってしまうのかというと、本来由利亜と和成はビジネスの取引先同士で、印刷の発注単価を毎回ギリギリにしてもらっていました。

詳しい単価はわかりませんが察するにほとんどが赤字覚悟……みたいな。

親から受け継いだ会社を守る立場とはいえ、やはりそこは恋には勝てないのでしょうね。

一度きりの遊園地デートで魔法にかけられたかのように盲目になってしまい、完全に浮かれていました。

しかし、いい夢を見られるのも束の間の出来事で、妹の真子によってすべてを狂わされてしまいます。現実は恐ろしく完膚なきまでに叩きのめされ、ある意味心のデンプシー・ロールを食らってしまいます。

真子から酷い仕打ちを受けた由利亜は、そこから人が変わったかのように豹変。このときの豹変ぶりといったら、それはそれはもう「実社会でも十分ありえるな」と思いました。

和成に対し今まで無理をして取引していたことを全部ぶちまけていましたから、それりゃそうだよね、といった反応ですし、自業自得かな、と。お互いにね。

とにかく、終始、由利亜の身に起きる展開には笑わせてもらいましたし、男性であれば誰がどう考えても由利亜よりも真子を選んでしまうのは必然的な行動かと思います。

つか、そもそもどう考えても見た目的に由利亜と真子の名前の付け方反対じゃないですか。この時点でもはや意地悪だよねー。

 

最も○ ○で賞

出演者のなかから、個人的に目に留まった人物を勝手にピックアップしてかっこいいで賞&美しいで賞という名目で表彰しています。表彰の基準は様々で、見た目だけでなく役柄も重要視した上での判断となります。

 

最もかっこいいで賞

新井浩文を選びました。金山卓司を演じた人物です。

理由は役者として演技力が別格だったからです。ほかは正直大根役者のように見えてしまい……。まぁ、でも、周りがそういうのだったから一段と輝いていたのかもしれませんけど。

由利亜に作ってもらったチャーハンをおいしそうに食べるシーンは即興だったみたいですが、2人の自然体の雰囲気はものすごくよかったです。この2人の掛け合いはかなりツボでした。全然見飽きませんでした。

2020年1月の裁判の判決では強制性交で実刑5年という、事実上芸能界への復帰は難しいものになり残念でなりませんが、いつかは役者としてもう一度戻ってきてほしい気持ちでいっぱいです。いい役者だけに本当にもったいないと感じます。

名前:新井 浩文(あらい ひろふみ)

生年月日:1979年1月18日(41歳)

出身地:日本(国籍:韓国)

身長:181cm

血液型:A型

Instagram:@araihirofumi

Twitter:@araihirofumi

主な出演作
映画青い春(2002年)
ジョゼと虎と魚たち(2003)
隣人13号(2005年)
ゆれる(2006年)
松ヶ根乱射事件(2007年)
ぐるりのこと。(2008年)
ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ(2009年)
告白(2010)
漫才ギャング(2011年)
モテキ(2011年)
アウトレイジ ビヨンド(2012年)
永遠の0(2013年)
ジャッジ!(2014年)
百円の恋(2014年)
HERO(2015年)
バクマン。(2015年)
葛城事件(2016年)
銀魂(2017年)
犬猿(2018年)
クソ野郎と美しき世界(2018年)
SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年)
泣き虫しょったんの奇跡(2018年)
台風家族(2019年)
ドラマ太陽の季節(2002年)
モテキ(2010年)
君は空を見てるか(2011年)
ゴーイング マイ ホーム(2012年)
ハクバノ王子サマ 純愛適齢期(2013年)
書店員ミチルの身の上話(2013年)
64(ロクヨン)(2015年)
ど根性ガエル(2015年)
下町ロケット(2015年)
赤めだか(2015年)
毒島ゆり子のせきらら日記(2016年)
拝啓、民泊様。(2016年)
フランケンシュタインの恋(2017年)
就活家族〜きっと、うまくいく〜(2017年)
モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―(2018年)
フェイクニュース(2018年)
卒業バカメンタリー(2018年)
イノセント・デイズ(2018年)

 

最も美しいで賞

筧美和子を選びました。幾野真子を演じた人物です。

透明感あり、バストあり。で、普通にかわいい。

これ以外理由なんてものはありません。それがすべてです。

選ばれるべきして選ばれる人物で、確かに役者としてはまだまだ完成されたものではありませんでしたが、女優業へ転身してからまだ経験が浅いのもあって逆にバカっぽさが発揮できていたのなと思います。ナイスキャスティングだと思いました。配役完璧。

劇中では和成とのベッドシーンまでいかなくても、下着姿だけでも威力は凄まじいものでした。どんだけかわいいのやら。ドキッとしてしまいました。

顔に似合わず姉の由利亜に対して心にグサッと刺さるようなひと言をいいますが、それがまた的を得ていて掛け合いも面白かったです。

名前:筧美 和子(かけい みわこ)

生年月日:1994年3月6日 (年齢26歳)

出身地:日本

身長:164cm

血液型:AB型

Instagram:@miwakokakei

Twitter:@miwakokakei

You Tube:筧 美和子 / miracora uchu.

主な出演作
映画鍵泥棒のメソッド(2012年)
劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー(2015年)
闇金ウシジマくん Part3(2016年)
犬猿(2018年)
スマホを落としただけなのに(2018年)
ドラマ水球ヤンキース(2014年)
最高の離婚Special 2014(2014年)
黒服物語(2014年)
OLですが、キャバ嬢はじめました(2016年)
ぼくは愛を証明しようと思う。(2017年)
フリンジマン〜愛人の作り方教えます〜(2017年)
いつかこの雨がやむ日まで(2018年)
ゆうべはお楽しみでしたね(2019年)
ミストレス〜女たちの秘密〜(2019年)
名古屋行き最終列車2019(2019年)
LINEの答えあわせ〜男と女の勘違い〜(2020年)
ペンション・恋は桃色(2020年)
ピーナッツバターサンドウィッチ(2020年)
鈍色の箱の中で(2020年)
ギルティ〜この恋は罪ですか?〜(2020年)

 

さいごに

感想では和成と卓司の兄弟ことについてあまり触れていませんが、彼らは彼らで笑いとは別のところで、暴力的な兄から逃れられない弟といった関係性に妙に納得する部分が多くありました。これが兄弟だよね、といった感じで。(上に姉、下に妹の家族構成なので、実際どんなんか知らんけど)

最後の結末はどうなるかとドキドキな展開でしたが、やっぱそうなってしまうかー、と。兄弟姉妹ってのは、そういうもんなんでしょうね。久々に面白いもん見せてもらいました。