『ドラゴン・タトゥーの女』の続編『ザ・ガール・イン・ザ・スパイダーズ・ウェブ (原題)』の新ヒロインが決定した模様。

SPONSORED LINK

三度の飯よりも『ドラゴン・タトゥーの女』が好き。

どうも、バンコ(@banco_oc)です。

『ドラゴン・タトゥーの女』続編の映画化に期待がもてそう!まぢハッピー!」の記事から続編の話題があがって、早くも1年が経過しようとしてます。

またこちら「『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)の続編、新キャストで映画化!公開は2018年10月5日予定、ただし全米に限る!」では、新たにキャストを抜擢する話題から監督の交代、劇場の公開日について記事を書きました。

それから情報も二転三転し、公開日が2018年10月19日の予定となりました。(若干の変更ですが、あくまで予定です。今後も公開日の変更等あるかもです)

次々と詳細が決まり続編への期待も高まっているなか、追い打ちをかけるかのようについに新しいヒロインが決まりました。

天才ハッカーのリスベット・サランデル役を演じる次なる女優は、クレア・フォイです。

 

英女優クレア・フォイとは?

肌が色白で、くっきりとした目にブルーの瞳が印象的な超美人の女優です。

イギリス生まれで、身長は162cm、年齢は現在33歳(1984年4月16日)です。

過去の出演作品について、彼女の出世作となったのはNetflixオリジナルドラマ『ザ・クラウン』です。

このドラマで英国女王エリザベス2世を演じ、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(テレビ部門)に輝きました。

映画では有名な作品として、ベネディクト・カンバーバッチ主演の『ミスティック・アイズ』(2011)やニコラス・ケイジ主演の『デビルクエスト』(2011)に出演してます。

ただし、日本では彼女のWikipediaすら存在してません。日本ではまだ無名の女優のようです。

映画『ドラゴン・タトゥーの女』の続編『ザ・ガール・イン・ザ・スパイダーズ・ウェブ(原題)』で新たにリスベット・サランデル役を演じることになり、美人なうえに実力派女優ですから一躍日本でも有名になりそうな予感がしてます。

 

『ザ・ガール・イン・ザ・スパイダーズ・ウェブ (原題)』の気になる内容について

米ソニー・ピクチャーズが企画している本作は、原作小説シリーズ第4弾「ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女」を映画化するといったものです。

その内容については、信憑性の高い情報がciatrに掲載されています。

なにやらこちらも『ドラゴンタトゥーの女』同様、天才ハッカーのリスベットとジャーナリストのミカエルが登場し、新たな危険に立ち向かう物語になるようです。

ある日の夜、ミカエルは信頼できる情報元から「アメリカの重要な情報を持っている」と連絡を受けます。その情報元はある若い女性天才ハッカーとつながていることを告げるのでした。話の内容から、それがハッカーがミカエルのよく知るリスベットであることを確信します。
ミカエルはリスベットに協力を依頼し、2人は再び難問に取り組みます。しかし、次第に彼らはスパイ、サイバー犯罪、腐敗した政府の闇など、蜘蛛の巣のように複雑に絡み合った問題に巻き込まれていくのです。
引用:ciatr

ボクは今まで原作を一度も読んだことはありませんが、「ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女」を読んだ方のなかには、

“ページをめくる手が止まらない”

“続きが読めるなんて感激”

“最高だった”

と評価も高く、すごく気になりました。

読んでみたい、いやむしろ、読まない理由が見つかりません。

 

バンコ
ところで、これ言っていいものなのかどうなのか迷いましたけど、頑張って言います。

リスベット・サランデル役に抜擢された女優がまたしても貧乳ということ。

これって、なにか意味があるのかな。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK