映画『ゴジラvsコング』期待と不安なら、見事に不安が的中した作品

SPONSORED LINK

上映時間113分
製作国アメリカ合衆国
監督アダム・ウィンガード
音楽ジャンキーXL
主題歌MAN WITH A MISSION「INTO THE DEEP
配給ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ(アメリカ合衆国)
東宝(日本)
公開日2021年
主な出演者アレクサンダー・スカルスガルド(ネイサン・リンド)
ミリー・ボビー・ブラウン(マディソン・ラッセル)
レベッカ・ホール(アイリーン・アンドリューズ)
ブライアン・タイリー・ヘンリー(バーニー・ヘイズ)
小栗旬(芹沢蓮 / レン・セリザワ)
エイザ・ゴンザレス(マイア・シモンズ)
総合評価
『ゴジラvsコング』:

 

はーい、よってらっしゃい、観てらっしゃい。はじまる、はじまるよー。世紀の一戦『ゴジラvsコング』が……。

邦画界では、もはや鉄板ネタ?キャラクターとキャラクターを戦わせたくなるのが人の性。過去にどれほどの戦いが繰り広げられたでしょうか。僕が知るなかで、記憶に新しいのは『ひきこさん VS 貞子』シリーズ。(シリーズと言っていいのかは別問題として)

なんだか胸騒ぎがしてしまうのは僕だけでしょうか。いや、きっと僕だけじゃないはず。

あらすじ

モンスターの戦いによって壊滅的な被害を受けた地球。人類が各地の再建を計る中、特務機関モナークは未知の土地で危険な任務に挑み、巨大怪獣の故郷<ルーツ>の手がかりを掴もうとする。そんな中、ゴジラが深海の暗闇からその姿を現し、フロリダにあるハイテク企業エイペックス社を襲撃、世界を再び危機へと陥れていく。ゴジラの怒りの原因は何なのか。エイペックス社CEOのウォルター・シモンズ(デミアン・ビチル)はゴジラの脅威を訴える。モナークとエイペックスは対抗措置として、ネイサン・リンド博士(アレキサンダー・スカルスガルド)やアイリーン博士(レベッカ・ホール)のチームを中心に、コングを髑髏島<スカルアイランド>から連れ出し、怪獣のルーツとなる場所を探ろうとする。 人類の生き残りをかけた争いは、ゴジラ対コングという最強対決を引き起こし、人々は史上最大の激突を目にすることとなる。故郷を求めるコングと唯一心を通わせる少女ジア。一方、ゴジラを信じ、その真意を探ろうとするマディソン(ミリー・ボビー・ブラウン)と級友のジョシュ(ジュリアン・デニソン)、そしてエイペックスの陰謀説を唱えるバーニー(ブライアン・タイリー・ヘンリー)は行動を共にしてゴジラを追う。人類になす術はないのか—。エイペックスの研究員で故芹沢猪四郎博士の息子である芹沢蓮(小栗旬)の秘めた想いや目的とは?怪獣を取り巻く人間たちの思惑が錯綜する。ゴジラとコング、彼らは人類の味方か、人類の脅威か。自然界最強の力が激突する、地球の存亡を委ねた壮大な戦いが始まった。彼らはなぜ戦うのか—。果たして、この頂上決戦の勝者は—。

引用:Filmarks

 

感想

……ゔっっっ。ご察しの通り、やっちまった感がある。あかん、これは絶対あかん。ネタバレになってしまいますけど、最後、ゴジラvsコングvsメカゴジラになっているやん。

しかも、どちらかと言うとゴジラandコングvsメカゴジラみたいな形になってて、ゴジラとコング、いつの間にか共闘してるやん。それってありなの?、いや、普通に考えてダメだよね。タイトル『ゴジラvsコング』だし。

もしかして、もしかして、拳を2回交えたからといって友情が芽生えたの?、それって、ヤンキーのノリじゃん。ケンカが終わったあと母校(住処)に帰ってしまったのは、そういうことなのか。

人間臭くて笑った。ありとあらゆる器物も破壊をしているし、もしや原作は『クローズ』なのかとも思った。高橋ヒロシに許可取っているんかな、これ。

つか、メカゴジラめっちゃ強いやん。怪獣2体を相手にしているし。しかもただの怪獣とかじゃなくて、あのキングギドラさえも倒してしまったゴジラ相手に、暴走モードになったからといって、なに、あの強さ。最強じゃん。もう、コングいらないじゃん。

まー、だけど、そんなことにはならないわけで。結局、最後の最後でコングにおいしいところをもっていかれた。メカゴジラの頭をもいで終了してしまうのだけれども、このとき我が子の4歳児は爆笑。

対怪獣用に作られたメカゴジラの枯れ果てた姿を見てしまうと、なんだか複雑な気持ちを抱いてしまうのは、なぜ?いつの間にかゴジラサイドを応援している展開にもなってて。よく考えてみてください。ゴジラとコングが戦っているときに、建物とか、人とか、映像には映ってはいないけど、多くの方の命が犠牲になっているのに……。うん、世界はそれでいいの。

その原因を作ってしまったのはメカゴジラであり、元をたどれば人間なのかもしれない。けど、あんなに気持ちよく建物を破壊されているのを見ると、気の毒すぎてゴジラとゴングになにかしらの処罰は必要だと思ってしまったのは僕だけ。終わりよければすべて良しみたいなところがありますけど、違うと思うなー。

どうしてかなー。うーん、どうしても違和感があった。小さいことは気にするなと何度も自分自身に言い聞かせてみた。けど、ダメだった。あの原子力空母の仕組みにはどうしても納得がいかなかった。

だってね、ゴジラとコングの戦いの舞台になるのはいいとして、原子力空母が沈まないのは不思議でならない。いちいちツッコむなと言われても無理がある。原子力空母の上でジャンプとか着地とかしてるんだよ。普通に考えたら、無茶があるよね。この場合、沈むというよりかは破壊されてもおかしくない話だし。

ゴジラ約9万tに対してコング約4万tと言うじゃないですか。合わせて10万tもの重さがかかってなお平然としていた原子力空母にひと言いいたい。どんだけがんじょーやねん。原子力空母が破壊される基準がようわからへんがな。

 

最も○ ○で賞

出演者のなかから、個人的に目に留まった人物を勝手にピックアップしてかっこいいで賞&美しいで賞という名目で表彰しています。表彰の基準は様々で、見た目だけでなく役柄も重要視した上での判断となります。

 

最もかっこいいで賞

キングになれなかったコングを選んだ。理由は、ゴジラとメカゴジラの仲裁に入ったときのあの勇姿、瀕死の状態だったはずなのに起死回生にもっていく強さはかっこよかった。

2回戦敗退をしてしまった対戦相手がボッコボコにやられている状況下で、普通なら怖気づくところなんですけどね。さすがはコング。戦いに挑む意気込みがちゃいました。

一度生死を彷徨う経験をすると強くなるとはこのことなんでしょう。人間のお友達がいて、ほかの怪獣にはない温かい心をもっていたところも好感がもてる怪獣だった。次回はキングコングの名称を与えられるのを期待したいところ。

名前:コング

身長:身長337フィート

体重:4万883t

声の大きさ:最大170デシベル

得意技:パンチ(威力:マグニチュード4.2相当)

おすすめ作品3選

キングコングの誕生作品。映像が白黒の時代。見た目は怖いというよりかは可愛らしいイメージが強い。この当時の映像をDVDで観れる技術が純粋にすごいと感じる。気になる方はぜひAmazonで。

1933年の映画『キング・コング』の2度目のリメイク作品。現代のコングと比べてゴリラ感がすごい。(この頃はまだ怪獣に寄せてきてはいない)キングコングがナオミ・ワッツに惚れるというロマンティックな要素が含まれていて、戦いだけじゃないところは新鮮。

キャプテン・マーベルのブリー・ラーソンとロキのトム・ヒドルストンとニック・フューリーのサミュエル・L・ジャクソンが夢の共演を果たしている作品。過去のキングコングのオマージュであったり、地獄の黙示録やもののけ姫のオマージュがあったりと、いろいろ楽しめる内容となっている。

 

最も美しいで賞

マディソン・ラッセル役のミリー・ボビー・ブラウンを選んだ。理由は、坊主姿のときを考えたら、ずいぶんと大人びていた。髪も自由に伸ばせている感はあるし。この子は間違いなくきれいになるはず。いや、なっていると言ったほうが表現的には正しい。あとは、成長とともに色気をまとえるようになったら、最強。文句なし。

ストレンジャー・シングス 未知の世界』のイレブン役で大ブレイクをした影響もあって、世間は子役のイメージがなかなか拭えないみたいですが、そんな彼女も現在17歳。そろそろ、ドラマでの活躍ぶりを観たいもの。いつになるかなー。

名前:ミリー・ボビー・ブラウン(Millie Esther Bobby Brown)

生年月日:2004年2月19日(17歳)

出身地:スペイン

身長:163 cm

Instagram:@milliebobbybrown

おすすめ作品3選

ミリー・ボビー・ブラウンの出世作。一度観だすと止まらなくなる。まぢでハマる。このときの役柄のイメージが強すぎて、映画に出演しているというのに違和感がある。それくらいハマり役だと思う。

キングギドラも出る、モスラも出る、ラドンも出る。ほかにもたくさんの怪獣が出てきてはキングギドラの前にひれ伏す、ゴジラとモスラ以外の怪獣は情けないと思う品。本作よりかは面白い。

あの有名な名探偵シャーロック・ホームズの妹役を演じている。古き良き時代のイギリスの世界観が全体的にいい。その雰囲気が好きな人にもおすすめ。

 

さいごに

ゴジラとコングの戦い自体は、ものすごく見応えのあるものだった。ぶっちゃけ、どっちがどう転ぶのかわからなかったので、ハラハラ・ドキドキして楽しめた。余計な邪魔者の登場さえなければいい感じに終わっていたはずだけに、むしろそういう締めくくりを期待してた。

水を差すような展開には残念としか言いようがなくて、まー、ツッコミどころ満載ではありましたけど、少年ジャンプのような終わり方を逆に観ていただけたらと思う。