まさかあの有名女優が!?ヌードを解禁した日本人女優30人

SPONSORED LINK

日本で活躍している女優で、ヌードを解禁した方を紹介しています。30人と長丁場ではありますが、どうぞ最後までお付き合いください。

なお、1番最後には、「えっ!?まぢ?こんな方が?」ある意味名前と年齢を聞いてビビり上がる?場合によっては気分を害してしまうかもしれませんが、ご愛嬌と思ってそちらも合わせて楽しんでみてください。

ヌードを解禁した有名女優30人を紹介

沢尻エリカ

『ヘルタースケルター』と『人間失格太宰治と3人の女たち』でヌードを解禁。

『ヘルタースケルター』では、お相手は窪塚 洋介と。シュチュエーションは楽屋。訪ねてきた彼氏(窪塚洋介)とやることやりかまします。それも寺島しのぶ演じるマネージャー達がいる場関係なく。容赦なく、鏡越しに何度も立ちバックで突くので見てると自然と興奮の領域へ達する。
エリカ様のピンク色の乳首と美乳&激しい濡れ場シーンに、思わず視聴者ともども天に召されてしまう。間違いない。一時期どやってたのをペイにできるくらい、その美しさは本物。得るものはでかい。

『人間失格太宰治と3人の女たち』では、お相手は小栗旬と。メインで体を張っているわけではないけれども、様々な体位やシチュエーションで行われる濡れ場シーンはプチ興奮レベル。
この作品においてやっぱ一番のメインは二階堂ふみになる。露出度低めですが、あと宮沢りえもやることやるので、言うならば3度美味しいことになる。好みの女優やシュチュエーションを見つけるのにうってつけ。

ヌード解禁の映画作品

■ ヘルタースケルター(2012年)

■ 人間失格太宰治と3人の女たち(2019年)

吉高由里子

『蛇にピアス』でヌードを解禁。

お相手は、高良健吾と井浦 新のお二方。ひとりは健全な行為を実施。もうひとりは、手首を紐で縛ったり首を絞めたりと緊縛プレイを実施。
あまりのサディスティックさに、興奮する一方で見るに耐えない気持ちにもなる。この異常なまでの性癖を理解できない人にとっては、やや苦痛に感じてしまうかもしれない。むしろ、理解しようとするほうが難しいように思う。
想像よりも吉高由里子の胸は小さめですが、彼女のヌードが見られるだけでもありがたいと思うべき。

ヌード解禁の映画作品

■ 蛇にピアス(2008年)

蒼井優

『彼女がその名を知らない鳥たち』、『人のセックスを笑うな』、『雷桜』でヌードを解禁。

『彼女がその名を知らない鳥たち』では、お相手は竹野内豊と阿部サダヲと松坂桃李の三銃士。
竹内豊とは元カレといったシュチュエーションで、唾を飲み込んでしまうほど激しく乱れる。阿部サダヲとはマッサージ中で、いかにもAVにありがちなシュチュエーションで下着を脱がされて愛撫にいたる。松坂桃李とは健全なラブホテルのシュチュエーションで、ディーブな接吻や女性のアンダーゾーンを舐め回す濃厚な濡れ場シーンとなっている。
結論、蒼井優のあえぎ声や感じ方がどれもエロい。

『人のセックスを笑うな』では、お相手は松山ケンイチと。濡れ場の濃密度や長さは少々軽め。あともうちょっとでいいところなのに、途中で終わってしまうのでがっかりなポイント。寸止め的な屈辱を味わう。
だけど、蒼井優が積極的に松山ケンイチの上にのって仕掛けようとするシーンは興奮を誘うので、それで良しとしたい。

『雷桜』では、お相手は岡田将生と。大胆なヌードのお披露目はないものの、脱ぎっぷりは潔い。美乳が醸し出される姿は非常にエロくて、ムーディーな雰囲気のなか興奮度は高い。
元気な役柄と濡れ場のギャップがあるので、その緩急がたまらなくいい。

ヌード解禁の映画作品

■ 彼女がその名を知らない鳥たち(2017年)

■ 人のセックスを笑うな(2007年)

■ 雷桜(2010年)

門脇麦

『愛の渦』と『二重生活』でヌードを解禁。

『愛の渦』では、お相手は池松壮亮と。とにかくヤリまくる映画。なんなら18分以外ほとんど全キャストによる濡れ場シーンのオンパレードなので、AVにドラマの要素をくっつけたらこうなった感じ。
乳首は基本丸出しで、本当にピットインしているかのようなシーンもある。刺激はかなり強め。

『二重生活』では、お相手は菅田将暉と。わあわあ言うほどのヌード感はない。シュチュエーションは寝起きで行為にいたるといった、生活感あふれるカップルにありがちな場面がリアルに描かれている。
ゴムの場所までしっかりと把握している描写があるところとかは、監督のこだわりが感じられる。露出は少なめですが、ところどころに興奮ポイントがあるので観て損はない。

ヌード解禁の映画作品

■ 愛の渦(2014年)

■ 二重生活(2016年)

市川由衣

『海を感じる時』でヌードを解禁。

お相手は池松壮亮と。まず、ジャケットがすべてのエロを物語っている。市川由依も池松壮亮も裸体を醸し出しているといった点で、エロ確定。
そして極め付けは、高校生といった設定でありながら身体の重ね方がエロい。初々しくてエロすぎる。むさぼるように性への欲求を解消していく姿は、まさに絶景の極み。ナイスです。

ヌード解禁の映画作品

■ 海を感じる時(2014年)

二階堂ふみ

『人間失格太宰治と3人の女たち』、『私の男』、『リバーズ・エッジ』でヌードを解禁。

『人間失格太宰治と3人の女たち』では、お相手は小栗旬と。この作品では有名女優御三方が登場しますが、そのなかでも最大のポイントと言われているのが二階堂ふみの濡れ場シーン。その理由として挙げられるのは、パイが丸出しになっているところ。唯一、彼女だけがヌードをお披露目している。

『私の男』では、お相手は浅野忠信と。なんと、この作品、シュチュエーションが、禁断の近親相姦プレイという過激な内容となっている。ゆえに興奮度は高めと思いがちですが、全然思っていたんと違う。濡れ場は少ないですし、それになんといっても短い。
早漏とちゃいます。ただ単に、映像時間として短いわけで。まぁ、二階堂ふみが18歳になるのを待って撮影された初めての濡れ場作品なので、初々しさを堪能できるといった点では魅力が感じられる。

『リバーズ・エッジ』では、お相手は上杉柊平と。愛し合うといった類のものではなくて、男性の一方通行による一方通行のための行為が繰り広げられる。ゲスの極みとまではいかない。興奮度は若干低め。
ただし、二階堂ふみの裸体を拝むことができるといった面を考えると、お得感のある作品となっている。

ヌード解禁の映画作品

■ 人間失格太宰治と3人の女たち(2019年)

■ 私の男(2014年)

■ リバーズ・エッジ(2018年)

宮沢りえ

『人間失格太宰治と3人の女たち』、『紙の月』、『阿修羅城の瞳』でヌードを解禁。

『人間失格太宰治と3人の女たち』では、お相手は小栗旬と。露出は低めですが、シュチュエーションが玄関先で、なおかつ大人の女性としての魅力が存分にもれにもれているので、たまらなく興奮度は高い。
健気な姿と濡れ場とのギャップに、間違いなくしてやられる。

『紙の月』では、お相手は池松壮亮と。まず大学生と平凡な主婦の不倫劇といったシュチュエーションがやばい。行為に及ぶ場所はラブホ。
電車のなかで出会って、ぎゅっんときて、それからラブホになだれ込んで、激しく愛し合って……。人妻が欲望に溺れていく色気ムンムンの姿がエロくて、それでいてあえぎ声がプラスされますから、もう、たまらんですばい。

『阿修羅城の瞳』では、お相手は松本幸四郎と。惹かれあってはいけない二人が恋に落ち愛し合うといった禁断のシュチュエーション、かつ官能的な姿が最高にエロい。
美しい背中があらわになるところは一番の見どころ。細身なのに胸の大きさがわかるようなアングルで撮られているので、ただただ妄想だけが膨らんでしまう。感じている表情は色っぽく、加えてあえぎ声が観る者の興奮をあおる。

ヌード解禁の映画作品

■ 人間失格太宰治と3人の女たち(2019年)

■ 紙の月(2014年)

■ 阿修羅城の瞳(2005年)

安達祐実

『花宵道中』でヌードを解禁。

お相手は津田寛治と。禁断の恋の物語が描かれていて、オールヌードでの濡れ場は最高の興奮をもたらしてくれる。
なかでも好きな人の目の前で行為に及ぶシーンは普通にやばい。後ろからピットインされてしまうので、切ない表情とは裏腹にあえぎ声が非常にエロくて興奮を誘う。
その一方で好きな人との行為も描かれている。危険な状況のなか繰り広げられるので、いつも以上に役者たちの興奮しているのが伝わってくる。童顔からは想像できないくらい身体のスタイルが抜群。つか、絶景です。

ヌード解禁の映画作品

■ 花宵道中(2014年)

水野美紀

『恋の罪』でヌードを解禁。

お相手は、誰なのか不明。夫の後輩と不倫をしている刑事といった設定にはなっている。つまり、あかんやつ。
驚くのは、いきなり水野美紀が後ろから突かれるシーンからはじまるので、なかなかの衝撃だってこと。動きといい、息遣いがエロい。エロが漏れている。
この作品では、同じく神楽坂恵がヌード及び濡れ場をお披露目している。衝撃度はさほどありませんが、どちらかといえばこっちのほうがエロい。豊満なパイに感激。

ヌード解禁の映画作品

■ 恋の罪(2011年)

池脇千鶴

『そこのみにて光輝く』、『ジョゼと虎と魚たち』でヌードを解禁。

『そこのみにて光輝く』では、お相手は綾野剛と。薄暗い雰囲気のなか乳は吸われるわ、首や胸元も吸われるわで、エロい濡れ場が炸裂している。つか、乳立っているし、これ絶対綾野剛も立っているとみた。
とにかくお互いが激しく絡み合うので、興奮度も高め。さらにお互いが面と向きあってフュージョンするシーンは、あえぎ声とともにやることなすことすべてリアルすぎて、「これ本番やってる?」と思いたくなるほどの迫力。

『ジョゼと虎と魚たち』では、お相手は妻夫木聡と。濃厚、濃密、そしてベロチューが炸裂する。激しく絡み合い、そしてややピンクに近い乳を醸し出す姿が、これがまたエロい。
抱きにいった妻夫木聡は正常な反応だと思った。目の前で大胆に脱がれてしまったら誰だって懐へダイブをしてしまう。

ヌード解禁の映画作品

■ そこのみにて光輝く(2014年)

■ ジョゼと虎と魚たち(2003年)

黒木瞳

『失楽園』、『東京タワー』でヌードを解禁。

『失楽園』では、お相手は役所広司と。ヌードが堪能できる。いや、それどころか、体を舐め回すような愛撫シーンや舌をしっかりと絡め合うディープシーンなど、過激な濡れ場はAVレベルに匹敵するといっても過言ではない。
いけない関係だとわかってても愛し合うたびに二人の関係性は盛り上がっていき、本能にままに感情がたぶらかされていくさまは観る側を夢の世界へといざなう。ストーリーよし、色気よし、エロよし。そそり立つものを感じてほしい。

『東京タワー』では、お相手は岡田准一と。設定がゲスい。だって、不倫関係で成り立っているから。けど、ダメだっとわかっていても欲望がかきたてられるところは興奮度高め。
ヌードのお披露目はなく、濡れ場もややマイルド。過激度で言えば、寺島しのぶと松本潤の濡れ場のほうが激しい。人間の生々しさよりも美しさが優先された作品となっている。

ヌード解禁の映画作品

■ 失楽園(1997年)

■ 東京タワー(2005年)

菅野美穂

『さくらん』でヌードを解禁。

お相手は誰なのか不明。おいらん衣装がセクシーさを際立てていて、コスプレ姿の菅野美穂の行為が拝めてしまうありがたい作品。
子供に覗かれながらも客の上に乗り腰を振る舞う姿がめちゃくちゃエロい。そのあと子供に向ける笑顔が不気味なんだけど、こちらも思わずニヤけてしまうほどの輝きを放っていた。
時間的にはあっという間ですが、ある意味生々しい濡れ場よりも想像を掻き立てられる、そんな楽しみ方を提供してくれる。

ヌード解禁の映画作品

■ さくらん(2007年)

宮地真緒

『失恋殺人』でヌードを解禁。

お相手は大浦龍宇一と。1番のポイントは、宮地真緒のフルヌードが拝めてしまうところ。シュチュエーションは診察室という、AVにありがちな場面で繰り広げられる。
ベロチューはもちろんのこと、とにかく身体がエロい。きれいな形の胸をしていて、理想系に近い。世の女性が羨んでもおかしくない。それくらい魅力的。
感じてる顔やあえぎ声がいやらしくて、観る者を興奮の世界へといざなってくれる。

ヌード解禁の映画作品

■ 失恋殺人(2010年)

真木よう子

『さよなら渓谷』、『ベロニカは死ぬことにした』でヌードを解禁。

『さよなら渓谷』では、お相手は大西信満と。2回の濡れ場シーンがある。シュチュエーションは薄暗いアパートの一室となっている。
乳首を拝むことはできませんが、あえぎ声や感じている動きがとにかくエロい。パンティを自ら脱ぎ捨て積極的に攻めるわ、対面座位で激しく動き回るわで、かなり興奮を誘う内容となっている。

『ベロニカは死ぬことにした』では、お相手はイ・ワンと。真木よう子の初ヌード作品。抱かれるというよりかは、「これでもか!」というくらい自慰行為を見せつけられる。
これがたまらなくエロい。それでいて魅了されてしまう。巨乳だし。いろんな意味で彼女を見る目が変わってしまうのは間違いない。

ヌード解禁の映画作品

■ さよなら渓谷(2013年)

■ ベロニカは死ぬことにした(2005年)

鈴木杏

『軽蔑』でヌードを解禁。

お相手は高良健吾と。2人の役柄的に、シチュエーションはちょっと特殊な設定となっている。賭博に明け暮れた荒くれ者と踊り子のラブストーリー仕立てとなっているので、現実味は感じられにくい。
そんななか、ベッドシーンは2回ある。1回目はお股をおっぴろげするシーンで、2回目は馬乗りが発動する。さほど胸は大きくはないものの、腰の振り方がエロい。清純派女優のヌードが拝める価値ある作品。

ヌード解禁の映画作品

■ 軽蔑(2011年)

尾野真千子

『真幸くあらば』でヌードを解禁。

お相手は久保田将至となっていますが、直接的な絡みはない。故に、究極の自慰行為が描かれている。愛し合う想いを持て余すことなく表現しているので、単純なエロスといった類のものではなく官能的な部分が含まれている。
1番のポイントは、とにかく尾野真千子の裸体がエロいってこと。巨乳やし、乳首が立ってて、濡れ場はやや物足りないですがその点だけは超魅力的。

ヌード解禁の映画作品

■ 真幸くあらば(2009年)

星野真里

『さよならみどりちゃん』でヌードを解禁。

お相手は西島 秀俊と。シチュエーションは、片想いをしているOLがカフェ店員に抱かれるといった設定になっている。
当時、清純派を売りにしていた彼女のオールヌードが見られる作品としてはかなり貴重なものとなっている。激しい絡みはないものの、初々しい姿や妖艶なあえぎ声が興奮を誘う。
パンティーを脱がされたり、自慰行為を要求されたり、ほかにも興奮するポイントが含まれている。

ヌード解禁の映画作品

■ さよならみどりちゃん(2005年)

長澤まさみ

『嘘を愛する女』でヌードを解禁。

お相手は高橋一生と。シュチュエーションは回想シーンにて、長澤まさみと高橋一生がやりかます……とまではいかないものの、恋人同士の生々しいベッドシーンが描かれている。
高橋一生の責めに反応する長澤まさみがエロい。また、彼女が言い放つ大胆なセリフもエロくて興奮を誘う。耳元を舐められ、もらす吐息が真面目に五感に刺さってしまうので、露出は高くなくても、それだけで観る者のなにかしらの感情に働きかける彼女の魅力は本当にすごいって思う。

ヌード解禁の映画作品

■ 嘘を愛する女(2018年)

夏帆

『ピンクとグレー』でヌードを解禁。

お相手は中島裕翔と菅田将暉の2人。残念ながら3Pではない。期待には応えてはくれない。純粋にそれぞれがやることをやってしまう。
濃厚なディープからはじまり、面と向き合ってからの合体技を繰り広げるので、露出が少ないぶん妄想でカバーができてしまう濡れ場となっている。
その一方で、夏帆のあぎ声はエロい。演技とは思えないほど感じているので、刺激はかなりのもの。大胆に足を広げて行為を行うシーンとかも、まぢでやばい。すまん、見惚れる。

ヌード解禁の映画作品

■ ピンクとグレー(2015年)

有村架純

『ナラタージュ』でヌードを解禁。

お相手は坂口健太郎と松本潤の2人。まず、元教え子と高校教師が恋に落ちるというストーリーが、この時点でなんだかエロい。しかも生徒役が有村架純なので、妄想が絶頂を超える。考えただけで、えげつない。反則。
キャミソールがめくられて下着姿になるだけでも、いちいち反応してしまう。あえぎ声なんてものは、もってのほか。最高の極み。妄想に妄想を重ねて楽しむ醍醐味がこの作品にはある。
有村架純の濡れ場は一生に一度しかないと思われる。ゆえに大変貴重なので観る価値しか感じねー。

ヌード解禁の映画作品

■ ナラタージュ(2017年)

清野菜名

『TOKYO TRIBE』でヌードを解禁。

お相手は鈴木亮平と言いたいですが、直接的なベッドシーンはございません。ナイフで下着を切られて肌があらわになる、といった、ただ単にヌードをお披露目しただけみたいな……。
期待はずれもいいとこですが、清野菜名が脱いだといった点だけを見れば価値ある作品なのかなー、と。とは言っても、お色気シーンはピンク一色なのでエロスは十分感じられる。

ヌード解禁の映画作品

■ TOKYO TRIBE(2014年)

高岡早紀

『フィーメイル』でヌードを解禁。

お相手は近藤公園と。とにかくエロい。この言葉に尽きる。高岡早紀の巨乳が拝めてしまうのはありがたいですし、なにより艶やかな彼女の姿に興奮せずにはいられない。どうしてこんなにも色気があるのか、不思議なくらい彼女の魅力にハマる。
キスによる絡み、あえぎ声、立ちバック、このどれもが重なったとき、絶頂への道に誘われてしまう。

ヌード解禁の映画作品

■ フィーメイル(2005年)

映画を今すぐ観る

橋本マナミ

『光』でヌードを解禁。

お相手は瑛太と。シュチュエーションはボロアパートの一室にて、過激な行為が繰り広げられる。瑛太に対する乳首舐めが炸裂するシーンでは、献身的な姿にぐっとくる。
その一方で、お返しとばかりに足や下半身を舐め回されてしまう。バックから乱暴に突かれあえぐ姿は、かなり生々しく興奮を誘うシーンとなっている。

ヌード解禁の映画作品

■ 光(2017年)

安藤サクラ

『白河夜船』、『万引き家族』でヌードを解禁。

『白河夜船』では、お相手は井浦新と。シュチュエーションはホテルの一室にて。けしてタイプではないけれども、対面座位での合体シーンはエロかった。感じている表情が興奮を誘う。
それと真正面からも合体する。入れるシーンがしっかりと描かれているので、こちらもやばい。ほとんどの時間、裸になっているので、ストーリーが頭に入ってこない不思議な現象が起こってしまう。

『万引き家族』では、お相手はリリー・フランキーと。おいしそうなソーメンを食べたあと、行為にはしる。食欲のあとに性欲を満たすという、セオリー通りの人間の欲求が描かれている。これをごく自然な流れと捉えていいのかは、迷った。
どこにでもあるような夫婦の愛のはぐくみを見せつけられるので、なんとも言えない気持ちになる。色気で言うなら断然、松岡茉優のほうがあるので、そちらに目がいってしまう。

ヌード解禁の映画作品

■ 白河夜船(2015年)

■ 万引き家族(2018年)

冨手麻妙

『アンチポルノ』でヌードを解禁。

お相手はいない。つまり直接的なベッドシーンはない。お披露目しているのは、上から下まで全部見えのオールヌードとなっている。
美乳だし、胸はでかいわで、体がとにかくエロい。Eカップによる魅力が全面的に溢れているので、この破壊力をぜひ見て感じとっていただきたい。

ヌード解禁の映画作品

■ アンチポルノ(2016年)

伊藤美咲

『海猫』でヌードを解禁。

お相手は中村トオルと。伊藤美咲が初ヌードに挑戦した作品。義理の弟と禁断の行為にいたるシュチュエーションが興奮を誘う。
汗だくになりながらも、シーン自体は大人の色気がある上品さを感じさせるエロさがある。無理やり服を脱がされ押し倒される濡れ場もあって、過激度は高い。嫌がる表情も生々しくてかなり新鮮。

ヌード解禁の映画作品

■ 海猫(2004年)

多部未華子

『ピース オブ ケイク』でヌードを解禁。

お相手は綾野剛と。菅田将暉とはベロチューを繰り広げる。タイプの女優さんではないものの、思いのほかイケる。絡みも体もエロい。ピンクのブラジャーがエロさを割増している。
しかも胸を揉まれながら舐められるので、感じている姿に興奮をしてしまう。残念ながらオールヌードはありませんが、背中ヌードはお披露目している。

ヌード解禁の映画作品

■ ピース オブ ケイク(2015年)

黒谷友香

『TANNKA 短歌』でヌードを解禁。

お相手は黄川田将也と。美しいヌードをお披露目している。それに加えて濃厚な合体シーンが、これでもかというぐらいに炸裂している。
たとえば、年下の男性と激しく絡んだ後、もう一度お願いされて行為にいたる。仕事中にせがまれて行為にいたる。酔っ払い状態で喪服のまま行為にいたる。お互いに乗り気がしないときでも行為にいたる。
ざっと挙げただけでもこれくらいある。毎回あえぎ声も表情もやばい。ほんまにセクシーなので見てほしい。色気しか感じないので見応えは十分にある。

ヌード解禁の映画作品

■ TANNKA 短歌(2006年)

水原希子

『彼女』でヌードを解禁。

お相手はさとうほなみ(ゲスの極み乙女のメンバー)と。もうひとり、新納慎也と過激なベッドシーンを繰り広げる。さとうほなみは女性なのでレズ行為にあたる。しかし、これが、かなり興奮要素高めで、レズだけどエロい。イケる。なんなら間に入りたいぐらいある。
エンドロールでの濡れ場は100%リピ確定。それくらい気持ちを奮い立たせるものがある。新納慎也とはホテルでやっちゃう。親友の仇という名の名目でやっちゃうので、エロいけどおぞましい展開へと発展する。大事なのはそこではないけど、エログロい。つまり、水原希子はまぢですごいってこと。

ヌード解禁の映画作品

■ 彼女(2021年)

浅田美代子

『エリカ38』でヌードを解禁。

お相手は平岳大と。当時63歳でありながら勇猛果敢にベッドシーンへ挑戦した彼女の意欲作となる。63歳ですよ。ありえます?ありえませんよね。誰が60代のヌードを見たいと思うやら。
でも、これがかなりの迫真の演技だったので、あえぎ声とか、立ちバックとか……。うん、かなりの過激もの。ある意味、熟女好きにはたまらない。
それ以外の人にとっては苦痛の領域に達してしまう可能性は大。実際の事件をモチーフにしたネットワークビジネスの詐欺を描いた作品なので、物語的には面白い内容となっている。

ヌード解禁の映画作品

■ エリカ38(2019年)

まとめ

いかがでしたでしょうか。新しい発見はありましたか。なかには、「こんな女優さんまで!?」とヌードの解禁に驚いたかもしれません。

むっちゃくちゃエロいシーンを演じながら、落ちぶれたり、ときには有名になったりと、人それぞれ意外にもいろいろな女優さんが脱ぐわ、脱ぐわで。体当たりの演技を見せていました。

どれもが最高のヌードをお披露目していますので、最後納得いかなかった方も、ぜひお気に入りの女優さんを見つけていただいて、夜な夜な再生ボタンを押しながら興奮の世界へといざなわれていただければと思います。

■究極のAB選択問題

A:ヌードお披露目のR指定映画が見たい方B:アダルトビデオが見たい方

 

カテゴリー一覧
CATEGORY