『金魚妻』エロ目的以外価値を見出せない、問題ありありのドラマ

SPONSORED LINK
ジャンルヒューマンドラマ
公開日2022年
製作国日本
原作黒澤R『金魚妻
監督並木道子
楢木野礼
松山博昭
音楽末廣健一郎
MAYUKO
宗形勇輝
植田能平
主題歌sino R fine「Crazy for you
話数全8話
配給Netflix
主な出演者篠原涼子(平賀さくら)
岩田剛典(豊田春斗)
安藤政信(平賀卓弥)

 

うーん、なんだろう、キャスティングに問題があるような気がしてならん。

今のところ4話まで鑑賞中ではあるものの、イマイチ萎えてしまうようなことがあったりして、「これ、絶対面白いから観たほうがいい!」……て、他の人におすすめしたいってならない。

原因はもうわかっているんですけどねー。ね!

あらすじ

下町に隣接する高層タワーマンションの最上階に住む平賀さくらは、夫・卓弥と、誰もが羨む華やかな人生を歩んでいるかと思われていたが、実は夫からのDVとモラハラなどに苦しむ日々を送っていた。 ある日、偶然立ち寄った金魚屋で春斗と運命的な出会いを果たす。 ドラマのタイトルでもある「金魚妻」以外にも、さまざまな“妻”が登場。

引用: シネマトゥデイ

 

感想(とりあえず4話まで観た感想を!)

全体の感想は全部観終わったあとで書くとして、現時点で思うのは、ミスったなキャスティング。ただただ、それが言いたかった。

まー、これは僕個人の意見で、どうやら主演の岩田剛典とは相性が合わないみたい……。というよりも、僕から見た岩田剛典という男は、役にどっぷり浸かれていないような気がしてならない。変にかっこつけているというか、そのかっこよさの外側にある世界を突き破れていないように思ってしまう。

だからかな、篠原涼子とのベッドシーンでさえ欲望がくすぶられなかったのは。このドラマに至っては、これは結構な致命傷だと思う。大胆にも不倫がテーマになっているわけですし。

そういった役に慣れていないことが僕の目から見ても汲み取れてしまう。つか、違和感でしかない。

その一方で、安藤政信は見事にゲス男を演じきっていた。なにもかもがデタラメで、やることなすことハチャメチャ。やりすぎるていうくらいやっちゃうので、観ているこちらまでも気分を害してしまう。

こんな男が平然と会社のトップにいること自体が悲しくなってくる。暴力、不倫、パワハラが当たり前に横行されてて、当たり前に許さる社会を作り出している。

自分だけは平然と不倫をして、妻が他の男と一緒にいるだけで暴力を振るったりして。何もかもが自分中心なので、腹を立てないわけがない。妻を物でしか扱っていない時点でイライラの極み。しまいには、会社の取引先の男性にまでパワハラをするしまつで、タチが悪いとしか言いようがない。

こんな人は周りにいたら関わりたくない人No. 1なのは間違いない。そのくらい人の心を、感情を、動かす演技をしていたのが安藤政信になる。

長谷川京子との絡みに至っては、ドラマの冒頭からいきなり行為がはじまるので、まぢでやばかった。そこで言い放つ名言もなかなかのスパイスが効いていた。世の中にいるすべての奥様方を全員敵に回すような発言で、ある意味全国指名手配をされてしまうようなレベル。

今の世の中でそれ言っちゃうと、炎上もしくはバン!されてしまうのは確実。出演者たちのセリフにも注目して観ると、いろいろとおもしろ要素が発掘できて面白い。

しかし、笑えない冗談もあって、それがオリエンタルラジオの藤森慎吾が登場したとき。見て上の画像も。本当に笑えなかった。むしろ、失礼だと思うけど吹いてしまった。

「なぜ?このドラマに?出演?」

茶番劇もいいとこ。完全に浮いてた。岩田剛典以上に違和感でしなかった。しかも役どころが役だけに、あれはあかん。絶対あかん。妻を他人に抱かせて興奮する類のやつなので、こんな性癖に共感できないし、もうね、ギャグでしかなかった。第3話で早々と冷めてしまった。

物語に期待ができない以上、今のところエロ目的以外価値(鑑賞の目的)を見出せないでいる。

 

予告編

 

カテゴリー一覧
CATEGORY