映画『ジョン・ウィック:パラベラム』まんさいまんさいツッコミどころ満載の作品

SPONSORED LINK

上映時間131分
製作国アメリカ合衆国
監督チャド・スタエルスキ
音楽タイラー・ベイツ
ジョエル・J・リチャード
配給ライオンズゲート(アメリカ合衆国)
ポニーキャニオン(日本)
公開日2019年
主な出演者キアヌ・リーヴス(ジョン・ウィック)
ハル・ベリー(ソフィア)
ローレンス・フィッシュバーン(バワリー・キング)
マーク・ダカスコス(ゼロ)
エイジア・ケイト・ディロン(裁定人)
ランス・レディック(シャロン)
アンジェリカ・ヒューストン(ディレクター)
イアン・マクシェーン(ウィンストン)
総合評価
『ジョン・ウィック:パラベラム』:

 

1作目は亡き妻ヘレンから送られてきた愛車と子犬を奪われてしまったこと、2作目は妻との想い出がつまった家を破壊されてしまったこと、これにより伝説の殺し屋ジョン・ウィックが復活。ガン・フーたるものを駆使し、目の間に立ちはだかる敵を次々となぎ倒していきます。

もうそれはそれは無双状態炸裂で、彼に敵う相手はいないんじゃないかと思ってしまうほど最強なわけです。

で、今回3作目は復讐というテイストを変えて、暗殺集団から追われる身となってあの手この手を使って生き延びようとする姿が描かれています。

ときには無様な姿をお披露目しつつも……って、けっこうありましたぞ。おいおい。

あらすじ

≪全面抗争開始! 反逆の逃亡者は、かつて忠誠を誓った世界のすべてを敵にまわした…≫

裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破った伝説の殺し屋、ジョン・ウィック。全てを奪ったマフィアへの壮絶な復讐の先に待っていたのは、裏社会の秩序を絶対とする組織の粛清だった。1,400万ドルの賞金首となった男に襲いくる、膨大な数の刺客たち。満身創痍となったジョンは、生き残りをかけて、かつて“血の誓印”を交わした女、ソフィアに協力を求めモロッコへ飛ぶ。しかし最強の暗殺集団を従えた組織は、追及の手をコンチネンタルホテルまで伸ばして、ジョンを追い詰める。 果たしてジョンは窮地を脱出し、再び自由を手にすることができるのか! ?

引用:Amazon.co.jp

 

感想

いやいやいやいやいや、おいおい、ちょっと待ってください。

ちょっとね、僕の動体視力が低下しているならまだしも、キアヌ・リーブスの動き、ちょっと遅くねー?かい。

そもそもそういう設定なのかな……いや、違いますよね。伝説の殺し屋だし。得意技ガン・フーだし。

どう考えても動きが遅く、なにも御老体レベルのことを言っているわけじゃなくて、1作目と2作目の頃のアクションシーン(主にガン・フー)と比較しても見劣りしているのは否めないかと思ったわけで。

 

それにですよ。ガン・フーどころかただの取っ組み合いをしてましたよね。それはさすがに致命的でしょ。これは完全に役者の体力が限界じゃなかろうかと思います。

撮影当時は55歳という年齢でしたから、それであのアクションシーンのクオリティを考えると純粋にすごいなと思います。が、あくまで映画であって、作品は作品。求めちゃいますし期待して観てしまう、てのが本音です。

ときにはジョン・ウィックも敵も、攻撃されるのを待っているかのように構えた演技になっていたのにはちょっとがっかりでした。

なんなの?それ、ただのMなの。どっからどうみても全日本プロレスみたいなことをやってましたよね。真剣に仕事をやっているんだから笑っちゃいけないんだろうなと思いつつも、つい笑いがこみ上げてきました。

もしや笑かしにきてるのかな……だったら救えない殺し屋ってこの世に存在していたんですね。知らなかったなー。

 

ガン・フーだけでなく今回いろいろなフー(必殺キルスキル)がお披露目されていましたが、なんすか。あのフーらは。

まずはナイ・フー。これ簡単に人間の体に刺さりすぎでしょ。どんだけ切れ味抜群なんすか。

ケーキにロウソクを刺すのとわけが違うんですよ。でも、それくらい本当に簡単に刺さっていたので、なんでもありだなって思うしかありません。

 

続いてバイ・フー……てそれなんだよ、となるわけですが。

絶対おかしいですよね、ハンドルさばきがどう考えても安定しすぎだし、めちゃめちゃ刀振っているし、どうしてかな揺るがないのは。

普通なら攻撃した反動で少しぐらいはぐらついてもおかしくないはずなんですが、さすが伝説の殺し屋と言うべきなのか。

自然に考えたら腕力が人間離れしている、ほかに考えられませんよね。

 

ほかには刀・フーや馬・フー、犬・フーや本・フーとありますけど、なにを思ってフーと言うのか。もはや僕たちの理解の範疇を超えていました。

バイ・フーのときや馬・フーのときも薄々感じていましたけど、どうして銃を持って戦わなかったのか。

伝説相手に接近戦は無謀な行為であることは誰でも考えたらすぐわかると思うのですが、やっぱりみんな、バカなの?か、それともジョン・ウィックにやられたいだけのただのMなの?か、猛烈に悩ましい事態に陥ってしまいました。

どうやら理解しようとすればするほど遠のいてしまうようです。

 

犬・フーでは確かにすごい攻撃技が繰り広げられていましたけど……その犬ソフィアのですから。どうやらジョン・ウィック以外にもフーというのは使えるみたいです。

本・フーは説明するまでもなく、すごいです。観ればわかります。

 

雰囲気を台無しにしちゃってましたよね、あの曲。そうそう、あの曲ですよ。きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」。

この曲自体はけして悪くはないんですが、使われている場面がどう考えても合っていませんでした。

だってけっこう重たい雰囲気のなか裁定人と板前さんが深刻な話をしてましたから、ダメでしょ。話しているときにボリュームをガンガン鳴らしちゃ。

どうして2人とも真顔でいられるのか、天才としか言いようがありませんでした。

僕は気になって気になってしまい一気に冷めてしまいました。世界観の浸り方を忘れるって、たぶんこういうことなんだと思います。

それに、ですよ。なんすか、あの板前さんは。思いっきり片言の日本語でセリフを言っていましたから。今さらですが配役間違ってないですかね。

見つからなかっただけなのかもしれませんが、なんだか日本人をバカにされたみたいでイラッとしました。日本語スクールの駅前行こうよ。いや、むしろ行けよ。

 

最も○ ○で賞

出演者のなかから、個人的に目に留まった人物を勝手にピックアップしてかっこいいで賞&美しいで賞という名目で表彰しています。表彰の基準は様々で、見た目だけでなく役柄も重要視した上での判断となります。

 

最もかっこいいで賞

ストレートにハル・ベリー演じるソフィアを選びました。

えっ、男じゃないの?さらに言えば、ジョン・ウィックじゃないの?……て、感想であれだけディスいといて、今さらかっこいいで賞には選べないかと思いまして。

ソフィアを選んだ理由としては、とにかくめちゃめちゃ強い。これがただ単に戦闘が強いといった話だけじゃなくて、どこだか知らない砂漠でペットボトルの水で口をゆすいだあとに再びペットボトルの中に吐き出す姿は男前でした。

そのペットボトルの行方はというと、もちろんジョン・ウィックへ手渡しソフィアは犬と車に乗って去っていきます。

ジョン・ウィックは完全に一歩もニ歩もリードを許していました。それはアクションシーンでも起こっていて、2人とも50代とは思えない動きを見せていましたが、どちらかといえばソフィアのほうに気迫が感じられて、やばいなと思うようなシーンがありました。

もしかすると、なにかしらの形でソフィアの時代が来るかもしれません。

 

最も美しいで賞

エイジア・ケイト・ディロン演じる裁定人を選びました。

なんでしょ、見た目の雰囲気もそうなんですが、存在そのものが美しかったように思います。だって裁定人ですよ。

地下犯罪情報組織の王やコンチネンタル・ホテル・ニューヨークの支配人とか、ルスカ・ロマの首領とか、主席連合によって支配している者を裁くことができるわけですから。しかも表情を一切変えることなくクールに立ち振る舞ったりなんかして。

ルールや秩序を乱す者に対して制裁を下して、その美徳を貫いているところに美しさを感じました。

 

さいごに

ジョン・ウィックが主役の割にはハル・ベリー演じるソフィアの活躍時間が若干長いような気がしましたが。まあ、彼女がいたからこそ生き延びることができたのも事実ではあります。次作に登場するかはわかりませんが、どこかでまた出てきそうな予感がします。

キアヌ・リーブスの年齢のことも考えて、これできれいさっぱりシリーズが完結するかと思っていましたが、どうやらまだまだシリーズは続いていきそうです。主席連合とやらにずいぶんと恨みをもっているようですし、今回はあれだったので次作は怒りに震えた本気のジョン・ウィックを期待したいと思います。