『セックスエディケーション〈シーズン1〉』エロいだけがすべてではなかった学び多き作品

SPONSORED LINK

”これはある意味、問題作?”

Netflixの数ある作品のなかでも、ただひとつ、ただひとつ、作品のパッケージにモザイク処理(本編ではされていませんでした)が施されていようとは。これでは世の男性に観てほしいと言わんばかりにダイレクトすぎて、迷いなく再生ボタンを押してしまいました。

ボクもいちを男性ではありますので、罠とわかっていても興味関心が上回ってしまうものです。

あー、観てよかったなー。冗談抜きで面白いですよ、このドラマ。

予告編

Netflix

 

作品情報

主なキャスト

エイサ・バターフィールド(オーティス)

ジリアン・アンダーソン(ジーン)

エマ・マッキー(メイヴ)

Ncuti Gatwa(エリック)

ケダル・ウィリアムズ・スターリング(ジャクソン)

コナー・スウィンデルズ(アダム)

エピソード

全8話(シーズン1)

作品説明

1月11日に配信が開始されたNetflix初となるイギリスのティーンドラマ『セックス・エデュケーション』。10代が持つ性の悩みや、同性愛、中絶、親子関係など、様々な問題を抱えるキャラクターたちの成長を描いた作品。全米評価サイトRotten Tomatoesでは90パーセント、米大手レビューサイトIMDbでは星8.6の高スコアをマークしている。

 

あらすじ

セックス・セラピストの母親を持つ、男子高校生のオーティス。性に対してオープンな家庭に育ったことがメンタルに影響し、自分はマスターベーションすらできない。童貞だが知識だけは豊富なオーティスは、ひょんなことから同じ高校のいじめっ子に性のアドバイスし、見事に悩みを解決する。そんなオーティスの意外な才能を知った 学校1クールな女子メイヴは、彼に生徒たちを対象にした「セックス・セラピー」というビジネスの話を持ち掛ける。

引用:海外ドラマboard

 

感想

エロ目的でも笑い目的でも教育目的でもなんでも楽しめる作品

性に悩む青年のベッドシーンだとか、野外や車内で性行為に至るシーンだとか……。日夜繰り広げられる母の営みに苦悩する青年の姿なども確認されます。

まあ、とにかく、性に関することを題材にした教育ドラマになります。タイトルのエデュケーションは、日本語に訳すと「教育」になりますので。

エロいシーンはてんこ盛り。ですけど、これがどちらかと言えば、学びや笑いに変わるような内容も多く、変な意味としてではなく普通に楽しめました。

性行為で大概は女性がイクフリとかするんですけど、ドラマでは男性がイクフリをするという展開もあって。その男性はどのようにしてその悩みを解決したのか、その辺が描かれています。いろいろ新しい発見があって変に知識も増えるので、まるで保健体育の授業を受けているみたいな気がおきます。

いや、これ、本当に勉強になりますから、エロ目的以外でもいい学びになります。

 

高校生の性のセラピストから学べることが多くて、しかも大きい

悪いなー、賢いなー、メイヴは。

主人公じゃないよ。主人公オーティスのビジネスパートナーとでもいいましょうか。

セラピストの母をもつオーティスは、経験もないのに性に関しての知識が豊富な高校生。性の悩みをもつ青年の手助けをしてしまったのをきっかけに、ちょいワル女のメイヴによって若干無理に彼女のビジネスに巻き込まれてしまいます。

高校生活を静かに過ごしたいオーティスにとっては、どんどん被害が広がっていくことの不安のほうが大きくて。それでも親身に相手の話を傾聴し、適切なアドバイスを送る姿はセラピストとして、人間として、男としての成長が感じられて、いろいろと変化があって面白いです。

患者がもつ悩みの種類も様々で、オーティスがどのようにして性の悩みの手助けをしていくのか、コミュニケーションを学ぶ意味でもかなり勉強になると思います。

 

オーティスの脇を固める個性派キャラが見るからに面白い

といっても、友達と呼べそうな人物はたったひとりとは思いますけど。

たぶん……いや、見るからにゲイの要素が全面に溢れていて、テンションの上がり下がりが顔にすぐ出て、わかりやすくてなかなか面白いキャラクターです。

そんなオーティスの唯一の友達でもある名前はエリックです。

性格は明るいのですが、時々、いじめの対象になることもあって、彼は彼なりに悩む姿に考えさせられたりします。

いつも明るく振舞っている人間が、「私は男が好き」とも言えない相手がいて、ゲイゆえに生きづらさの部分が描かれていて、心にグッときて泣けてきました。ボクはゲイではありませんが、人として共感できるところはたくさんありました。

胸を張って生きたいのにそれができない苦しみだとか……。

登場人物一人ひとりが抱える問題を一緒に解決していきながら観るのも、全然ありだと思います。てか、そういう風に観ると面白味も増してくると思います。

 

さいごに

『Titans/タイタンズ 〈シーズン1〉』を観終わったあとに『YOU ー君がすべてー〈シーズン1〉』の続きを観るつもりが、『セックスエディケーション〈シーズン1〉』の誘惑にまんまと引っかかり、そしてまんまとハマってしまいました。

シーズン1を全部観終えていないので、これからいっときは楽しいひと時を過ごすことができそうです。

 

Netflix

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK