今観るならこれ!ゾンビ映画おすすめ10選

SPONSORED LINK

「今観るならこれ!ゾンビドラマおすすめ10選」に続いて、今回は僕がいままで観てきたなかでも、おすすめのゾンビ映画を厳選して紹介していくのでぜひチェックしてみてほしい。

ゾンビドラマ10選

10.『感染家族』

公開日:2019年

監 督:イ・ミンジェ

ジャンル:ホラー、コメディー

出演者:キム・ナムギル、チョン・ジェヨン、オム・ジウォン、パク・イナン、チョン・ガラム、イ・スギョン

田舎のガソリンスタンドで暮らすパク一家の前に、突如現れたゾンビを利用してビジネスをしようとするおかしな家族の笑いと感動の物語を描いた作品。

怖さをおしている作風ではなくコメディー要素高めなので、ゾンビ系が苦手な方も気軽に観られる内容となっている。キャベツだけを食べる草食系ゾンビなんかも登場する。ゾンビに噛まれてしまうと老人が若返るという斬新な設定が面白く、そこにビジネスを被せてくるというアホさ加減が笑えてしまう。

物語自体は盛り上がるまでやや時間を要するので、そこをぐっと乗り越えた先から急激に面白くなるので少々の我慢が必要にはなる。

予告編

 

9.『ゾンビランド』

公開日:2009年

監 督:ルーベン・フライシャー

ジャンル:ホラー、コメディー

出演者:ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン

人類の大半がゾンビ化した世界で、生き残るために引きこもり青年らの新たなサバイバルを描いた作品。ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグら豪華俳優陣が共演をした、ある意味贅沢な作品でもある。

神妙になる要素は微塵もなくコメディー色強めで、童貞丸出しで陰気キャラ全開のジェシーアイゼンバーグは笑えるし、垢抜けきれてないギャルのエマストーンの可愛らしい姿が堪能できる。

終始コミカルな展開が続くので、明るいゾンビ映画を観たい方におすすめ。

予告編

 

8.『アイ・アム・レジェンド』

公開日:2007年

監 督:フランシス・ローレンス

ジャンル:SF、ホラー

出演者:ウィル・スミス、サリー・リチャードソン、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、チャーリー・ターハーン

謎のウイルスによって人類がほぼ全滅した世界で、ワクチン開発に挑みながら世界を救おうとする科学者の男と愛犬の物語。別エンディングもあり2度楽しめる作品となっている。作中ではゾンビではなく、ダークシーカーという名の知能をもった化けが登場する。

主人公が超人ではなく一般の男性という設定なので、作品自体がリアルに感じ取れる内容となっている。感染症に対する情報の少なさもあって、孤独感や先行きの見えない不安が上手に演出されているので、ダークな雰囲気の要素は高め。

愛犬のサムがネビルを命がけで守ったあとに、サムがウィルスに感染をしてしまい、悲嘆に暮れながらネビルが自らの手でサムを絞殺するシーンはかなり衝撃的。サムのそばでネビルがボブ・マーリーのThree Little Birdを口ずさむシーンは涙なしでは語れない。

予告編

 

7.『バタリアン』

公開日:1985年

監 督:ダン・オバノン

ジャンル:ホラー、コメディー

出演者:クルー・ギャラガー、ジェームズ・カレン

田舎町で特殊な科学薬品によって甦ってしまったゾンビに襲われる人々の恐怖を描いた作品。コミカルゾンビ映画の先駆けとなった画期的な作品になる。

ゾンビ映画の始祖『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』をパロディ化させたもので、音楽やゾンビの造形、演出のすべてに80年代ホラーがつまっていて、この年代の方にとっては懐かしさでしかない。本作はほかにも、2、リターンズ、4、5とシリーズが製作されている。

予告編

 

6.『アイアムアヒーロー』

公開日:2016年

監 督:佐藤信介

ジャンル:ホラー、アクション

出演者:大泉洋、有村架純、長澤まさみ

大泉洋、有村架純、長澤まさみの共演で実写映画化したパニック・アクション大作。花沢健吾の大ヒット・ゾンビ漫画が原作となっている。

冴えない漫画家アシスタントの男を演じているのは大泉洋で、半分ZQN(ゾキュン)の高校生は有村架純、元看護師は長澤まさみが役柄を務めている。この2人が逃げ惑う姿が可愛いのもありますが、それ以上に大泉洋の演技力の高さは見どころ。

国内作品とは思えないほどのクオリティに、普通にびびる。ゾンビの動きや造形はかなり気持ち悪いので注意が必要。世界に通用する面白さのあるゾンビ映画と言っても過言ではない。

予告編

 

5.『ドーン・オブ・ザ・デッド』

公開日:2015年

監 督:ザック・スナイダー

ジャンル:ホラー、アクション

出演者:サラ・ポーリー、ヴィング・レイムス、メキ・ファイファー

ホラー映画の金字塔となったジョージ・A・ロメロ監督の『ゾンビ』をサラ・ポーリー主演でリメイクした作品。謎の病原体によりゾンビ化した死者に襲われる恐怖を描いている。

とにかくゾンビがものすごい速さで走ってくるので、むちゃくちゃ怖い。それゆえか、走るゾンビ映画の傑作とも言われている。

なにかあったときは巨大モールに逃げ込めばいいってことを学んだのも本作からで。人間の冷徹なシーンも描かれており、ゾンビも怖いけど人間も怖いってことが身に染みてわかる内容となっている。

予告編

 

4.『28日後・・・』

公開日:2002年

監 督:ダニー・ボイル

ジャンル:ホラー、SF

出演者:キリアン・マーフィ、クリストファー・エクルストン

感染病の大流行から28日後の荒廃した世界で、感染を免れた人々が生存を賭けた様を描いたサバイバルホラー作品。

目覚めたときには感染が拡大してて、街が壊滅してるはじまりは『ウォーキング・デッド』も参考にしているのではないかと思うほど完成度は高い。カメラワークや映像も印象的で恐怖を煽る。

全力疾走するゾンビのインパクトが強く蔓延したときの絶望感だったり、噛まれて感染ではなく血液一滴で感染してしまう恐怖感、感染してしまった仲間を殺さなくてはいけない悲壮感が味わえて楽しめる。

予告編

 

3.『新感染 ファイナル・エクスプレス』

公開日:2016年

監 督:ヨン・サンホ

ジャンル:ホラー、アクション

出演者:コン・ユ、チョン・ユミ、マ・ドンソク

高速鉄道車内で未知のウィルスの脅威にさらされた人々の姿を描いたサバイバル・アクション作品。

鉄道という限定的な場所で感染するシーンでは、逃げ惑う人々の様がリアルに描かれているのでパニック感がハンパない。ドアを閉める瞬間は、まぢで緊張感の連続だった。

極限状態で愛する者を守る父の姿に泣かされてしまったひとりでもある。物語を通して保身に走っていた主人公も最後には人を助ける優しさをもつようになり、成長していく過程は見どころ。

予告編

 

2.『ワールド・ウォーZ』

公開日:2013年

監 督:マーク・フォースター

ジャンル:ホラー、アクション

出演者:ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、ダニエラ・ケルテス、ジェームズ・バッジ・デール、ファナ・モコエナ

予告編を見てわかる通り、冒頭の展開が衝撃的。なにが起きたのかさえわからない状態で、逃げ惑う人々がいて、叫び声が轟いて、もうなにがなんだかわからないパニック全開で突き進むはじまりが、まぢで最高。ハラハラ・ドキドキさせられた。

その後ブラピ演じる主人公が、ウイルスの感染拡大を防ぐべく世界中を駆けめぐる様が描かれている。

作中、次々とゾンビの大群が押し寄せてくるシーンでは、世界の終末観があってもはや恐怖を超えて絶望が感じられるところは見どころ。ややド派手な演出ではありましたが、迫力があって楽しめる内容となっている。

予告編

 

1.『REC/レック』

公開日:2007年

監 督:ジャウマ・バラゲロ

ジャンル:ホラー、スリラー

出演者:マヌエラ・ベラスコ、フェラン・テラッサ、ホルヘ・ヤマン・セラーノ、カルロス・ラサルテ、パブロ・ロッソ

スペイン発の主観映像撮影によるパニック・ホラー作品。主人公の女性レポーターが取材中に感染症騒ぎが起こってしまい、アパートに閉じ込められてしまった撮影クルーと消防士や警察官、住民たちの末路が描かれている。

恐怖に怯えた叫び声、逃げ惑うときの映像のブレ、役者の表情の、このどれもが終始緊張感を抱かせるので、観終えた頃にはどっと疲れてしまう。閉鎖されたアパートの中という限定的な場所で、情報が一切わからず外から検疫官が来るシーンでは未知の恐怖に怯えてしまった。

独特の主観映像が恐怖を煽ってくるので、いくら電気を明るくして観ても怖いものは、怖い。突然襲ってくるゾンビの恐怖から目を背けたくなるほど、まぢで心臓に悪い。

特に最上階の部屋で起こるできごとでは、ビデオを暗視カメラに切り替えた途端に映し出された化け物の姿が、10年以上経った今でもその映像が頭から離れない。まぢで恐怖でしかないので、個人的には1番おすすめしたい作品になる。

予告編

 

まとめ

いかがでしたか。気になる作品はありましたか。今回紹介した作品は、コメディー色の強いものから、THEゾンビ映画的なもの(スプラッター)や現代に反映されたものを選んでみた。

コミカルな作品が観たい方は、『感染家族』『ゾンビランド』『バタリアン』がおすすめ。ゾンビの迫り来る恐怖や不安を味わいたい方は、『アイ・アム・レジェンド』『アイアムアヒーロー』『ドーン・オブ・ザ・デッド』『28日後・・・』『新感染 ファイナル・エクスプレス』『ワールド・ウォーZ』がおすすめ。遊園地のお化け屋敷みたいな恐怖感を味わいたい方は、『REC/レック』がおすすめ。どの作品も面白く、ほかの人におすすめしたくなるようなものばかりですので、気になる映画があればぜひ鑑賞していただけたらと思う。

 

カテゴリー一覧
CATEGORY