映画『億男』お金とか、幸せとか、人生について学べる作品

SPONSORED LINK


 

上映時間116分
製作国日本
監督大友 啓史
原作川村 元気
音楽「話がしたいよ」BUMP OF CHICKEN
配給東宝
公開日2018年
主な出演者佐藤健(一男)
高橋 一生(九十九)
沢尻エリカ(十和子)
藤原竜也(千住)
北村一輝(百瀬)
池田エライザ(あきら)
黒木華(万佐子)
総合評価
『億男』:

 

3億円の宝くじに当選したのをきっかけにお金というものや幸せについて、九十九を含めた億男4人から破天荒に諭されてしまう、主人公・一男の物語。

原作を読んでいると、あっけなさが完全に目立つ作品でした。毎回思いますがダメですね、原作を読んだあとに映画を観る行為というのは。登場人物が胡散臭くて見てるだけでイタイ存在でした。

特に億男の4人は完全にアウトでした。胡散臭いにもほどがありますよ。あれは。

百瀬のしゃべり方がいちいち癇に障って釈然としませんでしたし、千住のセミナーの内容だって、どっからどうみても「えっ、詐欺?」とゲスかったです。それに、十和子はなぜかめんどくさいことやっていました。

感想では、ほとんど3人の文句しか言っていません。

唯一、億男のなかでましだったのは九十九ぐらいで、まあ、作品自体のメッセージ性に対しては得られるものがありましたが、それ以外はうーんといった感じでした。

原作は面白いんですけどね……残念。

あらすじ

兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。妻・万左子(黒木華)は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円!これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり・・・。怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた──

引用:映画『億男』公式サイト

 

感想

とにかく億男3人がひどい有様、まずは百瀬から

世の中良いこともあれば悪いこともあるといった典型的なパターンをある意味再現してしまっている本作。本作が悪いと思うのは、良い部分と比べて悪い部分が目立ってしまっているってことです。しかもあからさまに。

なんですか、あの百瀬の態度、そして口調、さらに髪型も。気持ち悪いの極みでした。大体、体型的にも北村一輝をキャスティングするのは間違っていると思いますけど。

「仮装パーティーかなにかやっているのでしょうか?」と言わんばかりに不自然さしか映像には映っていませんし。

だいぶ原作のイメージとはかけ離れたキャラ設定で、もっと豪快で声が大きくて(騒がしいとはまた話は別問題です)がっしりした体型の人物かと思っていましたけど、実際映画の百瀬はただのロン毛のデブでした。

悪いですが、それしか言葉にしていうことができません。

 

続いて千住

ただのホラ吹き野郎でした。まあ、確かに彼の言わんとすることはわかりますが、それ詐欺、詐欺ですからね。

そう思った一男も千住に対して心が傷まないのか、どうのこうの言っていましたし。それに対する返答はけっして神対応とは言えませんでした。屁理屈だから、それ。

安心をお金で買っているというけど、そのこと自体は文句ありません。だって価値を感じてお金を支払うのはその人自身の自由だと思うから。ただやり方が汚いというだけで、えせセミナー講師にもほどがありました。

でも悲しいことに、そういうのに引っかかってしまう人はこの世の中にはたくさんいるということを。少しでもなにかにすがりたいと思うなら、宗教かなにかに入ったほうが有意義なんじゃないかと思いますけどね。

 

さいごは十和子さま

相変わらず美人なのは認めます。正直、実際こんな美人を目の前にしてしまえば不満のひとつも感じることはありませんし、とてもじゃありませんが文句なんて言えません。

「別に」とか冷たい態度をとられてしまったあかつきにはむしろ傷つくのはこちら側ですから、きっと立ち直るのに時間がかかってしまいます。

部屋の壁一面にお金を隠している行為については、見たのはNetflixで観た映画『トリプル・フロンティア』以来です。だからお前はどこぞのマフィアかとツッコを入れたいところですが、ここはぐっと堪えることに専念しました。

お金のことになると十和子さんがときまた見せる悪そうな含み笑い、あれ、素なんじゃないかと思いました。出てる、出てる、私情が出てますよー。

 

最も○ ○で賞

出演者のなかから、個人的に目に留まった人物を勝手にピックアップしてかっこいいで賞&美しいで賞という名目で表彰しています。表彰の基準は様々で、見た目だけでなく役柄も重要視した上での判断となります。

 

最もかっこいいで賞

お金に対するというか、人生そのものについて悟りの境地を開いているなと感じた人物で、高橋一生が演じた九十九を選びました。顔だけでいうなら一男の佐藤健になりますが。

余計なひと言は置いといて、九十九という人物はただただすごいのひと言。だって今でいうメルカリみたいなものを中心となって立ち上げて。

それも起業しようと思ったのが旅行先というから、なにかムーブメントを起こす人っていうのは型にはまらないというか、特殊というか、普通じゃありませんよね。

実際九十九という人物は、普段話すときはどもってしまうけれども、落語となると人が変わってしまったかのようにすらすらと言葉を発しますし。

しかも面白いことを次々とやってのけて、お客さんを楽しませているところを見てると、落語でもすごい活躍ぶりで。もうね、天才ですわこの方。

かっこいいとかの次元を超えて、リスペクトかな。

 

最も美しいで賞

好みの問題ではありますが、迷ったのは沢尻エリカと池田エライザの二大美女勢力だけで。でもこの場合部門でいうならルックスで、性格重視なら黒木華演じた万佐子も捨てがたい気もします。

ただやっぱり、ここはルックス重視で池田エライザを選びました。普通にスタイル抜群で可愛いと思いますし。

最近、映画にドラマによく見かける女優さんのひとりで、同じ福岡県育ちともあり頑張ってほしいと微力ながら応援しています。ほんと、ここ最近ですけど。

本作では出演シーンこそ少ないですが、一男と億男らを繋ぐ重要な人物を演じていました。素性はわかりませんでしたけど。

こんな可愛い人に一体どんなところへ行ったら出会えるのか、ほんと知りたいぐらいです。

やっぱ、パーティーとかかな。

 

さいごに

原作を読んでても読んでいなくても、お金や幸せや人生についてある一定のことは考えさせられる内容となっています。あとは面白いか面白くないかの話だけで。

映画を観たあとに原作を読んだほうが、100%いいかなと思います。むしろ映画は観なくても、原作は読んだほうが価値観が変わって良い学びになると思います。