iPhone 6に息吹を

SPONSORED LINK

どうも、バンコ(@banco_oc)です。

Appleが意図的にバッテリーの劣化した旧型iPhoneの性能を落としていたという残念なニュースを知ってまもなく、iPhone 6以降のバッテリー交換費用を値引きするとのことで、これは願ってもないチャンスと思いiPhone 6を修理へ出すことにしました。

通常なら8,800 円かかってしまうところ、値引きの対応により3,200円に値下げられてて5,600円もお得になります。

期間は 2018年12月31日までの間で、今からでもずいぶんと余裕はありますが、対象となる端末を所持している人なら忘れないうちにやっておくのが得策かな、なんて思います。

申し込みはAppleの公式サイトで行えます。

iPhone 6が修理から帰ってきたらやろうと思っていること

Wi-Fi専門機での運用 or SIMフリーでの運用

BlackBerry KEYone Black Editionを2ヶ月弱使ってきましたけど、いろいろと微妙に感じるところもありまして。

たとえば、「カタカナ変換がひと手間」と感じることもあれば、「物理キーボードは打ちやすい、けど、タイピングスピードは遅い」と感じることもあって。

このことで、仕事自体に支障を来していることもあります。まあ、ごくわずかですけど。

だからといって、そこまで深刻な問題でもなくて。

職場の人から受信したメールやSNSに対して、返事を返そうとする気力が下がってきているのは間違いありません。

だって面倒だし。要件をメールよりも電話で済ませたほうが早いという考えに至るケースも多くなっています。

iPhone 6を使っていたときには、そんなことまったく思ったことなかったのに。

この際いっその事、BlackBerry KEYone Black EditionのSIMをiPhone 6に差し込んで運用しようという気持ちの狭間で揺れ動いています。

 

iPhone 6のほうが優れていると思うこと

手軽にデータ移動ができるAirDropが超便利

これはMacとiPhone間でのデータの移動をスムーズにしてくれる優れものです。

ボクは主に、仕事で作成したWordやExcelのファイルやiPhone 6で撮影した写真をMacへ移すためにバリバリ活用してきました。

専用のアプリさえインストールすれば、Windows PCとAndroid間でもデータの移動は十分可能にはなりますが、今のところAirDropほどの便利さを感じられません。

さすがApple製品なだけはあると思ってしまうぐらい、シャレにもなりませんし比較にもなりません。

そんな些細なことだとしても、iPhone 6へ戻る理由がそこにはあります。

 

撮影した写真の出来栄えがiPhone 6のほうが綺麗

これに関してはボクの感覚的な要素が大きく含まれていますが、気持ち的にBlackBerry KEYone Black EditionよりもiPhone 6で撮影した写真のほうが綺麗なように感じます。

写真の出来栄えに関して素人のボクにもはっきりとわかる通り、BlackBerry KEYone Black Editionで撮影した写真は全体的に色が濃く、それに対してiPhone 6は自然な色合いになっています。

BlackBerry KEYone Black Editionで撮影した写真が画質が悪く全然ダメというわけではありませんが、iPhone 6で撮影していたときのほうが満足した写真が撮れていたように思います。

 

今、iPad Pro10.5を買おうかすごく悩んでいる

再びiPhone 6の運用を考えることとなった最大の理由は、実はこれです。これが一番の理由です。

単純に物欲を満たしたいという理由のほかに、なぜiPad Pro10.5が欲しいかは、いろいろと理由を見つけている最中ではありますが。

これといって必要性を見出せていない状態で、なかなか購入までにたどり着けていません。

映画や動画を観るにしてもMacBookがありますし、下書きを含めブログを書くにも同じくMacBookがあります。

どうしてもiPad Pro10.5が必要なんだ、と思うところまで、引き続き購入の動機を探し続けていきたいと思っています。

あー、見つかるかな。

 

まとめ

なんだかんだでボクの性格上、すぐにはiPhone 6へかえずに今使っているBlackBerry KEYone Black Editionを運用していると思います。

その点、けっこう慎重派でもありめんどくさがり屋でもありますので。

手元にiPhone 6が戻ってきてから、また考えていきたいと思います。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK