ようこそ。ボクの「Surface Pro Signature タイプ カバー」遂に合体するときがきた!

SPONSORED LINK

どうも、バンコ(@banco_oc)です。

待ちにまった「Surface Pro Signature タイプ カバー」を手に入れました。

まぢで待ちわびた。いや、ほんと、まぢで。

すぐに2017年モデル「Surface Pro」と合体をしてポチポチといきたいところでしたが、高鳴る鼓動を抑え恒例のレビュー用の撮影といきたいと思います。

「Surface Pro」と「Surface Pro Signature タイプ カバー」が合体されるまで、どうかお付き合いください。

いざ、開封の儀!〜“S”と“S”が合体するまで〜

ボクが今回購入したのは、「Surface Pro Signature タイプ カバー」のプラチナカラー。

噂のAlcantara(アルカンターラ)素材ということで、触り心地に注目していきたいと思います。

まずは正面から。

普段使っているMacBookはUS配列のキーボードなので、Enterキーの大きさが際立っているのがすごく気になります。

本来ならUS配列のキーボードが欲しかったのですが、国内では入手困難とのことだったので諦めて、しかたなくJIS配列のキーボードを購入しました。

続いて斜めから。

いかにも高級感漂うキーボードであることが伺えます。

ただ、中身が見える仕様になっているのが残念。

2万円もしたんだから、せめて蓋を開けるときのワクワクを感じたかった。

これじゃあ、ワクワク感も半減してしまいますからね。

キーボードだけでなく中身が見えてしまわないように、パッケージにも高級感とやらを演出してほしかったです。

裏側には、Alcantara(アルカンターラ)についての説明書きがあります。

すごいことが書かれているみたいですが、パッケージの開け方についての説明書きがなかったので、どんな気持ちでどんなふうに開ければいいのか、まったくわかりませんでした。

いろいろ試してみて、最終的に左右のシールを剥がして開ければいいことに気がつきました。

中身を取り出してみると、高級感もさらに増して感じられます。

ここで注目していただきたいのが、12インチ型「MacBook」と比べて窮屈に感じるトラックパッド。

この規格のサイズで果たして使い物になるのでしょうか。

とりあえずは何日間か操作してみて、後ほど感想について書きたいと思います。

近くで見てみると、まるでコンクリートのような印象を受けます。

触り心地としては、少しざらつきがあるぐらいで思ってたよりもさらさらしてます。

すごく感触がいいってほどでもなくて、可もなく不可もないといった感じです。

キーボード裏面には、Microsoftのネームが入ってます。

こちら側の見た目は、キーボードのパームレスト部と比べてパイル生地のような印象を受けます。

触り心地は、毛の短い絨毯を触っているかのようです。

それではいよいよ、「Surface Pro」と「Surface Pro Signature タイプ カバー」の合体になります。

・・・・・

・・・・

・・・

・・

いざ、合体!!!!

臨場感を演出することもなく、普通に合体させました。

つか、吸い着きハンパないです。相性が抜群すぎます。

これぞ、「Surface Pro」といった趣です。

いよいよ真価を発揮するときがきました。

あとこれにペンとマウスがあれば最高なのですが、ひとまずはこのスタイルでSurfaceライフを楽しみたいと思います。

バンコ
初めての「Surface Pro」。「MacBook」とどう違うのか。その辺も含めて、後日使用感のレビューを行っていきたいと思います。お楽しみに~♪
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK