iPhone Xだけでブログ記事の執筆がはかどる、はかどる。iPhone X用の縦置きスタンド対応ケースを手に入れました

SPONSORED LINK

iPhoneの性能のアップグレードを図るために、「さよならiPhone 6。ようこそiPhone X」の記事でも書いたようにiPhone 6からiPhone Xに変えました。

iPhone 6のときからiPhoneでブログの記事が書けたらなと思い、画面表示の見やすさを重視して縦置きスタンド対応ケースを愛用していました。

iPhone Xにも同じように縦置きスタンド対応ケースを付けたいなと思い、いろいろ探し回ったところ良さげなモノを手に入れたのでレビューしていきたいと思います。

iPhone X縦置きスタンド対応ケース

今回手に入れたのは、楽天で出店されているドライブレコーダーのクールリバーで販売されている「iPhone Xカバー 背面ケース スマホケース/スマホカバ」。(正式な名称がいまいちわからない……)

手に入れる前の印象としては、高級感がある割にはお手頃な価格だなあと思いました。ほかにもいつくか候補はありましたが、トータルバランスを考えたすえ「iPhone Xカバー 背面ケース スマホケース/スマホカバ」の購入へ至りました。

ほかに考えたケースとしては、以下の5つを候補に挙げました。

 

1.ESR iPhone X ケース

 

2. ZEROCHROMA iPhone X 専用ケース VarioProtect ブラック 並行輸入品

 

3. TOPEAK ライドケース

 

4. moshi Kameleon for iPhone XS/X (Midnight Blue) ケース

 

5. Tough Stand – Black

 

極端に価格が高かったり機能やデザインとしては微妙だったり、総合的に考えた結果見送る形となりました。

 

外観レビュー

海外製の商品なのか、パッケージには英語やら中国語らしき文字が書かれています。これ、普通に怪しいやつかな、一気に不安になりました。

また、もう一点気になったのが、海外から運ばれてきたのもあって箱がボロボロでした。写真ではわかりづらいですが、ほかの荷物に潰された感満載で、えっ、これ中古ですか?と疑われても仕方ない状態でした。この時点で早くも後悔の気持ちでいっぱいでした。

 

恐る恐る箱から取り出してみると、中身の状態は特に不備な点は見当たらず、比較的良好な状態。ここにきてすごく安心させられました。

箱は悪くてもきちんと中身さえ状態が良ければ、それでいいんです。

 

ただ、ここにきてさらに一点、問題が浮上しました。ケース本体の見た目が、思ってた以上に安っぽい。縁の部分はシルバーというよりもアルミのような質感で、はじめに抱いていた高級感のかけらもありませんでした。

これなら逆にすべて透明でもよかったのかなあと思いました。デザインに関しては期待以下のクオリティで、ちょっと残念だなあと思いました。

 

続いて機能面については、ケースを付けた感じとしては、緩すぎずiPhoneの本体にしっかり密着するつくりになっていました。安心感があって、それに取り外しも硬すぎずスムーズでした。

 

スタンドの部分は、力もさほど入れずにほどよく開閉することができるようになっています。カチッと閉まるため、今のところ勝手に開くようなことはありませんでした。

 

カメラの部分もジャストフィットまでとはいきませんが、特に不満も感じない程度で問題ないつくりでした。

 

スタンドの部分は、iPhone 6に付けていたケースと同じように二段階の角度調整ができる仕組みになっています。

とはいっても、角度を深くつけるのはあまり好きではないので、どちらかと言えば浅い角度のほうが画面が見やすくて良いです。ちょうど写真の角度になります。

 

スタンドの根本が調整できる機能は、今のボクの使い方だと不必要かなと思いました。だって普通に横置きでも使えますし。むしろ、いちいち動かすのが手間で面倒です。この辺は残念で賞で称えたいなあと思いました。

 

iPhone Xでブログを書くスタイル

画面の表示領域が広くなったことで、文章の確認しやしさもずいぶんと変わりました。画面上で文章を確認できる量が多くなったぶん、スクロールや矢印キーを押す頻度が少なくなり記事を書くことに、より集中できるようになりました。

腰を据えて記事を書くときはこのスタイルですが、頭の中で文章がふと思い浮かんだときは、いちいちHHKBを取り出してBluetoothに繋げてさあ入力だ、といった行動では効率が悪いので、状況に応じて手入力を行っています。

実際は手入力で文章を書くことが多くなったような気がします。この辺も統計がとれたらいいんですけどね。

 

ボクの文書を書くときの癖なのか、文章の前後を把握しながら記事を書いていることが多く、横置きであると前後の文章が確認しづらく執筆意欲や質にも影響が出てしまいます。

人間というのはほんと贅沢な生き物で、ほんの些細なことがだめだったりします。その贅沢を満たしてくれるのが縦置きスタンド対応のケースであり、不思議と文章もスラスラと書けるようになりました。ありがたや〜。

 

まとめ

率直な感想として、買ってよかったと思う反面、価格は少し高いかなと思いました。同じようなケースでもiPhone 6のときは確か1,000円程度でしたから、それに比べると高すぎます。しかも同じようなクオリティでしたし。

でもまあ、縦置きに対応したスタンドの種類が少ないなか、そのなかであればいい買い物だったと胸を張って言い切れます。買って正解でした。iPhoneでも記事を書きたいという方におすすめのケースですので、気になっている方は使ってみてください。

 

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK