『ゴースト・イン・ザ・シェル』知識のない原作ファンなら十分楽しめる作品。

SPONSORED LINK

 

上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国
監督 ルパート・サンダース
音楽 クリント・マンセル
ローン・バルフェ
配給
パラマウント映画(アメリカ合衆国)
東和ピクチャーズ(日本)
公開日 2017年
主な出演者
スカーレット・ヨハンソン(ミラ・キリアン少佐 / 草薙素子)
ピルー・アスベック(バトー)
ビートたけし(荒巻大輔)
ジュリエット・ビノシュ(オウレイ博士)
マイケル・ピット(クゼ)
チン・ハン(トグサ)
ラザルス・ラトゥーエル(イシカワ)
泉原豊(サイトー)
総合評価
『ゴースト・イン・ザ・シェル』:

 

どうも、バンコ(@banco_oc)です。

原作ファンの方からずいぶんと熱烈な辛口評価をいただいている本作ですが、個人的には若干物足りなさはあったものの面白かったなという内容でした。

いちをアニメや過去に公開された映画などには目を通していますけど、どこが面白くなかったのかわからないくらい、普通によかったです。

というのも、だって、今まで観た話の内容なんてほとんど覚えていませんから。(笑)

自慢じゃありませんが、覚えているものといえばキャラクターの見た目と名前ぐらいで、そのほかはさっぱりです。

ほんと、笑えないですよね。

でも原作のことなんて皆無に近いほど記憶にない、こんなボクにでも楽しめた作品ということで。

原作を観ないと楽しめないのか心配している方へ。

そんなことありません。

むしろ知らないほうが、何倍も楽しめると思います。

あらすじ

近未来。少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、かつて凄惨(せいさん)な事故に遭い、脳以外は全て義体となって、死のふちからよみがえった。その存在は際立っており、サイバーテロ阻止に欠かせない最強の戦士となる。少佐が指揮するエリート捜査組織公安9課は、サイバーテロ集団に果敢に立ち向かう。
引用:シネマトゥデイ

感想

圧巻の映像美

今まで映像美に魅了された作品は数知れませんが、これだけは断定できます。

どの作品よりも未来以上に未来感があって、映像に魅了されてしまいます。

CGの技術うんぬんよりも、それを駆使して表現された世界観には驚きを通りこして、もはや感動の領域です。

スケールがケタ違いすぎて、3Dプロジェクトマッピング?なにそれ?って感じです。

ビルの外でコイが泳いじゃっていますから、そこは地味に注目です。

ただ、残念ながら、こんな未来の世界を生きてみたいとはこれっぽっちも思いませんでした。

空は常に曇ってて汚いし、なんだか空気も悪そうだし。

建物がめちゃくちゃ密接しているのも気になりました。

人類が発展した先の未来があんなふうになると思うと、ボクは絶対に嫌。

自然そのものの美しい光景が拝めないというのは、もう終わってます。

まあ、これが攻殻機動隊の世界観なんだけれどもね。

たけしの人相と滑舌の悪さはもはや〇〇

ヤクザです。

もはや公安9課の荒巻大輔とは思えないくらいドスがきいてて、別のキャラクターにしか見えませんでした。

拳銃を持っている姿なんか、まるで『アウトレイジ』ですよ。

英語のセリフじゃなくて日本語というのが、より一層ヤクザ感が増していたんだと思いますけど。

それにしても違和感しかなくて、残念。

どうせならセリフは英語で統一されていたほうが、もっと作品の世界観に浸れて楽しめたと思います。

あと、滑舌の悪さや棒読みのセリフ。あれどうかなりませんかね。

”世界の北野”の演技を期待していただけに、今回はお粗末な内容でした。

やれやれだぜ。

いろいろありすぎて感情移入しにくいのが仇

というのも、あれもこれもとごちゃ混ぜしすぎて、この作品は一体何を伝えたかったのかわからなくなってしまいます。

映像でいえば原作とオリジナル映像が混ざっていますし、セリフでいえば英語と日本語が混ざっています(キャストも同様に)。

統一感がまったくないので頭の中で整理がつかず、結局可哀想なシーンを観たとしてもまったく心に響かないという・・・。

ほんと、ドンマイとしか言葉が見つかりません。

まあ、その辺を補うかのようにバトルシーンは見応えがありますけど。

ある意味、良いところも悪いところもはっきりとしている作品といえます。

さいごに

本作をひと言でいうならば、

知識のある原作ファンが観るととことんがっかりするような作品。

知識のない原作ファンが観ると普通に楽しめる作品。

というふうに思いました。

映像美や世界観は素晴らしいものがありますので、攻殻機動隊に少しでも興味のある方は観て損はないと思います。

バンコ
あれ、そういえばタチコマの姿は?

ボクが1番観たかったのはコイツなのに…。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK