気分転換に。Pebble Time Roundのベルトを一新しました

SPONSORED LINK

”ギラギラと日が差す季節になると、身の回りのモノをどうしても夏仕様に変えたくなる。”

付属のベルトがずいぶんと傷んできたこともあって、そろそろPebble Time Roundに合う新しいベルトが欲しいなあと思ったタイミングで新調しました。

【レビュー】「Pebble Time Round」面倒くさがり屋なほど重宝するスマートウォッチ。

2017.10.07

安価だったので冒険心がはたらいた

ボクが購入したのは、「ワカキセ 腕時計ベルト NATOタイプ 20mm ショートサイズ waca-901 (迷彩D)」。値段も690円とかなりお手頃で、涼しさを演出してくれるナイロン素材がこの季節にぴったりだと思い購入に至りました。

安価だったこともあり、様々なカラーバリエーションがあるなかで普段は選ばないような明るい迷彩柄をチョイスしました。

 

その結果はどうなったのかというと…

実際の見た目とは違って合わなかったらどうしようという不安はありましたが、装着してみるとまったくもって問題ありませんでした。

ブラックの時計にベルトの迷彩柄がいい感じにアクセントになってて、おしゃれ度が増したような気がします。少なくとも、当初の目的でもあった気分転換を図ることには成功しました。

 

注意すること

ボクの不注意ではあるのですが、「ワカキセ 腕時計ベルト NATOタイプ 20mm ショートサイズ waca-901 (迷彩D)」が手元に届いたときに、バネ棒が付属していないことに気が付きました。

楽しみにしていた自分自身の気持ちを裏切り、励ますかのようにベルトだけでも腕に装着してみました。結果、悲しさと切なさが増すだけで、やらなかったほうがよかったと後悔しました。

ボクが購入したのはあくまでベルト単体のモノ。Pebble Time Roundにきちんとした形で付けるためには、バネ棒も一緒に購入する必要があります。ボクと同じ気持ちを抱かなくてすむようくれぐれもご注意ください。

 

まとめ

不注意による若干のトラブルはありましたが、ベルトを交換するだけで気分を変えられるのなら安い買い物でした。一見するとカジュアルな印象を受けますが、堅苦しい仕事の場面でも服装によっていいアクセントになったりするので、個人的には全然ありだなあと思いました。もちろん、スーツにも全然合うと思います。

「おしゃれは足元から」という言葉があるように、「おしゃれは手首から」という言葉があってもいいんじゃないかなあと思いました。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK