SENSE TODAY ♯10

SPONSORED LINK

時間を管理しようと意識していても、人生はいつも不確実性の連続。このことは子どもが生まれてから特にそう感じます。予定通りにいかないことも楽しむことができたらと思いつつも、現実はそうはいかず。まだそのレベルには達していません。

いつになるのかわかりませんが、その未熟さもいつかは懐かしむ日を迎えることができたらと思います。

今日の持ち物

友人の結婚式に参加するにあたって、前日にいろいろと考えました。持っていくカメラをLeica X-Eと写ルンですにするか、それともLeica X-EとNikon EMにするかで。

そうなってくると持ち運ぶバッグもずいぶんと考えさせられました。はじめはリュックが脳裏に浮かびましたが、目立ちすぎかなとさすがにリュックは気が引けたのでショルダーバッグにしました。

PORTERかWILD THINGSかのどちらかになるわけですが、式場にワイルドさを持ち込むのもどうなのかなと思い、スヌーピーのワンポイントが入っているPORTERにすることにしました。

消去法ではありましたが、PORTERであれば許されるのかなと思ったりしました。

ショルダーストライプは取り外し式のほうがいいって話

2019.01.29

 

結局カメラは、Leica X-EとNikon EMの2つを持っていくことにしました。理由はデジタルとフィルムで友人との思い出を残したかったからです。

特にフィルムではエモい写真が撮れたらなと思って、持っていこうと決めました。

 

仕事について

祝福の日に仕事をする気なんて起きるはずもなく、ただひたむきに祝うことや楽しむことに集中していました。基本的に結婚式は一生に一度のイベントではありますし。あのときもっとこうすればよかったなー、と後悔したくなかったというのもあります。

お陰で心から楽しむことができました。仕事のことを考えずに1日を過ごしたのは久々だったなー。たまにはそんな時間も積極的につくりたいです。

 

生活について

ほぼほぼ友人の結婚式の準備であったり、結婚式であったり、友人と語り合ったりで、そんな時間に費やしていたと思います。

友人と会うのは約3年ぶりで、見た目の老け具合に少し落ち込みました。20代の頃はあんなに初々しかったのに、もう32歳なんだなー、と。けして人のことは言えませんが、それでも確実に時間だけは刻んでいることを実感します。

友人とももっとたくさん遊んで、もっといっぱい思い出がつくれたらなと思います。家族ぐるみで集う計画があるみたいなので楽しみです。

 

まとめ

家庭をもつようになってから友人と遊ぶ機会もすっかり減ってしまい、約3年ぶりの再会には嬉しさ以上のものがありました。

3年もの間、環境の変化を聞くのも楽しかったですし、共通の話題で子どものことや家のこと、仕事のことなど今までにない話題で、まさかこのようなときを迎える日がくるとは、少なくとも20代の頃には想像することはできませんでした。

友人とは40代になっても、50代60代と……。命が尽きてしまうまでの間はずっと関係を続けていきたいなと思います。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK