Leicaを持って子どもとおでかけ。場所は「如意輪寺(かえる寺)」− 風鈴まつり編 −

SPONSORED LINK

以前、『Leicaを持って子どもとおでかけ。場所は「如意輪寺(かえる寺)」』の記事で紹介したように、ここ如意輪寺(かえる寺)はかえるの置物や仏像がいろいろあって、しかもたくさんあってすごいところ。行ったことのない方は、たぶん想像を超えるほどの驚きがあると思います。(わたしがそうであったように)

そんな如意輪寺へは、今回風鈴まつり編ということで夏色を求めにLeica片手におでかけしました。

如意輪寺(かえる寺)の風鈴まつりは想像以上にすごい

自宅から車を走らせて、時間にして1時間程度のところにある如意輪寺(かえる寺)。

到着してまもなく、我が家の殿は外出時恒例のダンゴムシ採取がはじまりました。目がいいのか、次から次からへと小さなダンゴムシをかき集めては虫かごへ放り投げ。今回も誰ひとりとして虫かごをもって境内や寺院内を歩く人はおらず、殿だけでした。

中国人や韓国人の観光客も多く、行き交うたびに何度も注目を浴びていました。話しかけられても言葉がわからないのもあって、ひやひやしていましたが。当の本人はお構いなしにダンゴムシの採取を楽しんでいました。

風鈴まつりといってもかえるの置物の比じゃないと思って少し舐めていましたが、完全にすごいやつでした。

 

出入口は山門側からと県道88号線からの2箇所ある

前回訪れたときは山門側から踏み入れましたが、今回は県道88号線沿いから踏み入れました。するとすぐさま、おびただしい風鈴の数が現れます。とはいってもこれはまだ序の口。

規則正しく並ぶ風鈴からは、心地よい音色が聞こえてきます。

 

いたるところで風鈴の音色に包まれる

ゆらゆらと揺れる短冊に興味津々の殿。届くか届かない絶妙な距離にぶら下がっているものだから、早々と触れないことを悟り次に足を進めました。

これで願い事はほぼ決まったものですかね。「短冊に触れることができますように」かな。笑

 

デザインも豊富で、かえるが描かれた可愛らしい風鈴もありました。

 

側面だけでなく上部にもたくさん飾られていました。この日はちょうど天気もよく、青空と緑あふれる木々で覆い尽くされ、背景に風鈴と撮影がばっちり行えました。

 

境内にはメダカの姿も

よっぽど興味津々だったのか、ダンゴムシとは別にめだかを覗き込む姿の殿。乗り換えようとする気はなかったようで安心しました。

 

一番の見どころはここ

名物、風鈴トンネル。風鈴で感動したのは後にも先にもここがはじめて。メイン通りと言ってもいいほど、この空間はほかとは違う特別感があって圧巻の光景でした。

音だけはお届けできないのが残念。

 

階段を降りると……そら、はじまった。ダンゴムシの採取タイム。真上にいるお地蔵さんがなにやら写真を撮ってほしそうだったので、ふたりして記念撮影を行いました。(ぶれぶれだし被っているし、その辺はどうかお許しくださいませ)

 

一眼レフのカメラを持って撮影をしている人の多さに戸惑いました。普段、どこへ行くにも一眼レフのカメラを持ち歩いている人をあまり見かけることがなかったので、この光景はわたしのなかではかなり新鮮でした。

 

かえるの置物に願い事を書き書き

山門近辺には誰でも願い事を書くことのできるかえるの置物があり、我が家を代表して妻と殿に書いてもらいました。

 

誰も通らない秘密の通路には癒やしがいっぱい

山門から寺院へショートカットできる通路を抜けると、亀さんや陽気なお地蔵さんに遭遇。

えっ、こんなところにあなた達はいたの?と、見つけたときはちょっぴり幸せな気持ちになりました。

 

木々の間から降り注ぐこもれびが幻想的だったので写真に収めてみました。ゆらゆらと、移り変わるこもれびに癒やされました。なにをするわけでもなく、その場でぼーっと眺めておきたかったです。

 

寺院内でひと休み後、境内を散策

階建をあがったあとは寺院内へ。木魚を叩いたり、駆け回ったり、お絵かきをしたり、と。

この辺で小休憩をとり、ゆったり過ごしました。とはいっても殿はあいかわずの元気にはしゃいでいました。

 

境内を少し散策し、かえるの口を通ったのを最後にその場をあとにしました。

 

まとめ

かえるの置物だけが有名かと思いきや、風鈴まつりもずいぶんと侮れないほど有名になる理由がわかりました。その場へ行ってみて体感してみないと、本当の意味ですごいと思う感情は伝わりにくいと思います。むしろ、足を運んで自分たちの目で見たほうが、この世に生まれてきてよかったとすら思えてきます。

風鈴のりんりんと鳴り響く音を聴いて、なんだか心が清らかに洗われたような、そんな体験をした1日でした。

 

▷ 如意輪寺(かえる寺)

  • 住所:〒838-0105  福岡県小郡市横隈1729
  • 電話番号:0942-75-5294
  • 営業時間:不明
  • 定休日:なし
  • 駐車場あり(無料)
  • URL:http://www.kyushyu24.com/frm10.aspx

朱印帳【朱印帳 御朱印帳 納経帳 集印帳 矢絣 和柄 おしゃれ touka プレゼント ギフト 蛇腹式 カバー付き 24山48頁】【多彩】
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK