Leicaを持って子どもとおでかけ。場所は「到津の森公園」

SPONSORED LINK

我が家の殿(子ども)と行くのはこれで2回目。ワクワクドキドキ、楽しい時間を過ごせたらなあと思い、「到津の森公園」へおでかけしました。

前回はちょうど1年前のハロウィンシーズンに足を運んでいて、同じような写真がありました。完全に無意識にとった行動なんですが、根本的な部分で人間ってやっぱり偏るんだなあと思いました。1年前はこんなんだったのかあと変化が見られるので、それがなんだかよくて毎年恒例になりそうです。動物園だとLeica X-E (Typ 102)ではやっぱり難しかったなあ……。

 

北九州市からプレゼントをもらいました

北九州市の粋な計らいで、「到津の森公園」の無料入場チケットをもらえたタイミングで、今回はそちらのチケットを使いました。基本的に利用料金は大人800円、子ども(4才から小学生)100円になるので地味にありがたかったです。

 

動物たちに餌やりをやるどころか……

入場してまず、サル山のゆかいな仲間たちのもとへ足を運びました。

餌の取り合いだったり、じゃれ合いだったり、ケンカだったり、と。おサルコーナーは、これぞザ・縦割り社会というのが垣間見れて相変わらず楽しませてくれます。動物園の業界のなかでは、根っからのパフォーマーとしての立ち位置なんでしょうね。ただ……。

 

おやおや、我が家の殿の表情が段々曇ってきました。先ほどまでの笑顔はなんだったのでしょうか。完全に怖い怖いモードに突入してしまいました。

とりあえずは退散し、お猿はきっと刺激が強かったのかなと思い、今度は優しそうなヤギさんのもとへ足を運びました。

 

この至近距離。距離感が縮まったのかなと思っていましたが、まったく。おサルさん同様に、怖い怖いモードになっていました。1年前までは率先して餌やりをやっていたのに、こうも変化がみられるものなのかなと、複雑な心境でした。

あの頃は、めちゃめちゃ楽しんでやっていたんだけどな……。成長ってそういうもんですかね。

 

入園してまもなくでしたが、とりあえずは動物たちから離れて気持ちを入れ直そうと一回休憩をはさみました。心が整った頃合いを見計らって、再び動物たちのもとへ足を運びました。

 

カメさんに。

 

カモメさんに。

 

インコさんに。

この御三方に対しては、終始、穏やかな表情をみせていました。泣くことや不安な表情を浮かべることはほとんど見られなかったので安心しました。これで餌やりができればもっと最高だったんですけどね。逆にそういう相手ではないほうが殿にとっては落ち着くのかもしれません。

 

動物に対する恐怖心が少しはなくなったのかなと思い、テナガザルのもとへ足を運びました。すると、どうでしょう。

鳴き声が大きくてうるさかったのもありますけど、みるみると表情が曇りはじめてしまいました。驚きというよりも衝撃?絶望?、そんな表情をしていました。これは長く居座るとまずいと思って、すぐさま退散しました。

 

続いて、ゾウさんの周りには多くの入園客で賑わっていました。これほど人気が高いとゾウさんもきっと鼻が高いでしょうね。笑

 

一方こちらは敵対心満々のマンドリルさんです。ただらなぬオーラを放っていました。前回訪れたときは放送禁止に値する行為をしていたので、今回も少し期待をしていましたが、残念ながらそんな気配は一切ありませんでした。

 

こちらワオキツネザルさんは、なんとも可愛らしい姿を写真に収めることができました。殿もほっこり。

 

動物部門では最後の紹介になる、キリンさんです。迫りくる巨体に殿もビビり上がっていました。確かにデカい。きれいなキリンさんだなと思いました。展望台をあがればけっこう近くまで寄ることができます。すごい迫力だろうなー。

 

遊園地や遊具は楽しめました

到津の森公園には、動物だけでなく小さな遊園地で遊ぶこともできます。消防車からの消防車。消防車の乗り継ぎみたいになってしまいました。どんだけ赤い車が好きなんでしょうかね。まったく。

 

小腹が空いてきたところで、持参した弁当を家族みんなで食べました。殿の好みと栄養バランスが考えられた妻ご自慢のスペシャル弁当です。控えめに言っておいしかったです。

外で食べるとまた一段とおいしさも増しますね。

 

食事を済ませた御一行は、機関車トーマスやドクターイエロー、それにアンパンマンの乗り物を見物しに近くまで行きました。

どれもひとりで乗るようなタイプだったので殿にはまだ早く、ほかの子どもたちが乗る姿を見ては羨ましそうにその方向を眺めていました。簡単にいうところ、切なかったです。

 

あんまり長居しててもあれだったので、帰る方向性で歩いていると遊具があったので、一旦足を止めて遊ぶことにしました。

今日イチはしゃぐ殿の姿を見て、悲しいやら嬉しいやら、いろいろと複雑な心境でした。動物が怖くて嫌だったのかな。なんだかんだで遊具で遊ぶのが一番良い年頃なにかもしれませんね。

 

まとめ

こんな感じで到津の森公園を満喫しました。殿は完全に満喫できたかわかりませんが。最後の最後で遊具で遊んで気持ちも高ぶり、楽しんでもらえたのでよかったです。次行くとなると、もう少し殿が成長してからまた足を運びたいと思います。じゃないと、心から楽しめないですからね。

“よし、次はどこへ行こかな。”

 

到津の森公園

  • 場所:福岡県北九州市小倉北区上到津4-1-8
  • 営業時間:9:00 – 17:00(休園日:毎週火曜日)

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK