西海岸の古着は仕事着に超おすすめ!まだユニクロで仕事着を購入しているの?

SPONSORED LINK
002

どうも、バンコです。

ユニクロでコーディネートした仕事着が職場のみんなと被らないと思っていても、ダイレクトに被ってしまうのが世の常。

これ結構、職場ではシャレにならないほど恥ずかしい思いをします。

かといって、ユニクロ以外のところで仕事着を探して購入するとなると、またお金が掛かってしまい安月給のボクとしてはかなりの痛手になります。

でも被っているままなのは嫌だし、できるなら安く価格を抑えたい。そう考えていたところ、見つけたのが古着屋の西海岸になります。

おしゃれなオフィスで働く都会の方々には無縁の話になるとは思いますが、安くておしゃれな仕事着を探しているという方は西海岸は超おすすめです。

では今からは、西海岸の魅力について紹介します。

”仕事着=ユニクロ”という概念が崩れた原因!

みなさん仕事着はどのブランドのものを愛用していますか?

ボクは障害者福祉の仕事に携わるようになってからは、仕事着にお金なんてかけていられない!と思い、ずっとユニクロの洋服を着ていました。

夏はポロシャツ、冬はタートルネックといった具合に。また寒い時期にでもなれば、タートルネックの上からスエット・パーカーを重ね着するのが、ボクにとって定番の仕事着でした。

スエット・パーカーなんて、仕事着としては超便利なアイテムですから、グレーと黒の2着購入してその時々の気分で着回したりしています。

ホント、ユニクロって良心的な価格だしデザインもシンプルで仕事着としては一番無難なわけです。

でも、ユニクロを仕事着にしていると、どうしても避けられない問題に直面します。

それは職場の方と仕事着が被ってしまうことです。

いくらシーズン違いとはいえ、根本的にデザインが似ていますからもろ被ります。

そうなるとまるで会社の制服のようになってしまい、周りからはちょっとしたネタにされたりとさんざんなことになってしまいます。

で、今年の冬も同じようにタートルネックにスエット・パーカーの定番スタイルで出社すると、驚くほど仕事着が被ってしまう事態が多発してしまいまして。

打ち合わせなんてなにひとつしていないのに。なぜ?どうして?

その人とは別に仲が悪いというわけではありませんが、個人的には周りの目が少し気になりますし、何より仕事着でも普段着でも洋服が被ることに抵抗があります。

そんなわけで、今年はユニクロではなく西海岸で仕事着を買うことにしました。

西海岸は仕事着を探すのに格好の場!

出典:KaraMAG

出典:KaraMAG

仕事着を西海岸で買うことになってからは、職場でまったく被ることはなくなりました。これは何よりの収穫。

むしろ「今日はおしゃれだね」と、周りからも言われるようになり、気分がいいことに気づきました。

「どうせ職場なんだから、おしゃれをしても意味がないよね。」と思っていた頃の気持ちとはうって変わり、これからは仕事の場面でもおしゃれを楽しみたいと思えるようになりました。

おしゃれは仕事に対してのモチベーションが上がりますし、その日一日を気分良く過ごすことができます。

どうしてもっと早く気づかなかったのか。悔やんでもくやみきれません。

西海岸は古着だからといってまったく侮れない!

ここ最近週末になると、洋服を求め西海岸へ出かけていますが、行くたびにお気に入りの洋服を見つけては購入しています。

場所によって店舗の広さは異なりますが、どの店舗もハンガーラックにこれでもかと言わんばかりにずらーっと洋服が敷きつめられています。

どう見ても在庫超過と思えるほど、はじめはどこから手をつけるべきか迷うこともありましたが、基本的にカテゴリー別で整理されているため目的のエリアで洋服を物色するといった感じです。

で、物色してみて驚くのが、一つひとつの洋服の値段です。

古着は安いと聞くけど、えっ?そこまで?と思ってしまうほど安い価格です。いや、まぢで。

どんだけコスパいいんだよ。行ったことのある方ならきっとそう思っているはずです。

あのね。今までユニクロで仕事着を買っていたのがバカらしく思えましたから。

西海岸でお気に入りの洋服を見つけるのに時間と労力だけは必要!

これは前提としてあります。西海岸にはいろいろな服がたくさんあるからこそ、お気に入りの洋服を探すのに時間と労力は必ず必要になります。

特にシャツはびっしりハンガーラックに掛けられてて、取り出すにもひと苦労です。もちろん元に戻すときも、です。

大量にあるシャツのなかから、どのようにしてお気に入りの洋服を見つけるか。

正直、1枚1枚丁寧にシャツを見ていたららちがあきません。いや、これほんと。びっくりするぐらい時間がかかりますから。

お気に入りのシャツをいち早く探すときのポイントとして、ボクが心掛けていることがあります。

それは、「洋服のデザイン(カラーや柄)を中心に見る」ことです。

カラーは赤なのか、青なのか、黄色なのか。柄はチェックなのか、コイン・ドットなのか、ストライプなのか。

といった具合に、これらを探す前から決めておくと、楽にお気に入りのシャツを見つけられます。ぜひ試してみてください。

西海岸は極度の潔癖症にはおすすめしません!

f2a710_f17a6cb0b78e4c898b6f67fe5bd1611e

西海岸は古着を専門に取り扱っているところです。もちろん古着しか置いてません。

ですから、人が着たものに抵抗があるという方や苦手な方には正直おすすめしません。

ただこれは考え方の問題になってきますけど、Tシャツとかであれば直接肌に触れていますが、ニットやカーディガン、ネルシャツとか、何かしらうえから羽織るものであれば肌に触れることもそんなにないとは思います。(あくまでボクの考えですが)

ボクも古着を購入する前までは、人が着ていたものだから汚いし、たとえ洗濯をしたとしても生理的に受けつけない感じでした。

ところがある日をさかいに、洗濯をすれば大丈夫であるという考えに至り、それに古着といっても比較的キレイなものもありますから、きちんと選んで購入すれば大丈夫であることに気づきました。

思っていたほど洋服の匂いはきつくありませんし、古着を着たからといって肌に何かしらの症状が出ることもありません。

そりゃそうですよね。だって、いくら安いといっても売り物ですから、そこは徹底して清潔が保たれていると思います。

でなきゃ今頃、ボクの体中は湿疹だらけになっていますから。

古着は絶対に嫌だという方以外は、手軽におしゃれを楽しめる西海岸はまぢでおすすめします。

西海岸の古着は福祉職の方以外でも美容師におすすめ!

image_2000_2000_1

毎日おしゃれが必要な職種についてふと考えてみると、美容師ってほんと大変な仕事だと思います。

よっぽどカリスマ美容師で活躍しているか、独立でもしない限り給料は安いと聞きます。

そのうえ毎日おしゃれに気を遣わないといけませんし、商売道具でもあるハサミはかなりの金額がすると聞きます。

話を聞く限り、いくらお金があっても足りないのでは?と思う職種のひとつで、よっぽど意志が強くないとやっていけない職種であると思います。

一見すると美容師という仕事は、かっこ良く華やかなイメージがありますが、現実はそう甘くない世界であるとそのように感じます。

まあ、どの仕事も基本的にはそうだと思いますが。

金銭的に余裕のない美容師になりたての方は、極力洋服にお金をかけないためにも、西海岸を上手に活用することをおすすめします。きっと西海岸の魅力にハマるはずです。

嘘だと思って一度足を運んでみてください。

西海岸にて購入したアイテム

西海岸で購入した洋服になります。

仕事着に、カラーや柄違いのシャツが欲しくて一目惚れして購入に至りました。

▲薄っすらと黄色のカラーのデザインが施されたチェック柄のネルシャツ

▲薄っすらと黄色のカラーのデザインが施されたタータンチェックシャツ

▲グレーをベースにしたギンガムチェック柄のシャツ

▲グレーをベースにしたギンガムチェック柄のシャツ

▲写真ではわかりずらいですが、ピン・ドット柄のデザインが施されたシャツ

▲写真ではわかりずらいですが、ピン・ドット柄のデザインが施されたシャツ

▲着込むほど色合いに味が出てくるデニムシャツ

▲着込むほど色合いに味が出てくるデニムシャツ(白くなっているところは、最初からデザインとして施されています)

これだけ買ってもたったの2,480円ですから、ユニクロのシャツを購入するとなると4枚どころか2枚も買えません。(セール品出ない限り)

通常価格で販売されているユニクロのシャツ1枚の価格が、西海岸では2枚買えたりします。

これほどコスパのいい仕事着は、今のところ西海岸以外見当たりません。(他に知っている方がいたら教えてください)

シャツ以外でもアウターとかも気になっていますので、当分西海岸にお世話になりそうです。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK