映画『SING/シング』予告編に騙されるな!感動よりも残念な箇所が目立ってた作品

SPONSORED LINK

上映時間108分
製作国アメリカ合衆国
監督ガース・ジェニングス
音楽ジョビー・タルボット
主題歌Faith ft. Ariana Grande」- Stevie Wonder
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(アメリカ合衆国)
東宝東和(日本)
公開日
2016年(アメリカ合衆国)
2017年(日本)
主な出演者
マシュー・マコノヒー(バスター・ムーン)
リース・ウィザースプーン(ロジータ)
セス・マクファーレン(マイク)
スカーレット・ヨハンソン(アッシュ)
ジョン・C・ライリー(エディ)
タロン・エガートン(ジョニー)
総合評価
『SING/シング』

 

どうも、バンコ(@banco_oc)です。

怪盗グルーシリーズ』(ミニオン)や『ペット』を手掛けるイルミネーション・スタジオと、ユニバーサル・スタジオがタッグを組んだ映画『SING/シング』を観ました。劇場公開前からなにかと話題となっていたこともあって、歌にダンスに確かにすごかったです。圧倒されるものがありました。

ただし、残念な箇所が目について感動することもなく、総合的な評価としては微妙でした。なんだろう・・・この感じ。『ペット』同様、期待してたほど面白くなかったという結論に至りました。ほんと、残念です。

この会社、予告をつくるのだけは上手なんですけどね。ミニオン以外、全然ダメダメです。以下、感想になります。

あらすじ

劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、以前は活気のあった劇場に輝きを取り戻すべく、世界最高の歌唱コンテストをプロデュースしようと考える。感傷的に歌うハツカネズミや、内気なゾウ、25匹も子供がいるブタ、パンクロッカーのヤマアラシらが会場に集結し……。
引用:シネマトゥデイ

感想

登場キャラクターの異様な家庭環境が影響してとことん感情移入しにくい

このことは声を大にして言いたい。だって、よく考えてみてください。ムーンも、ロジータも、マイクも、アッシュも、ミーナも、ジョニーも人それぞれいろいろと問題を抱えてて、現状をなんとかしたい変えたいという状況に直面してます。

そこまではいいとして、問題なのは各キャラクターのぶっ飛んだ設定です。ツッコミどころ満載すぎて、むしろ笑ってしまうレベルです。

父子関係がどう考えてもおかしいゴリラのジョニー

彼の父親はギャングのボスで、息子ジョニーもその一員です。本当は嫌だと思いつつも、親の命令ともあり強盗や窃盗を繰り返します。

これ冷静に考えてみてください。完全に虐待ですからね。しかもやってることも結構エグくて。犯罪のうえに虐待だなんて、ジョニーと父親の感動シーンってものは台無しです。普通に冷めちゃいますから。

ほんと、勘弁してほしいものです。

育児界の救世主であり発明家のブタのロジータ

家事と25匹の子ブタたちの世話に追われる専業主婦のロジータ。いっけんなんら問題ないと思われがちですが、まったくそんなことはありません。問題ありありです。

というのも、ロジータの夫の育児放棄ぶりといえばそれはもう大問題です。仕事以外、家事も育児も基本的にはノータッチです。これはいくらなんでも、ロジータが可哀想に見えてしかたありません。

夫があまりにも家事や育児に協力的でないために発明された自動家事装置は超画期的でしたけど。それでも、ダメダメ夫の姿に気持ちもげんなりです。

最低限度、家事や育児に協力しているボクからしてみると、おい、おい、もっとしっかりやろうよ、と言ってやりたい。

彼氏に妬まれ捨てられた可哀想なヤマアラシのアッシュ

パンク・ロッカーとして彼氏とバンドを組んでいるアッシュ。その彼氏の傲慢ぶりといえば、それはまあイタすぎ&残念な男です。パンク・ロッカー以前の問題で、むしろ歌い手として終わっています。

その反面、アッシュの歌声はムーンの目に留まるほど才能に溢れています。そのことをよく思っていない彼氏は、物語の途中ほかの女の子とバンドを組み、この時点で事実上の別れとなります。

歌い手としてもひとりの男としても、もはやTHE ENDです。あはは、まぢで笑えねー。

ただひとり残忍なネズミのマイクが嫌いすぎる

コイツです。こやつの残忍ぶりといえば、それはもう悪の極みです。登場シーンからいきなり残忍ぶりを発揮してて、喘息もちのサルからお金を恐喝するという。
それもすごい勢いで。

サックスの腕前は抜群ですが、やってることはめちゃくちゃ。おしゃべりなうえ口も上手く、銀行からお金を騙し盗って高級車を買ったかと思うと、カジノで不正を働いてクマのギャングからこれまたお金を騙し盗るという。ほんと、根っからの懲りない奴です。

挙句の果てにクマのギャングから追われる立場となりましたが、最後の最後まで好きにはなれないキャラクターでした。

ムーンとミス・クローリーが最高に面白すぎる

このお二方には本当に、本当に、参りました。腹を抱えて笑いました。個人的にはお気に入りのシーンが2つありまして。

ひとつ目が、劇場隣の建物からコンセントを引っ張って差込口に差した瞬間にミス・クローリーの身に起きるシーン。ふたつ目が、劇場も仲間もなにもかも失ったムーンがはじめた洗車のシーン。

この2つのシーンは何度観てもおかしすぎて笑っちゃいます。わかっちゃいるけど、ユーモアたっぷりすぎてムーンのお父さんのことを思うと、申し訳ないと思いつつもあの姿を想像すると笑えてきます。

 

最も○○で賞

出演者のなかから、個人的に目に留まった人物を勝手にピックアップしてかっこいいで賞&美しいで賞という名目で表彰しています。表彰の基準は様々で、見た目だけでなく役柄も重要視した上での判断となります。

 

最もかっこいいで賞

コアラのバスター・ムーンを選びました。選んだ理由は、誰しもがやばいと思うような状況でも、ポジティブ精神で物事を捉えて暗い顔ひとつしないところに好感がもてました。

無意識なのかもしれませんが、よくない出来事続きで気持ちも下がっているときにこそ、笑顔と明るさで乗り越えていく大切さを自然と身につけているような気がします。

劇場関係者に対する支払いの滞りや銀行から返済金の催促がくる状況とか、やってること最悪ですけどね。そんなバスターにもとうとう悲劇が訪れてしまい、さすがのMr.ポジティブも意気消沈をしてしまいます。

うん、あれは心が折れてしまってもしかたがない出来事でした。その後、周りに八つ当たりをする→みんなと疎遠になる→洗車の仕事に就職し笑顔で働く→ミーナの歌声に感化される→野外ライブを決行する、といった一連の流れが面白すぎて思わず吹いてしまいました。感情の起伏だけでなく、行動もなかなか忙しいヤツでした。

経営難になっても、劇場や仲間を失っても、誰よりも歌が好きで楽しんでもらいたい気持ちも強く、僕の目にはかっこいい姿に映っていました。

ちなみに、声優は字幕版はマシュー・マコノヒーが務めています。日本語吹替版は内村光良が務めています。

名前:バスター・ムーン(モデル:コアラ)

生年月日:不明

出身地:不明

身長: 不明

 

最も美しいで賞

ゾウの少女ミーナを選びました。選んだ理由は、ぜひ聴いていただきたいのですが、クライマックスシーンの歌声は圧巻でした。鳥肌が立ってしまいました。ずっと聴いていたかったですし、あんなん歌われてしまうと、自然と涙も出てきます。

ミーナの控えめな性格から想像ができないくらい、自信に満ち溢れながら歌う姿は素敵すぎました。
普段は弱腰で、自分からの主張もしない子が、きちんとチャンスを自分のものにする姿からは熱いものを感じました。

たくさんの学びを最後ぎゅっと詰め込んだ形で受け取れたような気がします。お父さんお母さんから大事に育てられたんだろうなー、と思うシーンもあってよかったです。

ちなみに、声優は字幕版はトリー・ケリーが務めています。日本語吹替版はMISIAが務めています。通りで歌声が心に響いてくるわけですね。納得。

名前:ミーナ(モデル:ゾウ)

生年月日:不明

出身地:不明

身長:不明

 

『SING/シング』の関連映画おすすめ作品3選

怪盗グルーのミニオン危機一発(2013年)

何者かにミニオンが拐われてしまったことで、グルーは3姉妹とルーシでタッグを組みミニオンを助け出すための冒険を描いている作品。のちにグルーの奥さんになるルーシーは本作初登場で、最強の敵エル・マッチョも登場します。

推しのミニオンは、消防士のコスチュームで登場したビードーです。拡声器を持ったまま「ビードー、ビードー」と言う姿が可愛くてたまりません。

ミニオンズ(2015年)

最強最悪のボスに仕えることで生きがいを見出してきたミニオンたちの悩みは、すぐにボスがいなくなってしまうこと。新たなボスを見つけるために、ケビン、スチュアート、ボブが新たな旅へと向かい奇想天外な出来事に巻き込まれていく様を描いた作品。

推しのミニオンは、街の消火栓に向かって話しかけるスチュアートです。その後一緒にお風呂まで入っているシーンには吹いてしまいました。しかも1基だけでなく2基という、ちゃんとオチまでついていたので最高でした。

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年)

反悪党同盟の捜査官のグルーがとあることがきっかけで職を失ってしまい、それでも世界の平和を保つために悪党たちに立ち向かう姿を描いた作品。

今回の最大の敵は、80年代ファッションと上から見たときのハゲたヘアスタイルが特徴の大悪党バルタザール・ブラッドが登場。さらに、グルーの生き別れの双子の兄弟ドルーも登場します。推しのミニオンがいなかったのは、ちょっと寂しかったです。

 

さいごに

作中にはトレンドを意識した曲や懐かしい名曲などふんだんに使われていて、それだけでも十分元気をもらえてテンションも上がりました。ただ、それが仇になっていることもあって、物語にはやや物足りなさを感じるところもありました。

シンプルなテーマなのはいいですが、個人的にはもう少しひねりのあるものがほしかったです。じゃないと若干退屈でしたから。

面白さの順番でいえば、『怪盗グルーシリーズ』>『SING/シング』>『ペット』というふうに思いました。元気をもらいたいという方にはおすすめです。

 

日本語吹替版予告

以下のキャストが日本語吹替版の声優を務めています。字幕版にはない親しみやすさが感じられて2度楽しめます。

バスター・ムーン内村光良
ミーナMISIA
アッシュ長澤まさみ
ジョニー大橋卓弥(スキマスイッチ)
グンター斎藤 司(トレンディエンジェル)
マイク山寺宏一
ロジータ坂本真綾
ミス・クローリー田中真弓
エディ宮野真守
ナナ大地真央

 

カテゴリー一覧
CATEGORY