映画『怒り』こみ上げてくる感情の渦に情緒不安定になる最高の作品!

SPONSORED LINK

上映時間 141分
製作国 日本
監督 李相日
音楽 坂本 龍一
配給 東宝
公開日 2016年
主な出演者
槙洋平(渡辺謙)
田代哲也(松山ケンイチ)
槙愛子(宮崎あおい)
大西直人(綾野剛)
藤田優馬(妻夫木聡)
田中信吾(森山未來)
小宮山泉(広瀬すず)

どうも、バンコです。

悪人』の著者・吉田修一の同名小説をもとにした映画『怒り』を観ました。

予告編からかなり面白そうな雰囲気が漂ってて、いざ本編を観てみると期待を裏切らない面白さでした。

ストーリー構成と音楽、そしてキャスティングと役者の演技、すべてが絶妙なくらいマッチしていて、この作品に携わっている人全員がすごいなあと思いました。

今回、本作の音楽を担当した坂本龍一はさすがというべきか、改めて彼の才能の一部に触れることができたといえる素晴らしき作品です。

バイオリンとピアノで奏でる音楽が、映画の世界観により一層深みを与えていたのは印象的でした。

観る者は思わず感情を揺さぶられる場面がたくさんあります。そして、いろいろと考えさせられます。

この作品を観てどのように感じるかは人それぞれで、自分が一体どのような感じ方・捉え方をするのか、そういう見方をするのも面白いかもです。

あらすじ

八王子で起きた凄惨(せいさん)な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平(渡辺謙)と娘の愛子(宮崎あおい)が暮らす千葉の漁港で田代(松山ケンイチ)と名乗る青年が働き始め、やがて彼は愛子と恋仲になる。洋平は娘の幸せを願うも前歴不詳の田代の素性に不安を抱いていた折り、ニュースで報じられる八王子の殺人事件の続報に目が留まり……。
引用:シネマトゥデイ

感想

ピエール瀧には期待していたけど蓋を開けてみると「うーん」という感じ!

凶悪』を観てからというものの、ボクは完全にこの方の演技に夢中になっていました。

本作では一体どのような演技を見せてくれるのか、もうね、楽しみで楽しみでしかたありませんでした。

で、作中でのピエール瀧の役柄は、事件の犯人を追う刑事の南條邦久役を演じているのですが。

はまり役かどうかは、別にピエール瀧でなくてもよかったのでは?と思えるような感じでした。

特にストーリー上、重要な役柄でもありませんでしたし。

もっと必死に事件を追う熱血刑事を想像していただけに、どちらかといえばさっぱりとした役柄に面食らってしまいました。

うーん、相当残念。

キャスト陣の演技力は素晴らしいのひと言!

ピエール瀧に対する期待値が高かっただけに残念な気持ちではありましたが、それを払拭するかのように本作に出演するキャスト陣の演技力がめちゃめちゃ光っていました。

彼らの姿が眩しくて、のちにきっと名優と言われるに違いない、ボクにはそんな未来が見えてしまいました。

ハリウッドで鍛え上げられた渡辺謙の名演技を筆頭に、不気味な雰囲気を漂わせる松山ケンイチ、なにかが憑依しているかのような神がかった演技をみせた宮崎あおい、見ててどこか危なっかしい綾野剛、フレッシュでいてバリバリのビジネスマンなんだけどゲイ志向の妻夫木聡、旅をして無人島で生活をしている謎めく人物の森山未來、垢抜けていないピュアな少女で萌えな感じな広瀬すずの計7名。

ほかの方のレビューでも多くが感情を揺さぶられたと言っていますから、それくらいめちゃめちゃすごい演技です。

魂のこもった豪華キャスト陣の演技を、片手にはコーラもう片方にはポップコーンを準備して、ゆったりとした空間で自らの目で確かめられてください。

本作を観終わった頃には、「すんげぇー」のひと言だけではなく彼らからなにかしら得るものがありますので。

妻夫木聡は特に!

ちなみに個人的には、妻夫木聡の演技力の振れ幅と役者としての可能性を強く感じてしまいました。

プロデューサーでもなんでもありませんが。

役者の方みんな本気なんだろうけど、この人だけは異様にすごかったです。

仕事でも普通こんなことまでするかよ。まあ、それがプロなんでしょうけど。綾野剛と絡み合うベッドシーンは、不快な気持ちを通りこして、むしろ「愛」の概念をぶち壊されましたよ。

ボクにとって男同士の恋愛というのは、一生理解することのできない領域だと思っていましたから。

妻夫木聡と綾野剛の2人の関係性を観ていて、同性愛のごくいち部の世界に触れることができたような気がします。

結局は男女が恋愛するのとなんら変わりません。

対象者が同性というだけで、一般的にみて普通じゃないことは確かです。

けど、別にそういった「愛のカタチ」もあるってことは、自然と受け入られました。

だって、はたから見て普通に初々しいカップルにしか見えませんでしたから。

ボーイズラブ好きな方にとってこの2人のベッドシーンは、官能的魅力しか感じないでしょうね。

ナイスなキャスティング!

これ。これ。

作中では犯人像から松山ケンイチ、綾野剛、森山未來の3名に容疑がかけられしまうのですが、確かに揃ってみればみな同じ顔の系統だったりします。

「しょうゆ顔」っていうやつ。

お陰さまでクライマックスまでみんなが怪しいと思えましたし、その間いろいろと自分なりに推理をしてましたが、犯人を特定できずゲームオーバーでした。

ギリギリまでこの3人のなかの誰だか、あれよこれよと完全に振り回されていました。

くっそー、キャスティングやらストーリーの構成やら上手すぎなんだよ。

『怒り』の裏に込められた「愛」の感情!

本作のタイトルになっている『怒り』。

これは一体何を意味しているのか。

それは信じていた人からの裏切りであったり、信じてやれなかったことによる後悔からくるものであったりと。

よりどころのない『怒り』の感情が、あれよあれよと役者たちの演技によって表現されていました。

そのことを象徴していたのが、宮崎あおいの泣き崩れる姿や広瀬すずが海に向かって叫ぶ姿、そして妻夫木聡の男泣きの姿。

どうしてあのときあんな行動をしてしまったのか。

どうしてあのとき信じてやれなかったのか。

どうしてあのとき側にいてやれなかったのか。

どうしてあのとき守ってやれなかったのか。

このシーンを見らずして一体何を観るのか。

怒り』の描写から汲み取れる溢れんばかりの「愛」が、観る者を感情の渦に巻き込みます。

観てるこっちまで泣けてきますよ。ほんと。

さいごに

映画を観てこんなにも感情を揺さぶられたのは久々で、イヤでもいろいろなことを考えさせられました。

いい意味でも悪い意味でも。

個人的には、『凶悪』に次ぐ面白さがあります。

邦画をめったに観ない方でも、これだけはおすすめします。

気になる方はぜひ鑑賞してみてください。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK