写真の編集・加工におすすめのガラスフィルム。iPhone Xのフィルムシートを変更しました

SPONSORED LINK

さよならiPhone 6。ようこそiPhone X」の記事でも紹介しているように、iPhone Xを手にしてからというもののブログ記事を書くことや写真の編集・加工する機会も今ではずいぶんと多くなりました。ただ、記事を書くぶんにはなに不自由していませんでしたが、写真の編集・加工する場面ではアンチグレアのフィルムシートを貼っているぶん、色合いがわかりずらく不便でした。

あともうひとつ思っていたのが、iPhone Xにアンチグレアのフィルムシートを貼ってしまうとSuper Retina HDディスプレイの良さを実感することができないということ。せっかくの美しいディスプレイを拝める機会があるというのに、みすみす自分たちでその良さを打ち消していると思うと非常に残念でしかたありませんでした。ただちに応急処置を行うべく、アンチグレアから光沢のあるガラスフィルムへと変更することにしました。

フィルムシートを変更することで、写真や画像の色合いがくっきりと見えるようになり編集・加工がしやすくなりました。

OAproda(オーエープロダ)全面保護のガラスフィルム

ボクが購入したのは、OAproda(オーエープロダ)から発売されている全面保護のガラスフィルム。

以前使っていたアンチグレアのフィルムシートは全面保護のタイプのものではなく、ノッチの部分やディスプレイが中途半端に隙間があいているものでした。不格好だったのもありますが、なにより守られているように感じられなかったので今回購入するなら全面保護タイプのものと決めていました。

フィルムがクリアであることや全面保護されているもの、そして最後はお手頃な価格だったことが購入の決め手でもありました。購入して後悔しない典型的な商品だと思います。

 

レビュー

まずは中身の確認。アプリケーター、アルコール清浄布、クリーニングクロス、ホコリ除去用フィルム、ガラスフィルムの一式が入っています。

 

フィルムシートの貼り方は、商品パッケージの裏に表記されています。書かれている通り実行すれば、まず間違いありません。

 

アンチグレアのフィルムシートを剥ぎ取りケースも取り外して、新たなるフィルムシートを貼り付ける状態に整えます。アルコール清浄布で入念にディスプレイを拭き取りきれいにしていきます。以前は全面保護されていなかったぶん、ディスプレイ上にくっきりと跡みたいのが残っていましたが、アルコール清浄布を使えばきれいに拭き取ることができました。

 

フィルムシートを貼るときはどうしても真剣な表情になりがち。だからなのか、発売元の会社のご配慮なのかわかりませんが、クリーニングクロス中央にはスマイリーフェイスのようなイラストが描かれていました。もちろんこれを見たからといって、笑顔になるわけでもなく表情は真剣そのものです。この作業が終えて成功するまで、心の底から笑えないというのが正直なところ。

 

ディスプレイの汚れを拭き取ったあとは、ホコリ除去用フィルムで入念にホコリを取り除いていきます。ここでホコリやチリのひとつでも入るものならそこから空気が入ってしまい、ディスプレイは悲惨な結末を迎えてしまいます。ここからが本当の勝負。フリーフォール式に一気にフィルムシートをディスプレイへ貼り付ける作業をやっていきます。

 

ほら、完成です。フィルムシート内に空気が入ることなく無事成功したので、とりあえずはひと安心しました。作業中は呼吸をするのでさえ慎重になり息苦しいなかやるので、成功したときの喜びは異常です。おおげさですが、達成感に満ち溢れます。

 

フィルムシートが全面保護のタイプともあり、ほとんど隙間はありませんでした。隙間が埋まるだけで不思議と安心感も以前の倍になりました。

 

アンチグレアのものとガラスフィルムを比べてみると、台こそ違いますが、ディスプレイの見え方が全然違うのがわかります。写真や画像を編集・加工するうえで、やりやすいのは間違いなくガラスフィルムになります。

アンチグレアにしていいのはゲームをするときぐらいで。まあ、ガラスフィルムでもできないってことはありません。むしろディスプレイがきれいぶん、ゲームをしていても断然ガラスフィルムのほうが幸せにプレイできるような気がします。

 

まとめ

フィルムシートについて気になることと言えば、シートを貼ったときの空気の混入の行く末だと思います。ボクはiPad Proのフィルムシート貼りで一度経験をしていますが、あれは結構な勢いで厄介者でした。いや、本当に、気を許した瞬間に突如として現れるので、どう考えても迷惑な奴でしかありません。フィルムシートを購入する上で、空気の混入のしやすさは見逃せない重要なポイントだったりします。購入して後悔するパターンは大抵これになるので。

では、本製品はどうなのか言うと。率直に言えば、正しく貼れば空気の混入はほとんどありませんでした。むしろ、どうやればフィルムシート内に空気が混入するのか、よっぽど下手に貼らない限り心配はいらないかと思います。

心配性な方は、良く聞くのが、湿度が高いお風呂場で作業をやられるとうまくいく確率が高くなるみたいです。今のような寒い季節だと作業をするのも地獄ですけどね。とりあえずフィルムシートを貼る作業のときは、長袖を着ているなら袖をまくって手を洗ってからやられるといいような気がします。あと作業台も清潔に。

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK