映画『帝一の國』笑ってジーンときて心打たれる素晴らしい作品

SPONSORED LINK


 

上映時間 118分
製作国 日本
監督 永井聡
音楽 渡邊崇
配給 東宝
公開日 2017年
主な出演者
菅田将暉(赤場 帝一)
野村周平(東郷 菊馬)
竹内涼真(大鷹 弾)
間宮祥太朗(氷室 ローランド)
志尊淳(榊原 光明)
千葉雄大(森園 億人)
永野芽郁(白鳥美美子)
吉田鋼太郎(赤場譲介)
総合評価
『帝一の國』:

 

どうも、バンコ(@banco_oc)です。

久々に邦画のなかでいい作品に出会えました。

ベタな言葉ではありますが、これはすごく面白い。それでいて心打たれる素晴らしい作品でした。

本作からは人生においてすごく大切なことを学べたような気がします。

主要キャラでもある大鷹 弾や森園 億人のセリフには、ジーンと心に響くものがありました。

こういう熱い青春を送るのもありだなあって思いました。

ボクも頑張ろうと勇気をもらえましたし、モチベーションが上がらないというときにまた観たいなあと思います。

 

あらすじ

国内屈指の名門校である海帝高校で生徒会長の座に就いた人物には、将来の入閣が約束されていた。首席で入学を果たした新入生の赤場帝一(菅田将暉)には、いつか総理大臣になって己の国を作り上げるという大きな野望があった。彼は2年後に控えた生徒会長選を見据え、全国から集まったトップエリート800人の高校生相手に戦いを挑む。
引用:シネマトゥデイ

 

感想

菅田将暉は相変わらずいい演技だったしいいキャラだった

とにかく何事にも全力で、まっすぐで、こうと決めたら成し遂げるまでとことん突き進むタイプの人間、赤場帝一。

見事なハマリ役ですごくツボでした。

なかでも、6組のルーム長を務める大鷹弾をライバル視して、自ら勝手に試験問題(最難関大学に合格する以上の難易度を誇る海帝高校の外部入学試験)の勝負をはじめるくだりは、もう最高でした。負けず嫌いもいいとこです。

父である赤場譲介と採点結果を確認するシーンは、本作いちの見どころポイントでもあります。

いや、ほんと、腹を抱えて笑いました。この2人の親子関係も面白すぎます。

 

帝一以外の登場キャラの5人もすごくよかった

榊原 光明

帝一の親友でいて、副ルーム長。

帝一との絡みはボーイズラブのような印象を受けましたけど、その関係性もすごくよかったです。

どちらかといえば女々しい感じではありますが、猫型の小型盗聴機を自作するほど手先が器用で、しかも何気に帝一よりも頭脳明瞭だったりするところは、ナイスなキャラでした。

帝一の幼馴染でもある白鳥美美子とのラブシーンをかっさらう瞬間は、見事なまでの脚本でした。一本やられました。

 

大鷹 弾

一年六組のルーム長で、帝一の友達。

身長高くてイケメンで、それでいて運動神経抜群で、頭も良くて、言うことなしの完璧キャラです。

でもかなりの苦学生で、その瞬間を思わせるシーンが描かれています。

父は死別していて母はバイトの掛け持ちをしていて、それでも子どもたちは幸せそうだし、弾自身も幸せそうな感じだったので、ああいう家庭とかに素直に憧れます。築いていきたいって思う。

 

森園 億人

ボクがもっとも嫌いとするキザでいけ好かない感じではありましたが、生徒会長選挙で正々堂々と戦う姿や自然と仲間たちに囲まれる人望もあってか、このキャラに惹かれるものがありました。

将棋も1000手先を読めるようですし。単純にすごいし、羨ましいって思う。

 

東郷 菊馬

帝一の永遠のライバル的存在。

特徴としては、誰も認めるぐらい「息が臭い」ことです。

本作では、何度も帝一の前に立ちはだかろうとするなど、救えない人間の代表格とも言っていいほど正真正銘のクズ人間でした。

やることなすことズルい行動ばかりが目立ってて、その分人望も皆無に等しい、ある意味可哀想な残念キャラでもありましたけど。

ただ、こういう奴がいないと帝一の存在も、本作自体にも面白味がなかったのかなあ、なんて思ったり。

結構、重要キャラでもあります。

 

氷室 ローランド

いかにも、漫画「ベルサイユのばら」に出てきそうなほどゴリゴリのクセ強めのキャラ。

圧倒的なカリスマ性をもち、圧倒的な発言力をもち、圧倒的な力をもち、とにかくなにもかもが濃すぎます。

宗教とかのリーダーをやらせたら間違いなく結果を残すタイプの人間で、本作でもひと一倍異彩を放ってました。

精神的にもろい一面があるところは、人間らしさがあって安心しました。

 

クローズの政治版みたいなストーリー

学生を取り扱った作品は数多く存在しますが、本作のストーリーをひと言でいうならばそんな感じです。

使っている音楽とか、クローズに似ているなあと思う瞬間もありましたし。

いろいろな派閥があって勢力がどうのこうのとか、てっぺんを目指しているところとか、殴り合いの喧嘩で決着をつけるわけではありませんが、いろいろと類似している箇所はありました。

そんなこともあってか、個人的には本作もクローズと同じくらい好きになりました。

こっちのほうが、笑い多めで楽しく鑑賞できましたけど。

どちらにも共通して言えることは、羨ましいぐらいのいい青春を送っているってことです。

人の心に残るような熱い人生を送ってみたいものです。

 

さいごに

時に笑えて、時にジーンとくるシーンがあったりと、最後の最後まで退屈することなく逆に楽しんで観れました。

118分あっという間でいつまでも観続けたいと、そんなふうに思いました。

全体的に勢いがありすぎて熱すぎますけど。

今まで観たことがない傾向の作品で、登場キャラ一人ひとりが主役級なとこもよかったです。

旬な俳優陣の出演が目立ちますが、それ以上に脚本の上手さが光っててほんと素晴らしい作品でした。すみません、ボクの言葉足らずでそれしか言葉が見つかりません。

今年最大の後悔としては、本作を映画館で観ればよかったなあと思いました。

 

バンコ
菅田将暉の出演作にハズレなし
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK