ロジクール Pebble M350レビュー。小さくて、軽くて、使い勝手のいいBluetoothマウスの決定版

SPONSORED LINK

Jelly Comb Bluetooth キーボード」を購入したあと、Galaxy Z Fold2でWordやExcelを使っていくうちに、マウスさえあればもっと移動の操作が楽になるだろうなーと思い、買ってみた。使ってみた感想について、ビジネス的なニュアンスでひと言いわせてもらうと……。

「結論、画面タッチで操作していたときよりも、マウスを導入したあとでは10分かかる作業が5分の時間短縮になりました。それから……」

ひと言ではいい表せないくらいよかった。

“ココに注目!”
良かったところ

  • 画面タッチよりも操作とか、いろいろ楽になった
  • バッグに収納しやすく、持ち運びやすい
  • USBレシーバーがマウスに内蔵設計されている

 

微妙だったところ

    • Wordの一部機能に対応していない

外観レビュー

一般的なたまごデザインとはうって変わって、ぺたんとした印象。薄っすらとしたデザインは手に馴染みにくいのでは?と思いきや、思いのほか扱いやすかった。

おわかりいただけるでしょうか。左から右にかけて段々太さが増しているくさび形デザインをしていることを。どこぞのキーボード同様、このデザインは思いのほか手にすっぽり馴染む。全体的に丸みを帯びているので、可愛らしくも操作性は抜群にいい。

Amazonのレビューのなかにはスクロールやクリック音が大きいという意見があった。不安だった。購入に至るまでのブレーキがかかっていた。けど、思い切って購入して実際に使ってみると、うるさくない。たぶん、当たりくじを引いた。

底面は至ってシンプル。USBレシーバーとBluetoothの切り替えボタンや電源スイッチがある。説明は以上になる。

外観デザインのもっとも注目するポイントは、レシーバーの保管場所。マウスの中に埋め込む、この発想が本当に素晴らしいと感じた。レシーバーをわざわざ個別で持ち運ぶ必要がないので、無くなってしまう心配ともおさらば。とことん、お客様のことを考えられたデザインだと思う。

 

使ってみてのレビュー

良かったところ

1.画面タッチよりも操作とか、いろいろ楽になった

そもそも、そのために買った。指で画面をタッチすると汚れてしまうのが無償に嫌だった。汚れてしまったあとで、いちいち画面をきれいに拭くのも面倒に感じていた。あと、細かい操作を要する作業のときはストレスでしかなかった。これらの問題を一気に解決するために、マウスが必要だった。ただそれだけの話になるといえば、まー、そうなる。

マウスの操作性は、普段パソコンを扱っているときとなんら変わりはない。スマホの画面上に普通にポインターが出現する。クリック、ダブルクリックの操作もパソコンを使っているときと一緒なので迷うことなく使えてしまう。スマホの画面を切り替える時に、若干ジェスチャー操作が恋しくはなるものの、今のところ不便に感じてはいない。

2.バッグに収納しやすく、持ち運びやすい

ひと言でいえば、邪魔にならない存在のポジションを確立したといっていいほど持ち運びに対する抵抗力がほぼほぼなくなったと言ってもいい。バッグの隙間にさっと忍ばせるくらいコンパクト。コンパクトすぎて心のフットワークが軽くなる。

マウス自体も軽く良心的な価格なので、ズボラに扱えてしまう気軽さがある。これは本当にありがたいと思う。持ち運び用にもう一台あってもいいのかなと、消費癖が発動して困る。

3.USBレシーバーがマウスに内蔵設計されている

今までにありそうでなかった設計で、何度も言おう。本当に素晴らしい。このデザインを考えた方をここぞとばかりに褒めちぎりたい。とはいっても今のところUSBレシーバーの出番はないので、いざというときに使える安心感は非常に絶大。

 

微妙だった点

1.Wordの一部機能に対応していない

なぜだ、なぜなんだと言いたい。Wordの機能で図形が移動できない、図形の大きさが変えられない。資料を作るにあたって、これはかなりの痛手。いや、普通に痛恨の極み。

結局パソコンのWordで対処しているので、これじゃー、マウスを買った意味が途端に無くなってしまうという窮地に追いやられてしまった。それ以外はなんともないので、いち早く改善を求めたい。

 

【 総評 】作業系アプリを使うときはマウスがあるとなにかと便利

今まで買おう買おうと思って後回しにしてきた、その堕落した心を呪ってやりたいくらい想像通り便利なものだった。完璧に使えるまではあともう一歩といったところで、それでもあると痒いところに手が届く。カラーバリエーションが豊富なので、気になる方は下記のリンクをチェックしてみてほしい。

こちら、現場からは以上です。