身の安全を危惧して。10.5インチiPad Proの液晶保護フィルムと保護ケースを買いました

SPONSORED LINK

どうも、バンコ(@banco_oc)です。

さようなら、ボクのiPad mini。ようこそ、10.5インチiPad Pro」でも書いたように、新たに10.5インチiPad Proを手に入れてからというものの、とりあえずはケースもなにもつけない状態で管理をしていました。

数日経って、やはり本体が剥き出しの状態だと傷がついてしまうことに不安を覚えたため、液晶保護フィルムと保護ケースの2点を買い揃えました。

結果、不安は解消され、満足のいく良い買い物ができました。

では、早速レビューといきたいと思います。

液晶保護フィルム「iPad Pro 10.5用Nimaso保護ガラスフィルム」

ガラスフィルムということで、頑丈なイメージなのと画質がきれいに見えるとの理由で購入。

まず言えるのが、外箱がおしゃれ。

こういったところにもこだわりが見られるのは好ポイントです。

サイズはほとんど問題なくぴったりでした。(あとで紹介しますが、張り方については問題ありありでした)

商品の付属品は液晶保護フィルム以外に、汚れを細かく拭き取るウェット&ドライクリーニングシート、ホコリを取るためのダストアブソーバー、品質保証カード、気泡を取るためのカード、クリーニングクロス、ガイドステッカー、取扱説明書と、きっちりとフィルムを付けてもらうための配慮が伺えました。

こんなについててあの値段ですからコスパ最強なんじゃないかと思います。

さらには、36ヶ月間のメーカー保証がついているので、一定の基準を満たしてれば取り替えが可能など、Amazonのレビューでも迅速に対応してもらったという人がちらほらいました。

これはすごく安心できる要素だと思います。

 

画面に保護フィルムを貼るのってむずい!

うまく貼れるかどうか心配でしたが、案の定、画面中央にホコリが入ってしまい気泡になってしまいました。ガーン!

はじめてのガラスフィルムでしたが、フィルムと比べてむずいような・・・。

まあ、いっかと思ってましたが、使っていくうちにどうしても気泡が気になってしまい、張り直しを決意。

再度チャレンジしたものの画面中央の気泡はなくなりましたが、なにかの影響で左上部に大きな気泡が入ってしまいました。

指で空気を抜いてもまったくダメでした。

こういった作業がどうも苦手なようです。ボクは。

また新しい液晶保護フィルムを購入しようかと思いましたが、中央に気泡が入っていたときよりも気にはならなくなったので、とりあえずはこのままの状態で使っています。

 

保護ケース「iPad Pro 10.5 ケース Ztotop 新型 レザー アイパッド プロ カバー 高級PUレザーケース 手帳型 全面保護 二つ折 オートスリープ機能付き Apple 10.5インチ(2017最新版)専用 スマートケース (グレー)」

装着時はやや硬いといった印象。取り外すのにも若干手こずりました。

ただ、この手のものは一度つけてしまえば取り外すことなんて滅多にありませんから、逆にそのくらいのほうがひょんなことで外れて落下する心配もありません。

しっかりガードしてくれているところは好ポイントです。

一番のお気に入りはケースのデザイン。

思ってた以上に合皮レザーが安ぽっくなくて、値段以上の高級感を感じさせます。

開け閉めはゴムで固定することができるため、カバンの中へ入れてもパカパカと勝手に開くといったことは起きません。

スタンドは横向きで3段階調整することができ、動画を観るときやBluetoothキーボードで繋げてブログを書いたり、書類を作成するのに最適です。

Apple Pencilを持っている人にとっては嬉しいゴムバンドもついています。

そのほか、ケースの表には収納ポケットがあって簡単なメモや画面クロスを入れておけます。

機能性に優れていて文句のつけどころがない、iPad Proユーザーにおすすめの商品です。

 

時として身軽さは正義でない場合もある

種類にもよりますけど、ケースを付けることによって、重くなるし見た目のデザインも損なわれてしまうのは紛れもない事実です。

でもね。

身軽さがいいと思っても本体が傷ついてしまえば、そんな気持ちも180度コロッと変わりますから。

ケースなしのほうがいいと言ってられませんよ。真面目な話。

このことは、過去の記事「MacBook12インチを傷から守るためのおすすめ保護シール!今回は傷を隠すために購入!」でちらっと紹介しているように、12インチMacBookの本体下部に傷がついてしまったゆえに立ち直れないくらいのショックを受け、すごく、すごく、痛感しました。

今でも苦い思い出として残っている出来事で、二度とこのような想いや過ちを犯さないためにも、守るべきものはすぐに守る、これが経験上得た教訓でもあります。

 

まとめ

最近は10.5インチiPad Pro1台で仕事を行うなど、外へ持ち出す機会も多くなりました。

確かに、保護ケースもなにもつけていない状態のほうが断然身軽ではありますが、本体や画面に傷がついてしまっては持ち主自体の身や心がズタズタになってしまい収拾がつかなくなってしまいます。

それに売却したいと思ったときに、値が通常よりも下がってしまうことにも繋がってきます。

私は裸派だから大丈夫と思っている人にこそ、手遅れになる前に液晶保護フィルムと保護ケースは購入するべし。

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK