映画『キャラクター』基本怖すぎてやばいけど、結末の余韻次第で2倍楽しめる作品

SPONSORED LINK

上映時間125分
製作国日本
監督永井聡
音楽小島裕規
主題歌Character」 ACAね(ずっと真夜中でいいのに。)×Rin音 Prod by Yaffle
配給東宝
公開日2021年
主な出演者菅田将暉(山城圭吾)Fukase(両角)
高畑充希(川瀬夏美)
中村獅童(真壁孝太)
小栗旬(清田俊介)
総合評価
『キャラクター』:

 

なんとも……余韻が残るラストだった。しかも不安のほうだったので、想像はしたくはないけど最悪のシナリオを想像してしまうような、惨さがあった。

刃物で殺される描写がとにかく多く、痛ましい追体験をしてしまう。そういうのに耐えられない方はご鑑賞をお控えください。まぢで惨いぞ、この映画。

あらすじ

複写された『絶対悪』 二人の共作、それは連続殺人事件 漫画家として売れることを夢見る主人公・山城圭吾(菅田将暉)。高い画力があるにも関わらず、お人好しすぎる性格ゆえにリアルな悪役キャラクターを描くことができず、万年アシスタント生活を送っていた。ある日、師匠の依頼で「誰が見ても幸せそうな家」のスケッチに出かける山城。住宅街の中に不思議な魅力を感じる一軒家を見つけ、ふとしたことから中に足を踏み入れてしまう。そこで彼が目にしたのは、見るも無残な姿になり果てた4人家族……そして、彼らの前に佇む一人の男。

引用:Filmarks

 

感想

菅田将暉の演技力はやっぱりすごい。

Fukaseのサイコパスぷりがやばい。

高畑充希が思いのほかしおらしかった。

中村獅童は太った?

小栗旬のまさかの展開にびっくらこいた。

主要キャストに対する感想はこんなもん。作品に対しては、ただただグロかった。その1点に尽きる。

刃物で切られた切り口とか、四人家族の血まみれの死体とか、作り物だとわかっていても超リアルで体中が痛くなるという追体験をした。刺されるシーンとかもぐっさりいって、容赦ない。たくさん血が流れるし、まぢで勘弁してほしい。

タチが悪いのが、連続事件仕立てになっているところ。観れば観るほど気分がげんなりしてしまうような殺し方ばかりで、四人家族ばかりを狙う両角には終始嫌悪感しか抱かない。四人家族が気の毒でしかたなかった。

これを観ちゃうとFukaseを嫌いになっちゃうんだけれども、そもそもそう思わせるFukaseの演技力がすんげー、と思った。演技初挑戦とは思えないほど、クオリティがめちゃめちゃ高い。なんだろう、視線や動作の一つひとつ、惹きつけるものがあった。

そんな彼が演じた両角という男は、山奥の新興宗教コミュニティで生まれた教祖の息子で、「四人家族こそが幸福の形」と教え込まれていた。その後、コミュニティはなんらかの形で閉鎖をされてしまう。このことが原因で、四人家族ばかりを狙うようになる。

普通に考えて、いい迷惑。ふざけんなよ、て思う。両角が殺人者にいたる意味がわからないし、そもそも理解しようとは思えない。だけど唯一言えることは、画力だけはある冴えない漫画家志望の山城にとって両角は、必要不可欠な存在だった。

のちにサスペンス漫画「34(さんじゅうし)」を描き、売れっ子漫画家の仲間入りを果たすことになる。これが皮肉にも、「34」に描かれている殺人鬼の主人公・ダガーは、山城が目撃した事件の犯人である両角がモデルとなっている。数々の事件も、両角がダガーとなって「34」の内容を忠実に再現しているので、これが限りなく辛くて笑えなかった。

そのことにいち早く気づいたのは、小栗旬演じる清田という刑事。彼はいい仕事をしていた。疑う目は鋭かったけど、確信まではもってていなかった為、一連の事件の真犯人が両角であることに自力ではたどり着けないという……。おしいところまではいってたけど。

あれ、ここは、映画の展開的には清田が真犯人に気づいてとっ捕まえる流れと思いきや、そう簡単には事は運ばなかった。あっけなく山城は自粛をして、清田に一連の経緯について打ち明けていく。

なるほどな、じゃー、今から早速逮捕に行くぞとはならず。警察は警察で政治的なものを抱えてて、事態は思いのほかスムーズには進まない未体験ゾーンへ突入してしまう。これがなんとも、もどかしい。つか、じれったい。

清田のセリフにもありましたけど、殺人者が今もどこかでのびのびと生きていると思うと、あかん。それは絶対あかんやつやと思った。

「はよ、やれよ。犯罪を撲滅するくらいの勢いで両角捕まえたれよ」

大勢の捜査官がいるのにも関わらず両角一人をなかなか捕まえられず、しまいには辺見(松田洋治)を誤認逮捕し捜査打ち切りのオチには、警察の無能さが露呈されていた。現実問題、これこそ本当のあかんやつやと思った。

でも、警察も人間である以上、こんなケースはごまんとあるに違いない。この辺を包み隠さず描いているところが、逆に潔かった。これが現実。

だからといって、まったく正当化できることではない。そのことを誰よりも一番わかっていたのが清田だった。

そのよき理解者である上司の真壁(中村獅童)は、政治と刑事の狭間で戦っていた。刑事として正義に反する意見に同調するような形になってしまって、一番苦しい立場だったのかもしれない。

けど、真壁の上司である奥村(小木茂光)に対してのちに意見を主張するシーンは、あれはかっこよかった。それがなければ事件の解決にはいたらなかったはず。さらっと流された感はあったけど、僕は見逃さなかった。

さすがは真壁。事件最後に居合わせたのは彼であり、結末は「34」で描かれた内容とはちょっと違うものの、一歩間違えると「山城は両角であり、両角は山城である」。そんな余韻を残しながらも、人間は誰しも人を殺してしまう人間になりえる。作品を通して伝えたかったものが汲み取れたような気がした。おー、こわー。

 

最も○ ○で賞

出演者のなかから、個人的に目に留まった人物を勝手にピックアップしてかっこいいで賞&美しいで賞という名目で表彰しています。表彰の基準は様々で、見た目だけでなく役柄も重要視した上での判断となります。

 

最もかっこいいで賞

山城圭吾役の菅田将暉を選んだ。理由は、どんだけ演技の幅が広いんだよ、と言いたい。めちゃくちゃうまいし。役者としてどんどん魅力的になってきている。小栗旬もいい味だしていましたけど、菅田将暉は100年に1度の逸材なんじゃないかと思う。

感想ではほぼほぼ山城圭吾に触れていませんでしたが、触れるまでもなく彼がいたからこそ作品に奥行きが感じられた。それくらい重要な役柄でしたし、菅田将暉以外の役者は考えられないくらい適任だった。ナイス、キャスティング。

役者としての可能性の底が全然見えないので、成長が楽しみな俳優のひとりになる。次はどんな作品に出演してどんな演技を見せてくれるのか、わくわくしながら引き続き活躍を期待したい。

名前:菅生 大将(すごう たいしょう)

生年月日:1993年2月21日(28歳)

出身地:日本

身長:176 cm

血液型:A型

Twitter:@sudaofficial

Instagram:@masakisuda20

音楽オフィシャルHP:菅田将暉|SUDA MASAKI MUSIC OFFICIAL

おすすめ作品3選

性欲と女性への暴力を抑えられない父親と、その遺伝子を自分の中に感じ、怯える息子の話を描いた作品。

関西の男子高校生の瀬戸と内海のクールでナナメでシニカルな放課後トークを描いた作品。

日本一の名門校で生徒会長を目指す高校生たちの戦いを描いた作品。

 

最も美しいで賞

川瀬夏美役の高畑充希を選んだ。理由は、役柄が影響してか、妙にしおらしかったから。一貫して山城を支える姿とか。文句ひとつ言わずに、自らの仕事を辞めてまでも近くで支えてて、偉いというか、人として素晴らしい存在だった。

こんな奥さん、今の時代この世にいるかな、と思うくらい人間ができてた。高畑充希だったからこそ無理して作られた感じがしなくて、リアルに受け止められた。これが変にどえらい可愛い子なら雰囲気も台無しになっていたと思う。

ナイス、高畑充希。なんだかんだで、役柄関係なくいい女性だと思うな、僕は。

名前:高畑充希(たかはた みつき)

生年月日:1991年12月14日(30歳)

出身地:日本

身長:158 cm

血液型:AB型

Twitter:@mitsukitamago

Instagram:@mitsukitakahata

おすすめ作品3選

突如として現れた、植物系男子との運命の恋を描いた作品。

難病の筋ジストロフィーを患う鹿野靖明とボランティアたちとの交流を綴ったノンフィクション作品。

ボーイズラブを愛する隠れ腐女子オタクと、重度のゲームオタク男子の不器用な恋愛模様を笑いを交えて描いた作品。

 

さいごに

こんなにも結末の余韻に対して不安を覚えたのは、はじめてに近かった。「どうか幸せなご家庭を築いててください」と心から願うばかりですが、余計な雑念のせいで最悪のシナリオしか想像できない。ほんと最悪。辺見の存在がここにきて頭から離れられないので、あいつはなんだかんだで黒幕だったのかもしれないと今ならそう思う。

小説を読んでも映画の結末とは違うみたいなので、あとは鑑賞者の想像にお任せするという、なんとも言えない感情にふわっと包まれてしまう。しかし、まー、ああでもない、こうでもないといろいろと想像を膨らませながら不安を楽しめたらと思う。

 

カテゴリー一覧
CATEGORY