実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公開前にいろいろと叩かれているからひと言物申します!

SPONSORED LINK

どうも、バンコです。

2017年8月4日に公開予定の実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の予告編が公開されました。

スペインが舞台となっているみたいですが、海外で撮影しているようには全然見えませんでした。

それにキャラクターのビジュアルとかも、個人的には完成度の高さが伺えました。

服装や髪型とか、よこくここまで再現できたなあと、制作者の皆様を褒めちぎってやりたいです。

アメイジング!ワンダフル!エクセレント!

ただ、ネット上には公開前から早くも多くのネガティブ意見をあちらこちらで見かけます。

みんな、判断するの早いなあ〜。

批判するのはまだ早くないかい?

作品に対しての思い入れが強ければつよいほど、ある一定の基準を求めたくなる気持ちはとてもよくわかります。

ボクも『るろうに剣心』が実写になると聞いたときには、不安な気持ちでいっぱいでしたから。

漫画のキャラクターを人間が演じられるはずがない、実写化に対してそんな反骨精神MAXでした。

だがしかし、恐る恐る鑑賞してみたときに、ボクの想像を遥かに超えるクオリティにすべてを打ち砕かれる現実を目の当たりにしました。

実写版『るろうに剣心』、すんげぇ面白くてすんげぇ最高と思いました。

とくに佐藤健の演技力にはまぢでやれました。彼の努力はリスペクトに値します。

このことから、ボクは作品をきちんと鑑賞したうえで評価するべきであることを学びました。

敬意を払える人間でありたい!

上の話の続きになりますが、きちんと鑑賞したうえで評価してあげることが、制作した方々への最大の敬意だと思います。

別に鑑賞したあとで面白くなかったという意見が多くあってもいいとは思います。

製作者側の力不足だったという話ですから。

個人的に許せないのは、何ヶ月間、何年とかけていろいろな人たちがいろいろな思いで仕事をやったものに対して、観る前からああだこうだとケチをつけるのはどうかと思います。

ボクは製作スタッフの回し者でもなんでもありませんが。

これだけは言えます。

相手の立場になって考えることって、これって生きていくうえで大切、いや必要不可欠なものですよね。

そもそも求めている期待値が高すぎるんじゃない?

これが当てはまるなら、今すぐ考えをあらため直すことをおすすめします。

漫画で表現できることと、映画で表現できることは別次元です。

漫画のイメージを映画にそのままもっていったあかつきには、もれなくがっかり感を抱くような事態が発生しますから。

漫画の世界観を120%そっくりにつくるのは、基本的に無理な話と思います。(CGなど特殊な技術力を駆使するか、キャラクターも海外の方に出演してもらえたらいいのでしょうかど)

キャラクターもストーリーも全部漫画と似ているだけの映画なら、わざわざ実写化する必要性はないと思います。

展開がわかりすぎてつまんなさそうですから。

あくまでオリジナル作品として、あっ!このシーン懐かしいなあとか、全部が全部ではなくてひとつやふたつ懐かしむシーンがあれば、それでいんじゃない?って思いますけどね。

とりあえず公開するまでぐっと気持ちを抑えて待つ!

ネット上でああだこうだ言っても、結局のところしかたありません。

2017年8月4日には誰がなんと言おうと、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は公開されてしまいす。

それまでボクらにできることは、お利口さんにして待つことぐらいですべては8月4日にわかります。

現実を受け止めたくない気持ちはわかりますが、もしかすると実写版『るろうに剣心』のように出演している方々が奇跡を起こしてくれるかもしれません。

期待を胸にふくらませていきましょーーーーい。

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公式サイト

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK