映画『ジョン・ウィック チャプター2』さらなるスケールアップとなって公開!予告編とかポスターとかキャストを紹介!

SPONSORED LINK

どうも、バンコです。

またしてもこの男のガンフーを見れるとは・・・。

期待と興奮しかありません。

前作『ジョン・ウィック』はレンタルして自宅で観ましたが、今回は映画館に足を運ぼうと思っています。

アクションシーンとかスケールアップしているみたいだし、迫力も全然違うと思いますから。

すごくエキサイティングできそうな予感です。

楽しみ。楽しみ。

予告編とティザーポスターが公開!

キアヌ・リーブス主演のバイオレンスアクション『ジョン・ウィック』(2015年)の続編『ジョン・ウィック チャプター2』の予告編とティザーポスターが公開されました。

銃とカンフーを融合したアクション「ガンフー」が話題を呼び、『マトリックス』に次ぐキアヌ・リーブスの新たな代表作のひとつとなりました。

銃弾を避ける暇があったらとにかくぶっ放す。

気持ちがいいほどのこの姿勢がたまりません。

予告編

今度の相手は世界中の殺し屋!

前作『ジョン・ウィック』では、どうしようもないほどのアホでバカな裏社会のボスの息子に、死んだ妻の形見である犬を殺され復讐で組織ともども壊滅へと追い込みましたが、今度の相手は世界中の殺し屋となるようです。

世界中の殺し屋が相手となると、生き抜くだけでも大変なイメージがありますが、レジェンドのジョンはそんな彼らを皆殺しする勢いですから。

殺し屋の世界には、どうも引退という言葉はないようです。

『ジョン・ウィック チャプター2』のあらすじ

謎に包まれた国際的暗殺組織を乗っ取ろうとする以前の殺し屋仲間により、引退生活から呼び戻された伝説的なヒットマン、ジョン・ウィック。仲間と血の契約を結んだジョンはローマへ向かい、そこで世界で最も危険な殺人者たちと戦うことになります。
引用:ciatr

注目のキャストたち

キアヌ・リーブス

『ジョン・ウィック』で殺し屋としても、アクションスターとしても再び輝きを取り戻したハリウッドスターを代表する俳優のひとり。

『マトリックス』のネロ役を演じたとして、一躍世界的にも有名になりました。

今や彼の名前を知らない人はほとんどいないかと思います。

本作では50代とは思えないほどの動きを見せ、カンフーと銃を合わせた華麗なるガンフーアクションを不動のものにしました。

実生活では質素な生活を送っていることでも有名です。

『マトリックス』で稼いだ約80億円のギャラを『マトリックス』の特殊効果、メイクアップチームに還元したというのは有名な話です。

イアン・マクシェーン

マンチェスター・ユナイテッドのサッカー選手の父をもつイングランド生まれの俳優。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』で、黒ひげ役を演じたことでも有名です。

そのほか代表作に、『カムバック!』でインストラクターのロン・パーフィット役で出演し、『ヘラクレス』で預言者アムピアラオスを演じています。

シャーリーズ・セロンが出演したとして話題となった『スノーホワイト』では、主人公であるスノーホワイトと出会い、冒険と戦いの手助けをする小人のリーダー・ビースを演じています。

様々な役柄を演じてきたベテラン俳優です。

ジョン・レグイザモ

コロンビア・ボゴタ生まれのアメリカ合衆国の俳優。また、コメディアンとしての顔ももっています。

代表作品は、『3人のエンジェル』、『ロミオ+ジュリエット』、『ムーランルージユ』、『ランド・オブ・ザ・デッド』などに出演しています。

個性派俳優として有名なようです。

ブリジット・モイナハン

科学者の父と教師の母をもつアメリカ合衆国の女優。

代表作は、『トータル・フィアーズ』、『リクルート』、『アイ,ロボット』などに出演しています。

『ジョン・ウィック』では、ジョンの妻であるヘレン役として出演しています。

今作から新登場!

ローレンス・フィッシュバーン

アメリカ合衆国の俳優。

個人的に、見た目がお笑いタレントの山口智充と被ってしまう俳優です。

『マトリックス』のモーフィアス役を演じたとして、一躍世界的にも有名になりました。

その後、『ラスベガスをぶっつぶせ』や『マン・オブ・スティール』など、日本でもヒットした映画に出演しています。

演技と見た目のセットで、どの作品にも存在感ありありな印象を受けます。

デヴィッド・パトリック・ケリー

アメリカ合衆国の俳優であり、歌手でもあります。

1979年に俳優デビューを果たすなど、大ベテランの領域に達する俳優のひとりです。

正義の味方というよりも悪役を演じることが多く、『ウォリアーズ』ではギャングのリーダーでもあるルーサー役で注目を浴びました。

 

『ジョン・ウィック:チャプター2』は2017年2月10日より全米公開され、日本では同年7月10日より公開を予定しています。

バンコ
早く7月にならないかな。公開が楽しみだ!

『ジョン・ウィック チャプター2』オフィシャルサイト

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK