恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』真実の愛を求める壮絶な恋愛模様が面白すぎて困る!

SPONSORED LINK

どうも、バンコです。

Amazonプライムにて、なにやらクソ面白そうな恋愛リアリティ番組が配信されています。

その名も、『バチェラー・ジャパン』。

やや流行に乗り遅れた感はありますけど。

まあ、そんなことは気にせず紹介していきたいと思います。

アメリカから日本へ!人気リアリティ番組の仲間入りを果たしそうな予感がしてならない!

日本と比べアメリカでは、恋愛リアリティ番組がずいぶんと盛んに放送されているようですが、今まで観たなかで『”ex-エックス” オン・ザ・ビーチ ~戦慄のバカンス~』は、すごく面白くて一時期ハマっていました。

8人の美男美女が豪邸で夢のような生活を送りながら恋人探しに燃えるリアリティ番組で、時間差で元カレ・元カノが投入され、そこから人間関係に変化が起きる過程がごく自然で刺激的でした。

やらせとかではなくて、無理にやらされていない感がもう最高。リアリティゆえに、人間の本性が垣間見れる番組です。

日本では恋愛をテーマにしたリアリティ番組といえば、『あいのり』や『テラスハウス』あたが有名と思います。

一時期、テレビで放送されていたときの人気はヤバかったです。社会現象にまでなりましたからね。

そんな人気リアリティ番組の仲間入りを果たしそうなのが、今回紹介する『バチェラー・ジャパン』になります。

で、で、で、『バチェラー・ジャパン』ってどんな番組なの!?

あいのり』や『テラスハウス』とは番組のテイストがちょっと違ってて、男女が恋人を探すところまでは一緒なのですが、参加する男性が1人に対して女性が25人と、男性目線からすると夢のハーレム状態の番組です。

こんなシチュエーション、日本では人類初、類を見ない恋愛リアリティ番組といっても過言ではありません。

華やかなドレスを身に纏った女性らとゴージャスな建物で、幾度となくパーティーをして過ごすなど、男性の立場からするとその光景はまさに羨ましさの極みです。

一方で羨ましさからかけ離れたところで、女同士の嫉妬・裏切り・駆け引きなど、なかなかお目にかかれないバトルシーンも満載です。

25人もの女性が1人の男性を奪い合う残酷な恋愛模様が映し出される場面もあるため、女性の方は感情移入して心が痛む場面があるかもしれません。

番組の最後には「ローズセレモニー」といって、バラを手渡された女性は次のステージへ進めることができます。

手渡されなかった女性はというと、その場でお別れすることになります。

回を追うごとに女性の数は減っていき、最終的には1人の女性が残るといった流れです。

参加している男性が超イケメン!しかも高学歴で経歴も文句なし!

今回『バチェラー・ジャパン』の主役に選ばれた男性の名は、久保 裕丈(くぼ ひろたけ)といいます。

イケンメンですし、笑顔がいちいち素敵です。

見てて絵になるような人物です。

さらに注目するべき点は、見た目のカッコよさだけでなく学歴や経歴の部分も優秀すぎて、もはや劣等感しか抱きません。

最終学歴は、東京大学大学院新領域創成科学研究科になります。

この時点で次元の違いを叩きつけられた気持ちになります。

続いて経歴について、大学院を卒業後2007年に外資系コンサルティング会社A.T.カーニーへ入社。

5年後、ミューズコー株式会社を設立。またさらに5年後、設立したミューズコー株式会社をミクシィへ売却。

彼がよほどの消費家でない限り、現在、金持ちということです。

番組へ出演する間は充電期間中らしく、その後は新規事業に向けてなにか考えているみたいです

番組の主役を務める立場に位置するわけですから、華のないやつが出演できるわけがない、ですよね。

参加している25人の女性が美しすぎて可愛すぎてみんな素敵すぎる!

美しくて可愛らしくて素敵な25人もの女性と一緒に生活をするのって、どんな感じなんでしょうか。

もう、羨ましいという言葉以外見つかりません。

このような美女が一同に集まる機会なんて、ほんと稀ですし貴重なことだと思います。夜の世界ならありえることなのかもしれませんが。

だからこそ、参加する彼女らがどんな行動をとって男性のハートを射止めるのか、見てみたい欲求にすごく駆られてしまいます。

番組に参加している女性の方々は、なにかしら何かをもっている人物になります。

ある人はモデル、ある人はDJ/タレント、ある人は着付け師、ある人はフードコーディネーター、ある人はカリスマ動画クイーンといった感じに。

ただの素人女性ではありません。

このほかにもまだまだたくさんの女性参加がいますが、すべてあげるときりがありませんので、詳しくは本編で確認されてください。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK