Microsoftから遂に発表!新しいSurface Proシリーズ「New Surface Pro」

SPONSORED LINK

どうも、バンコです。

5月23日は何の日?

そう、新型「Surface Pro」が発表される日です。

世界中のSurfaceファンが心から待ち望んでいたこの瞬間が遂にやってきました。

いち早く発表が知りたくて、何度ネットで確認をしたことか。正直、数え切れないぐらいです。

そろそろMac以外でMicrosoftのマシンが欲しいと思っていた頃で、新しい「Surface Pro」の発表をほんと楽しみにしていました。

上海でのイベント後、新型「Surface Pro」の全貌が明らかになるのが楽しみです。

正式名称について

新しい「Surface Pro」の名前は、予想では「Surface Pro 5」となっていましたが、正式には「New Surface Pro」と発表されました。

外観について

本体サイズは292×201×8.5mm(幅×奥行き×高さ)。

ディスプレイについては、Surface Pro 4と同様の2,736×1,824ドット(3:2、267ppi)のPixelSenseディスプレイを採用。

ただし、Surface Bookと同じカスタムシリコンのPixelSense Acceleratorを搭載したことで、より正確な色表現が可能となっています。

そのほかヒンジなど新規に開発した800のカスタムパーツを用いており、内部の変更点は多岐にわたる模様です。

なお、ヒンジは165度まで傾斜することが可能となり、イラスト作成などの作業も一段としやすくなるよう改善されています。

ファンノイズはシリーズでもっとも小さく、冷却機構や音響面でも強化されています。

静音性ではCore i7モデルの騒音は18dBと、置き時計の秒針音よりも低く、Core i5/m3モデルはファンレスとなります。

スペックについて

CPUは期待通りの第7世代Core m3/i5/i7を採用し、メモリが4/8/16GB、ストレージが128/256/512/1,024GB SSDでいずれも選択が可能です。LTE Advancedモデムも内蔵します。

Core i7のみIris Plus Graphics 640を搭載。

OSはWindows 10 Proで、Officeの30日試用版が付属してます。

重量についてはCore m3モデルが768g、i5モデルが770g、i7モデルが784gと、i5/i7モデルは若干軽くなりました。

バッテリ駆動時間に関しては、今回発表された「New Surface Pro」は13.5時間と、Pro 4の9時間から4.5時間も延長されています。

Surface Dialにも対応となりました。

インターフェイスは、USB 3.0、microSDカードスロット、Surface Connect、Mini DisplayPort、カバーポート、音声出力、IEEE 802.11/ac無線LAN、Bluetooth 4.1、500万画素Windows Hello対応前面カメラ、800万画素背面カメラを内蔵。

音響も強化され1.6W×2のDolby Audio Premium対応ステレオスピーカーを内蔵。

Surface Penについて

Surface Penは従来の1,024段階から4,096段階筆圧検知となり、従来よりも遅延が少なく感度も高めたものを新規に開発されたものが採用されています。

キーボードタイプカバーについて

新たにアルカンターラ素材を採用したPlatinum, Burgundy, Cobalt blueがラインナップとして用意され、価格はそれぞれ159ドル。アルカンターラ素材ではない通常のBlackは129ドルとなります。

キーストロークは1.3mm。

価格について

価格は最廉価モデルで799ドルとなっています。

6月15日以降、世界26カ国で出荷開始となりますが、日本での取り扱いは不明なようです。

参照:PC Watch
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK