Operaよりリリースされたコンセプトブラウザ「Opera Neon」をダンロードして使ってみた!

SPONSORED LINK

Opera Neon どうも、バンコです。

なにやらOperaからコンセプトブラウザ「Opera Neon」がリリースされたとのことです。

「Opera Neon」ってなに?

出典:MakeUseOf

出典:MakeUseOf

「Opera Neon」を知らない方のために、いくつか特徴について紹介です。

このブラウザ、

  • 未来感覚ブラウザ
  • 次世代ブラウザ
  • 斬新的なブラウザ
  • 革新的なブラウザ

とか、いろいろ言われていますけど、つまり既存のブラウザとは違うまったく新しい斬新的なUI/UXが特徴になっている、ということです。

「Google Chrome」、「Firefox」、「Microsoft Edge」、「Safari」などのブラウザのひとつと思ってもらえるとわかりやすいかと思います。

で、一体このブラウザで何ができるの?

出典:TechJuice

出典:TechJuice

今のところわかっているのは、以下の機能です。

  • 「Split screen mode」でブラウザ内に2画面表示が可能。
  • スクリーンショットを撮影してブラウザ内にスナップショットとして保存することが可能。
  • 動画コンテンツがあるいくつものサイトを、左側メニューの矢印マークの部分にまとめて表示することが可能。
  • ブラウザ内で「ピクチャ・イン・ピクチャ」が可能。

ざっと挙げて、これだけの機能が使えます。

これって・・・。

そう、目新しい機能はなにひとつない!

はい、確かにそうです。

実際これらの機能は、アプリを使えば可能です。

ただ、ブラウザひとつでこれだけの機能が集約されているものは、ほかのブラウザにはないような気がします。(ボクが知らないだけかもしれませんが)

これらを使った作業が必要なときにブラウザひとつで完結できるようになるため、場合によっては便利なのかもしれません。今のところ想像つきませんけど。

使ってみての感想

ブラウザを立ち上げてみると、このような画面があらわれます。

ブラウザの背景でデスクトップの壁紙が透けて見えるのが、もう、この時点でおしゃれですよね。

また、Operaユーザーにはお馴染みの「Speed Dial」には、丸いアイコンが表示されていて、カーソルを合わせるとゆらゆらと動くアニメーションが視覚的に楽しめます。

小さなことですが、これだけでも気持ちワクワクします。

ただ、「Split screen mode」の機能を使ってみて思うが、Mac Book12インチの画面では、ブラウザ上で表示される情報量が少なく見づらいという感じです。

Mac Book Pro15インチもしくは、iMacぐらいの大画面であれば真価を発揮しそうなブラウザであると思いました。

さいごに

「Opera Neon」を2、3日程度さわってみましたが、ほかのブラウザと比べ視覚的に楽しい印象を受けました。

この先ブラウザを「Safari」から移行する予定は今のところありませんが、実験段階としてちょくちょく合間をみて操作してみたいと思います。

使い続けてみないと、物の良さってわからないこともありますし。

久々に新鮮な気持ちで、調べ物などが行なえ満足しました。

この業界がこの先一体どうなるのか、未来なんて誰も知り得ないことかもしれませんが、Operaはひと足先に未来を見据えているのかもしれません。

そんな未来感漂う雰囲気が、このブラウザから感じ取れました。

「Opera Neon」はWindows/Macに対応していて、Webサイトから無料でダウンロードすることができます。

未来志向のブラウザを試してみたいという人はぜひお試しあれ!

Opera Neon

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK