iPhone 6の使い道。今はたったひとつしかない

SPONSORED LINK

こんにちは。バンコ(@banco_oc)です。

iPhone製品をバッテリー交換の修理へ出す前に注意したほうがいいこと」からの失敗経験を経て、その後見事に息吹を吹き返したiPhone 6を今ボクはどういう風に使っているのか。

その辺のことについて紹介したいと思います。

と、その前に修理から戻ってきた際に、素直に感じたAppleの対応についてひと言感想を。

梱包の仕方が新たにiPhoneを購入した気持ちにさせる

さすがAppleというべきか。

こういうところ、いい意味でにくいです。

梱包の仕方ひとつとっても丁寧すぎるぐらい丁寧で、中身はお古でもまるで新品のような佇まいでした。

開封するときの高揚感といえば、それはそれは、妙にわくわくしてしまいました。

こんな気持ちになるのは、Appleだからこそのような気がします。

やっぱり使うべきデバイスは、WindowsとかAndroidとかじゃなくて、MacとかiPhoneなのかな。

 

現段階での使い道はカメラで写真を撮るのみ

レビュー用の写真を撮るぐらいで、ほかにはこれといって目ぼしい使い方をしていません。

Wi-Fi環境がなければほとんどのアプリは使い物になりませんし。

使ってて思うのですが、やっぱりカメラの性能はBlackBerry KEYone Black Editionよりも優れています。

それに基本、ボクの場合、ブログの更新は12インチMacBookを使っているので、iPhoneとMac間での写真の共有はすごく便利なのも実感してます。この便利さは最強に近いぐらいです。

BlackBerry KEYone Black EditionではGoogleフォトでSurface Proと写真の共有を行なっていますが、いちいちブラウザを立ち上げてからなので何気に面倒に感じることも多いです。

iPhoneとMacの写真アプリぐらい便利なアプリのリリースをAndroid側でもMicrosoft側でも強く望みます。

 

まとめ

iPhone 6の使い道としては、今はカメラで写真を撮るのみですが、それだけのためにバッテリー交換をして勿体ないと感じることは一切ありません。

バッテリー修理代と送料合わせて約4,800円かかりましたけど、iPhone 6が使える状態になって、むしろ大満足しています。

いっそのこと、BlackBerry KEYone Black Editionを売却して再びiPhone 6を運用してもいいかなって思っています。

ボクの使い方では、今のところAndroidでなければいけないというわけでもありませんし。iPhoneのほうが色々と使い勝手もいいですから。

これを機会に、一度手元にあるデバイスの整理を行なっていきたいと思います。

手放すことで余計なことを考えずにすっきりしたい、そういう時期なのかもしれません。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です